日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > ジャニーズ  > 性加害報道を「報じてくれるな」

ジャニー喜多川氏の性加害報道、テレビ関係者は「NHKよ報じてくれるな」

ジャニー喜多川氏の性加害報道、テレビ関係者は「NHKよ報じてくれるな」の大合唱の画像1
NHK(Getty Images)

 ジャニーズ事務所の創業者、故ジャニー喜多川氏による所属タレントへの性加害が、英国の公共放送BBCの番組で明るみになった件。英国での放送から1カ月近くが経過しようとしているが、日本のマスコミは一部の週刊誌以外“黙殺”するという暴挙に出ている。

 日本のメディアの無関心に業を煮やし、番組レポーターのモビーン・アザー氏とディレクターのメグミ・インマン氏が、日本外国特派員協会が行った会見で取材に応じる始末。取材先にはテレビカメラも数台現れたが、NHKを含め報道が行われた形跡はない状況だ。

「今回は、元ジャニーズJr.の3人が顔出しまでして証言している。ただ、テレビや新聞は『ジャニーさんが亡くなっているので、裏取りできない』ということを理由にして、放送や掲載を見送っています。それはもちろん建前で、実際はジャニーズ事務所への“忖度”がある。NHKをはじめ各局の報道部では、このニュースを闇に葬り去ることに疑問を呈する声もありますが、企画は通らない現状です」(民放関係者)

 特に民放テレビにとっては、今回のニュースを取り上げづらい事情があるという。

「番組だけでなく、CMにも多くのジャニーズタレントが出演しています。今回の性加害を報じてしまうと、タレントのイメージ悪化にもつながりかねず、スポンサーにとってもマイナスとなる。各局では、社長も含めた上層部が今回の騒動をどう処理するか会議を重ねる緊急事態が続いています」(同上)

 そんな中で、国営放送として動向を注目されているのがNHKだ。

「Twitterを中心に、なぜNHKはこの問題をしっかりと報じないのかバッシングが起きている。中には、便乗して受信料を支払わないと宣言するようなつぶやきもあります。この性加害問題の報道を続けてきた『週刊文春』を始め、一部週刊誌やネットメディアがNHKの姿勢を批判している。NHKも“知らん顔”はできない状況に追い込まれています」(スポーツ紙記者)

 BBCも声明文で、日本のエンターテイメント業界において大きな問題があると指摘。2000年頃に週刊文春が今回の性加害を報じ、名誉毀損訴訟において裁判で東京高裁が「重要な部分において真実である」と認めていることも問題視されている。

 一方、テレビ関係者は、ため息交じりに今回の騒動を「早く終わってほしい」と話しているようだ。

「文春の訴訟のときも、各局が示し合わせて大きく裁判を報じないことで確認は取れている。今回、もしも性被害を報じたら、過去にスルーしたことも説明しなければいけないのは間違いない。そうなれば、ジャニーズとの癒着も再度問題視されますし、さらに大問題に発展する。BBCの報道から約1カ月が経ちましたが、正直、早く視聴者がこの話題を忘れてくれることを多くのテレビマンが祈っているところなんです」

 しかし、そんな芸能界の通例を無視して、NHKが重い腰をあげるのではないかと噂が出始めている。

「文春報道のときと違い、BBCが放送し世界的な関心事になってしまったのは痛いところ。NHKとしても、社会問題として取り上げなければいけなくなっている。現在ジャニーズ事務所は藤島ジュリー景子氏が経営をしていますし、NHKでは落としどころを作って報じるべきだという声も出ています。というのも、このままでは年末の紅白でジャニーズグループを出場させるときに問題を蒸し返されることも予想される。検証番組も含め、局内のエースを集めて報道の検討が行われているようです。ただ、もしNHKが報じれば、民放テレビも取り扱わないわけにはいかなくなり、大混乱が起こる。民放関係者からは『NHK、取り上げないでくれ!』という悲痛な叫びも聞こえてきます」(民放関係者)

 民放テレビとしては、NHKに報道をしないでほしいというのが本音のようだが……ジャニーズ事務所でも、今回の騒動をどうにか収めないといけない事情がでてきた。

「世界デビューを大々的に謳ったTravis Japanの売り方にかなり影響を及ぼしそうです。今回の報道は、日本よりも性被害に厳しい目を向ける欧米で関心が高い。Travis Japanの売り出しには、アメリカのキャピトル・レコードやユニバーサルも関与しているだけに、問題をクリアにしておく必要がある。現状では、Travis Japanは国内での活動をメインにしておいて、性被害騒動を収めてから再度、世界展開を加速させることになりそうです」(スポーツ紙記者)

 このまま沈黙を続ければ、テレビもジャニーズ事務所も追い込まれていくだけ。今後の展開が気になるところだ。

小林真一(フリーライター)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2023/03/28 13:00

ジャニー喜多川氏の性加害報道、テレビ関係者は「NHKよ報じてくれるな」のページです。日刊サイゾーエンタメ最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

春ドラマ開始! 今クール一番人気は?

2023年も4月に入り、新ドラマが続々とスタートを切っている。あの作品の評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

おっさんをビンビンに感じる全曲レビュー

 この場を借りてがどの場なのかと言われるとそ...…
写真
UPCOMING

石山蓮華、推しとつながり続けるために

 俳優、文筆家であり、電線愛好家としても知られる石山蓮華さん。この4月からは、10年以上続いたTBSラジオ『たまむすび』の後継番組『こねくと』...…
写真