日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 中村倫也CM降板

中村倫也、ガッキーに「フラレて」しまった? CMひっそり降板に

中村倫也、ガッキーに「フラレて」しまった? CMひっそり降板にの画像1
中村倫也 Top Coat 公式サイトより

 日本テレビの看板アナウンサー・水卜麻美との結婚を発表した俳優の中村倫也。以前から、ドラマや映画で引っ張りだこだが、実は今、ある場面で苦境に立たされている。

 アサヒ飲料の「十六茶」が、このほど新CMの放送を開始した。メインにはCMキャラクターを務めて今年で15年目となる新垣結衣が引き続き起用されたことに加え、十六茶の初代CMキャラクターである女優、小林聡美との初共演が実現。新垣と小林が味わい深い掛け合いを見せているが、ここに2021~2022年にCMキャラクターをつとめていた中村の姿がないのだ。

 十六茶のCMは2021年に、これまで新垣が単独で歌い踊るポップなCMとは一線を画した大リニューアルを敢行。中村との、淡い恋愛模様を予感させるドラマ調の作品へと変貌を遂げ、話題となった。

「音楽には、久石譲を起用。有名映画監督を演出に引っ張り出すなど、当時の社長肝入りのリニューアルだったが、放送開始が2021年3月、新垣の結婚発表が同年の5月とタイミングが悪かった。自然豊かなロケ地で、演技力が高いふたりの共演ということで広告業界内での注目度は高かったが、新垣の結婚のニュースばかりが取り上げられ、となると恋愛をテーマにしたCMには視聴者がピンと来ず、反応も薄かった」(広告代理店関係者)

 当のCMの内容としては当初、田舎暮らしを始めた新垣と、現地で暮らしていた中村との「ふとした出会い」が描かれていたが、その後、関係性が発展することはなく「自然消滅」。あえなく、中村(と、ついでに久石譲も)は契約終了の憂き目となり、今に至る。

「そもそも新垣結衣のCMでは、相手役の俳優を必要としない傾向にある。現在、契約中の任天堂、コーセー、明治といずれも男性俳優との共演がない。星野源との結婚の影響もありますが、三十代になってもかわらず“ピュア”なイメージをまとっているためともいえるのでしょう」(CMディレクター)

 あえなく、新垣に「フラレて」しまった中村だが、他社のCMでも契約の継続が怪しい企業が。

「ダイワハウスのCMは、女優の上野樹里の夫という役どころで共演中。今よりも無名の頃から出演しているため、ネット上では当初『このかっこいい人誰?』と評判になることもありました。それが今や中村も知名度がアップ。上野は夫がミュージシャン、中村も前述の通り配偶者が著名人ということもあり、CMとはいえ、夫婦役をするにしては色がつきすぎている。今回の結婚発表を期に、現在のコンビは解消になる可能性も出てくるでしょう」(前出・広告代理店関係者)

 そんな中村の現在の出演CMについてネット上のデータベースを調べてみると、アサヒスーパードライ、Cygames、アフラック生命保険と、一流企業のCMキャラクターをつとめている様子。これらは今後、どうなるだろうか。

「それらの企業との契約はすでに終了済み。現在はお菓子メーカーのブルボンとダイワハウスの2社のみです。知名度や人気と比べると多いほうとは言えないでしょう。とはいえ、好感度抜群の水卜アナとの結婚により、今後しばらくはご祝儀的に仕事は増えそうです。CM起用としては、高橋一生、柳楽優弥などの俳優らの中から突き抜けたインパクトがただちに欲しいところです」 (前出・CMディレクター)

 広告代理店が虎視眈々と狙うのは、水卜アナとの電撃共演? さて、中村はこの逆境を乗り越えられるか。

 

 

加藤マサキヨ(CMディレクター)

1988年生まれ。広告、IT業界に精通。週末はアイドル鑑賞で目を労り、サウナで汗を流す。

かとうまさきよ

最終更新:2023/03/29 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed