日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 京本大我の退所の可能性は

元キンプリの「TOBE合流」報道で気になるSixTONESの逸材・京本大我の動向

元キンプリの「TOBE合流」報道で気になるSixTONESの逸材・京本大我の動向の画像
SixTONES・京本大我

 ジャニーズファンにとって気になる情報が飛び込んできた。元King & Princeの平野紫耀と神宮寺勇太が、元ジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明氏が今年3月に立ち上げたTOBEとエージェント契約を結ぶ予定と6月20日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じたのだ。

 5月22日をもってKing & Princeから脱退、ジャニーズ事務所から退所した平野と神宮寺の動向についてはさまざまなメディアが“予想”を報じていたなか、「週刊女性」の報道は具体性のある情報ということで注目が集まっている。

「記事によれば、平野と神宮寺は互いの家族も交えて5月からたびたびTOBE側と話し合いを持ち、6月上旬にエージェント契約を結ぶことで話がまとまったそう。平野が個人事務所を立ち上げ、神宮寺はそこに入る形でTOBEと提携するスタイルとなるようで、7月には正式に発表予定とのこと。ほかにも、TOBEにはNHKのドキュメンタリー番組のカメラが密着中であることや、TOBEからは大手レコード会社から2組がデビュー予定としています」(芸能記者)

 ジャニーズ時代から滝沢氏との関係性が強かった元V6の三宅健、Kis-My-Ft2の北山宏光、元ジャニーズJr.のIMPACTorsの7人もTOBEへの合流が噂されているが、「週刊女性」は三宅とIMPACTorsが合流予定であるとも触れている。三宅とIMPACTorsは今年5月に退所しており、北山は8月いっぱいで退所予定だ。

「TOBEには、ジャニーズ時代に滝沢氏を支えたスタッフや振付師なども集まっているという話で、まさに“新生ジャニーズ”といったところ。ジャニーズJr.も続々と退所し、人気メンバーの退所予定の噂も聞こえてきますが、TOBEのオーディションに応募している者も少なくないとか。また、デビュー組でも、滝沢氏が昨年10月の“世界デビュー”を取り付けたとされるTravis Japanを始め、TOBEに移籍するのではとの見方も出てきていますが、平野と神宮寺のTOBEとの契約が正式に発表されれば、インパクトは相当でかい。社長がいまだに表に出て会見をすることから逃げ回っているジャニーズ事務所に未来がないと内心思っている者も少なくなく、所属タレントだけでなくマネージャーやスタッフなども一気に流出、移籍する可能性も出てきました」(同)

 なかでも注目されているのが、昨年からメンバーの脱退・退所説の噂が浮上しているSixTONESだという。最新の10thシングル『こっから』は、昨年8月発売の5thシングル『マスカラ』以来の売り上げを記録し、今年4月にはドームツアーを成功させるなどノリに乗っているだけに信じがたいが……。

「SixTONESはSnow Man同様に滝沢氏に可愛がられたグループで、即ミリオンを達成させた禁断の同時デビューを実現させたのも滝沢氏の手腕ですし、SixTONESのデビュー曲をYOSHIKIさんに書き下ろしてもらったのも、滝沢氏が直に熱いプレゼンをしてYOSHIKIさんの心を動かしたから。そしてSixTONESはキンプリのメンバーとジャニーズJr.時代から仲が良く、そのため滝沢氏、キンプリと続けてジャニーズから離れていった影響で、SixTONESも危ぶまれているというわけです」(アイドル誌記者)

 また、SixTONESメンバーの過去の発言も再注目されている。

「今の6人が集められたのが2012年で、デビュー決定が発表されたのが2019年夏。CDデビューまではおよそ8年かかったこともあり、ジャニーズJr.時代は何度も退所を考えたという話は有名です。4月の初のドーム公演でも、『ほぼみんなが辞める気でいた』とMCで振り返っていたぐらいです。そんな彼らのデビューを後押ししてくれたのが滝沢氏なだけに、平野と神宮寺がTOBE入りを果たしたら、心が動くのでは……とも考えられています。また、TOBEからデビューするグループの『大手レコード会社』が、SixTONESと同じ系列との話も聞こえてきますからね」(同)

 そしてSixTONESの中でも、京本大我の動向が注目されている。京本といえば、父親は言わずと知れた名優・京本政樹で、入所のきっかけもジャニーズ創業者の故ジャニー喜多川氏の目に留まり、ジャニー氏が直接、京本政樹に連絡してスカウトしたとされている。

「歌唱力の高さを生かして舞台の出演が多かった京本ですが、ここのところ映像での俳優仕事も増え、先日は福山雅治主演のTBS日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』の第8話にゲスト出演。犯人役でしたが、凶行に走った背景には同情できる部分があり、SNS社会への怒りを叫ぶ演技は視聴者だけでなく、共演した福山や、脚本の黒山勉氏も絶賛したほど。歌だけでなく、演技での活躍も期待されているところです」(前出・芸能ライター)

 その京本もジャニーズJr.時代に退所を申し出た過去があるというが、京本の場合、近しい仲間の退所も目立つという。

「ジャニーズ時代はTravis JapanとLove-tuneというユニットを掛け持ちし、退所後に同じ元Love-tuneメンバーで結成した7ORDERとして活動していたものの先日突然の脱退を発表した森田美勇人や、2017年に退所するまでTravis Japanのメンバーだった仲田拡輝(現・百名ヒロキ)、舞台『Endless SHOCK』などに出演した元ジャニーズJr.の岸孝良らは“京本会”のメンバーでしたし、特に京本、仲田、岸の3人は一緒に活動していた時期もありました。

 先月退所したIMPACTorsの基俊介も“京本会”の一員でした。そしてキンプリの神宮寺と岸優太も“京本会”の一員と目されるほど仲がいいため、神宮寺やIMPACTorsがTOBEに行くとなり、あちらの待遇を聞いたりすれば、思うところもあるかもしれません。ちなみに京本と神宮寺は、ともに元NEWSの手越祐也から歌唱指導を受けていたという共通項もあります」(前出・アイドル誌記者)

 SixTONES結成の際には「この6人でやりたい」とジャニー氏に直談判したというエピソードもあるなど、「6人の絆」は固いように思われるが……。

「とはいえ、あれだけメンバー仲がいいとされたキンプリも、3人が脱退・退所することになりましたからね。キンプリもジャニー氏に直談判してデビューが決まったという逸話があり、重なって見える部分もあります。もっとも、父の京本政樹はジャニーズ事務所とは長年良好な関係を築いている。事務所は新体制になっていますが、それでも今の幹部たちは何かあるたびに、政樹さんを頼りにしていて、何かにつけて相談しているといい、仮に京本が退所を考えても、幹部やメンバーだけでなく、父親にも引き留められるかもしれません。ただ逆に、生粋の“ジャニー派”の京本父子が現社長に不満を持っている可能性も否定できませんが」(芸能関係者)

 出るにせよ、残るにせよ、これからますます開花しそうな“役者・京本大我”の才能が埋もれないことを祈るばかりだ。

与良天悟(芸能ライター)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

よらてんご

最終更新:2023/06/23 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真