日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 懸念材料は山ちゃんの距離感

日テレ朝の新情報番組『DayDay.』懸念材料は山里亮太のビミョーな距離感

日テレ朝の新情報番組『DayDay.』懸念材料は山里亮太のビミョーな距離感の画像1
番組公式Twitterより

 17年続いた『スッキリ』の後番組として、4月3日にスタートする日本テレビ系朝の情報番組『DayDay.』。しかし、放送前からその内容に関する不安材料が囁かれている。

 南海キャンディーズの山里亮太、元NHKの武田真一アナ、日本テレビの黒田あゆみアナの3人がMCを担当する同番組。このほかに、月曜日から金曜日まで、各曜日レギュラーが出演する。

「『スッキリ』のテイストを引き継ぐワイドショーではありますが、シソンヌ・長谷川忍さん、ヒロミさん、アンジャッシュ・児嶋一哉さん、サバンナ・高橋茂雄さんなど、芸人さんが各曜日のレギュラーを務めていて、かなりバラエティ色が強い内容になるようです。芸人である山里さんがMCを担当する以上、それが求められるのは仕方ないですし、裏番組である『ラヴィット!』が完全なバラエティ番組として業界内評価が高いことも、多少なりとも影響しているのでしょう。『ラヴィット!』ほどバラエティに振り切った内容になるとは思えませんが、『ラヴィット!』と比較されることを想定して、『スッキリ』よりも笑いの要素が多い構成にしてくるとは思います」(制作会社スタッフ)

 『ラヴィット!』だけでなく、フジテレビのお昼の帯番組『ぽかぽか』も、バラエティ路線で意外や好評。『DayDay.』もこれらの番組に追随することとなるのか。

「注目すべきは吉本勢の動向です。『ラヴィット!』は吉本所属の麒麟・川島明さんがメインMCということで、各曜日のレギュラーとして吉本の若手芸人が多数出演していますが、『ぽかぽか』はナベプロのハライチがMCということもあってか、吉本が食い込めていない。

 一方『DayDay.』は山里さんが吉本所属なので、吉本芸人がどんどん出てくることになるはず。曜日レギュラーだけでなく、吉本の若手芸人によるロケコーナーなんてものもありそうだし、『ラヴィット!』にハマっていない吉本芸人にとっては、『DayDay.』は大チャンスなるでしょう。爪痕を残そうと張り切る若手の存在によって、よりいっそうバラエティ色が強くなる可能性もあります」(同)

 しかし、バラエティ色が強くなったならば、そこでネックになるのが、元NHKの武田真一アナの存在だ。

 NHKでは『NHKニュース7』の平日メインキャスターを担当するなど、基本的に報道畑であった武田アナ。バラエティ番組の経験は乏しい。

「『DayDay.』の事前番組や宣伝動画などでは、山里さんと楽しそうに話していて、いわゆる“カタブツ”ではなさそう。ただ、百戦錬磨の芸人やタレントたちと生放送で絡むのは初体験のようなもの。ほかの出演者たちのノリやスピード感について行けず、武田アナが取り残されるのではという心配もあります。また、山里さんとしても、できることならば自分が1人でメインMCを張りたかったという思いもあるようで、武田アナとの関係性を不安視する声もあるようです。まあ、山里さんならピリピリムードになるようなことはないでしょうが……」(同)

 山里と武田アナの妙な距離感もまた、『DayDay.』の見どころとなりそうだ。

手山足実(ジャーナリスト)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2023/04/03 07:00

日テレ朝の新情報番組『DayDay.』懸念材料は山里亮太のビミョーな距離感のページです。日刊サイゾーエンタメ最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

春ドラマ開始! 今クール一番人気は?

2023年も4月に入り、新ドラマが続々とスタートを切っている。あの作品の評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

『らんまん』主人公を支える竹雄が心配

 朝早くから慣れない手つきで洗濯しては長屋の...…
写真
UPCOMING

石山蓮華、推しとつながり続けるために

 俳優、文筆家であり、電線愛好家としても知られる石山蓮華さん。この4月からは、10年以上続いたTBSラジオ『たまむすび』の後継番組『こねくと』...…
写真