日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 『らんまん』人間の多面性を描く第14週
朝ドラWATCHコラム『らんまん』第14週

『らんまん』田邊教授の多面性と、万太郎の「わがまま」(第14週)

『らんまん』田邊教授の多面性と、万太郎の「わがまま」(第14週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 東京大学の学生からは恐れられる人。でも万太郎(神木隆之介)から見たら、東大の植物学教室に自由に出入りすることを許してくれた恩人。見る角度が違うと、まるで別の印象になってしまう田邊教授(要潤)。万太郎が見つけたマルバマンネングサが新種だとロシアの権威に認められてからは、また違う顔を見せてきましたね。

 万太郎が高知から持ち帰った草がまたもや新種かもしれないと聞き、みんなに見せるのを制して、結婚祝いで家に招待するから自分に一番に見せろという、あやしい振る舞い。学会誌をめぐってすっかり万太郎の味方になった徳永助教授(田中哲司)たちも「これはあやしい、でも教授にはさからえない」という心配顔。恐ろしくてあやしくて、でも恩人。こんな難しい人のおうちで食事なんて、おまけにあの高藤(伊礼彼方)の名前まで出されて、私なら、どんなご馳走でもとても喉を通らないよー……と思ったのにしっかり食べきる寿恵子(浜辺美波)、さすがです。

 そんな食事の席で、おどおどと給仕をしていた田邊教授の妻の聡子(中田青渚)。田邊の後妻となるために学校を中退させられ、女中にはキツくあたられ、継子たちは懐かず、結婚相手が田邊とかほんとかわいそう……と思ったら、寿恵子に打ち明けられるふっかふか枕エピソード。なんだ、聡子ちゃんと田邊教授、ラブラブじゃん! 大きな枕をかかえて街を歩く教授、枕だけ人力車に乗せちゃう教授、ふっかふか枕を妻にも使わせて、髪が乱れてもかまわないと言う教授。そりゃあ寿恵子と一緒に私も「ぬおー!」と萌え転がりますよ。まさかここで新しい田邊教授の顔、「かわいい」がプラスされるとは。なんなの田邊教授。かと思えば、シーボルトの愛弟子の孫・伊藤孝光(落合モトキ)からは、戸隠草が新種と認められるかをめぐって「泥棒教授」呼ばわり。人間というのは本当に多面体ですね。

 そんな田邊教授が万太郎に突きつける、「私のものになりなさい」。学歴がないために、新種の植物を見つけても発表できない万太郎を、自分のプラントハンターとして雇うと。結局は自分のために万太郎を利用するのかー、タイムスクープハンターがプラントハンターを雇うのかー、などとつっこむ余裕がないくらい、やっぱりこの人はこわい。でも、万太郎が今まで竹雄(志尊淳)にやらせてきたこと・これから寿恵子にやらせるだろうことも、プラントハンターとあまり変わらないのでは。これまで万太郎が思う存分草花の研究に打ち込めていたのは、竹雄の献身的な助けがあったからだけれど、彼の研究結果には竹雄の名前は残らない。そういうことがすっぽり頭から抜けちゃってるの、さすがの万太郎。

 寿恵子も、ちゃんと怒らないと……でも彼女は、大丈夫そうですね。「わがまま」「ちゃんと布団で寝ろ」と、竹雄からの申し送りを元に、万太郎にガンガン言えるのは彼女だけ。教授の申し出を断り、岩に穴を開けながら進むしかないと落ち込んでいる万太郎を「ツルハシが要りますね!」「岩に見えても、かるやきかもしれませんよ!」と励ましながら一緒に冒険してくれるのは、寿恵子ちゃんしかいない。万太郎はもっと彼女に感謝しないと。

 しかし教授宅からの帰り道、「一刻も早う帰りたい」「私も」とラブラブしてたのに、万太郎は「早く帰って研究したい」で、寿恵子ちゃんは「早く帰って枕並べてうふふ」。この違いは大きすぎる。さすがにこういう結婚生活の機微については、竹雄からの申し送りはなかったかー。万太郎、花よりも美しく可愛い妻がすぐそこにいるのに「まつ毛が長いのう。産毛が朝日に透けちゅう」と植物を愛でるように観察している場合じゃないぞ。ちゃんと新婚生活を楽しんで、お布団で寝て、体を大切にしてふたりで長生きを。今週から新しくなったオープニングのように、いつまでも「寿恵ちゃん」「万ちゃん」と呼び合い、並んで冒険してください。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『らんまん
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:神木隆之介、浜辺美波、志尊淳、佐久間由衣、笠松将、中村里帆、島崎和歌子、寺脇康文、広末涼子、松坂慶子、牧瀬里穂、宮澤エマ、池内万作、大東駿介、成海璃子、池田鉄洋、安藤玉恵、山谷花純、中村蒼、田辺誠一、いとうせいこうほか
作:長田育恵
音楽:阿部海太郎
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮﨑あおい
制作統括:松川博敬
演出:渡邊良雄、津田温子、深川貴志ほか
プロデューサー:板垣麻衣子、浅沼利信、藤原敬久
植物監修:田中伸幸
制作:NHK
公式サイト:nhk.jp/ranman

渡辺裕子(イラストレーター/コラムニスト)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

わたなべひろこ

最終更新:2023/07/10 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真