日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > ジャニーズ  > キンプリの優先順位の低さ露呈

キンプリの「優先順位」低さ露呈? 元ジャニーズJr.「社長対面実現」報告でファンの不満が爆発

キンプリの「優先順位」低さ露呈? 元ジャニーズJr.「社長対面実現」報告でファンの不満が爆発の画像
King & Prince

 King & Princeから平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太の3人が脱退する日まで残り2週間を切った。広告塔を務める本田技研工業の「Hondaハート」は、5人体制残り1カ月ほどという4月というタイミングで新CMを投入し、ファンを喜ばせたが、SNSでは「Hondaとの契約が終了したらしい」とのウワサが広がり、「Hondaハート」プロジェクトへの感謝の声を綴るファンまで出てきている。

 こうした中、一部ティアラ(King & Princeファン)には納得のいかないニュースがあったようで……。

「ジャニーズ事務所創業者の故ジャニー喜多川前社長による所属タレントへの性加害疑惑の問題で、4月12日に日本外国特派員協会で顔出し・実名で告発した元ジャニーズJr.のカウアン・オカモトが5月5日、お笑いジャーナリスト・たかまつななのYouTubeライブに出演。『先日、ジャニーズ事務所の今の社長・ジュリーさんと会わせていただいて、対面させていただいて、お話させていただきました』と、藤島ジュリー景子社長との対面が実現したことを報告し、世間を驚かせました。具体的にどんな話をしたのかは『事務所のほうからも発表されると思うんで、多くは言えない』と言及を避けましたが、性加害疑惑に関して何か進展がありそうだと注目を集めています。

 またカウアンは、被害者の数について会見で『売れている子たちは、ほぼ確実と言っても過言じゃない』などと豪語していましたが、今回の動画では『まったく(性被害に)遭わずデビューした人もいるので……』『(タレントを)傷つけてしまって申し訳ない』と一気にトーンダウン。初対面だったというジュリー社長について『すごく愛のある方』『心から向き合っていただいた』と評しており、態度が急変したように見受けられたため、ネット上では『丸め込まれたのではないか』『金を積まれたのか』といった憶測も飛び交っています」(芸能記者)

 しかし、なぜこの話題にティアラは憤慨するのか。

「そもそもKing & Princeの分裂劇の発端は、ジュリー社長にあると目されているからです。『週刊文春』(文藝春秋社)の報道によれば、ジャニー氏と約束していた海外進出の夢に本格的に動きたいと、平野は2022年の初め頃からジュリー社長に直談判を申し込むも、何度もドタキャンされた挙げ句、『なんで1人で来るの? 仕事の話なら5人で来なさい』などと言われたそう。それで5人で改めて面談を申し込んだものの、やはりドタキャンが繰り返されたと言い、9月になってようやく実現。しかしメンバーの話をまともに聞こうとはしなかったとか。このジュリー社長による“徹底無視”によって平野らの心は折れたと考えられます。

 そのため、ネット上では『ジュリー社長ってキンプリがいくら面談申し込んでも会ってくれなかったのに、カウアンには自分からアポ取って会うんだね。へぇー』『めちゃめちゃ事務所に貢献してる人たち大事にしないのに、紫耀くんの話は聞かないくせに、カウアンの話は聞くんだ』といった声が上がり、ファンの不満が改めて爆発しているわけです。今回のカウアンとのスピード対面実現は、ジュリー社長の中でキンプリの優先順位が低かったことを裏付けるエピソードになってしまいました」(女性誌記者)

 加えてカウアンといえば、過去にガーシー氏(東谷義和氏)との暴露配信で「僕と平野」が同時に被害に遭ったこともあるなどと平野の実名を挙げながら生々しい被害実態を語ったことがあったほか、先日もSNSで「平野はクソヤンキーで、人に正座させて顔面を蹴ってたのを、俺まず初日に聞かされてた」などと話していた。

「自分への注目度を上げるために平野ら有名なジャニーズタレントの名前を意図的に出していたとの見方があり、それなのにジュリー社長との対面が実現した後は、『まったく(性被害に)遭わずデビューした人もいる』『傷つけてしまって申し訳ない』と急にしおらしくなった。おそらくジュリー社長が現在活動中のタレントを守るために言わせているとみられますが、こうなるとこれまでカウアンに実名を出されてきたタレントたちは、完全な流れ弾。特に平野に対しては貶すような発言もあったため、これでジュリー社長の意向になびくようになったならばカウアンへの反発もさらに拡大しそうです」(同)

 「文春」はともかく、ガーシー氏、三崎優太氏、立花孝志氏やたかまつななといったカウアンの「コラボ相手」の選び方について、「真摯な告発ならもっと話す相手を選ぶべきでは」といった疑問の声も出ている。いずれにせよジャニーズ事務所をめぐる波乱はまだまだ続きそうだ。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2023/05/09 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

盛り上がる夏ドラマ! 今クール一番人気は?

夏ドラマの評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

ジャニーズ離れ、極めつけはNHKの掌返し

 ジャニーズ事務所が、創業者である故・ジャニ...…
写真
UPCOMING

aimiが語る、日本のR&Bシーンへの想い

 「R&Bシンガー」を名乗って2020年から活動しているaimi。1万4000人が参加した国内大規模のオーディションで準グランプリに輝き、...…
写真