日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『トリリオンゲーム』TVer人気も失速
TVerドラマ人気ランキング

『VIVANT』2連覇、『トリリオンゲーム』失速…TVerドラマ人気ランキング

『VIVANT』2連覇、『トリリオンゲーム』失速…TVerドラマ人気ランキングの画像
『VIVANT』ドラマ公式サイトより

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、2023年5月には月間動画再生数が3億5877回と過去最高を更新し、TVer単体の月間アクティブユーザー数(MAU)も2800万の過去最高記録に達するなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVer再生数ランキングの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は7月29日(土)~8月4日(金)までを観測(1日2回、決まった時間にTVer総合ランキングをチェック)した結果をお伝えする。

『VIVANT』優位揺らがず、『真夏のシンデレラ』と『最高の教師』接戦

 今回の結果は以下のとおり。

『VIVANT』2連覇、『トリリオンゲーム』失速…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 やはりと言うべきか、TBS系日曜劇場『VIVANT(ヴィヴァン)』はさすがの強さで今週も余裕の1位。視聴率が初回11.5%→11.9%からの第3話で13.8%と上昇傾向なのも話題だが、TVerお気に入り登録者数も122万人超え(5日0時時点/以下同)で、2位以下との差を広げるばかり(先週は2位の差は11万人ほどだったが、今週は20万以上になっている)。よほどのことがないかぎり、今期トップの座は揺らがないだろう。

 2位争いは引き続き激化しているが、今週もフジテレビ系月9『真夏のシンデレラ』が2位の座をキープ。お気に入り登録者数も『VIVANT』に続く大台に乗り、101.4万人と今期2位ということで強さを見せたが、今週も3位となった日本テレビ系土曜ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』との差は、先週7ポイントだったのが今週6ポイント差をわずかながら縮まっている。お気に入り登録者数もこちらも100万に到達しており、お気に入り登録者数の伸び率でいえば『最高の教師』のほうが大きく上回っており(『最高の教師』が前週比+10万、『真夏のシンデレラ』は前週比+6.4万)、このままの推移でいけばお気に入り登録者数で『真夏のシンデレラ』を抜き去りそうだ。近々、『最高の教師』が2位の座を奪い取る可能性もありそうだ。

『トリリオンゲーム』『18/40』『ばらかもん』失速目立つ

 4位はTBS系金曜ドラマ『トリリオンゲーム』だが、先週は『最高の教師』とわずか1ポイント差で2位争いに加わっていたのに対し、今週は前週比49ポイントダウンと失速し、3位の『最高の教師』に大きく差を付けられることに。TVer再生数ランキング総合の推移を比較してみると、先週はトップ5滞在期間が3日強、トップ10滞在期間は5日あり、最低順位は13位だったのに対し、今週はトップ5滞在期間が2日強に減り、トップ10滞在期間も4日、そして最低順位は21位と落ち込みが目立つ。視聴率も初回均7.4%から第3話で5.2%にまで下がっており、全体的に失速ムードだ。主演・目黒蓮の“ホスト回”もあまり効果はなかったか。ストーリー的にはドラゴンバンクの黒龍一真(國村隼)がいよいよ敵として本格的に立ちはだかることになりそうで、ここから盛り上がっていけるか。

 先週も触れたが、7月22日(土)~7月28日(金)週は『世界水泳』や『全英オープンゴルフ』などの影響でテレビ朝日ドラマが軒なみ放送休止となった。トップ5常連だった中村倫也主演の木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』は27日が放送休止となった影響で、今回の7月29日(土)~8月4日(金)週はほぼポイントが稼げずランク外に。とはいえ3日放送の第4話で早くもTVer再生数ランキング総合1位を取っており、次週はふたたびトップ5入りするだろう。失速している『トリリオンゲーム』を抜いて4位に踊り出る可能性もある。なお、『シッコウ!!~犬と私と執行官~』が15位と先週に続き低順位なのも、『警部補ダイマジン』『around1/4 アラウンドクォーター』が先週ランク外だったのもこの放送休止の影響だ。

 また、失速といえば、福原遥×深田恭子のTBS系火曜ドラマ『18/40~ふたりなら夢も恋も~』も前週比46ポイントダウンで、赤楚衛二主演の日本テレビ系水曜ドラマ『こっち向いてよ向井くん』に逆転されることに。あえての“トレンディ”売りをしている『真夏のシンデレラ』のインパクトの影に隠れがちだが、18歳の女子大生が思わぬ妊娠をしてしまい、子宮内膜症と診断された40歳の女性が出産をするよう強く助言する『18/40』も、ストーリー展開の“トンデモ”具合が指摘されており、(格差問題などはチラつきつつも)気楽なラブストーリーの『真夏のシンデレラ』と違い、未婚の妊婦、大学生の出産というテーマの『18/40』は、ツッコミながら楽しむというのにはやや不向きなのかもしれない。視聴率も第4話で5.9%に落ち込んだ。今週は8位を維持したが、次週『ハヤブサ消防団』がトップ5に戻れば『18/40』の順位が下がるのは確実だ。

 そして失速というところでは杉野遥亮主演のフジテレビ系水曜ドラマ『ばらかもん』も目立つ。なんと前週比71ポイントダウンとなり、今週14位にまでランクダウン。TVer再生数ランキング総合の推移を見ると、先週の時点でトップ10滞在期間は2日強だったが、最低順位は20位だった。ところが今週はトップ10滞在期間は2日とやや短くなり、トップ20滞在期間も3日強しかなく、最低順位はトップ30圏外と大きく失速。視聴率は第4話で5.0%とギリギリ5%台に踏みとどまっているが、TVerではよりはっきりと支持が下がっている印象だ。

 新しくランクインしたところでは、SixTONES・松村北斗×なにわ男子・西畑大吾のテレビ朝日系オシドラサタデー『ノッキンオン・ロックドドア』が7月29日深夜にスタートし、生田斗真×三池崇監督の『警部補ダイマジン』をわずかに上回って今週9位に。『ノキドア』は次週フル集計となるが、この“ジャニーズ主演ドラマ対決”がどうなるかも見守りたい。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(ライター)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

しんじょうゆうせい

最終更新:2023/08/05 11:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真