日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 夏ドラマで評価上げた女優たち

視聴率惨敗の月9森七菜、主婦役の前田敦子…夏ドラマで評価上げた女優たち

視聴率惨敗の月9森七菜、主婦役の前田敦子…夏ドラマで評価上げた女優たちの画像1
『真夏のシンデレラ』番組公式サイト」より

 王道恋愛ドラマから、人気シリーズの続編などさまざまな作品を放送している今年の夏ドラマ。そんな中で、いろいろな意味で話題を集めているのが、フジテレビ系の月9作品『真夏のシンデレラ』だ。

 森七菜と間宮祥太朗がダブル主演を務め、昭和や平成時代のトレンディドラマを思わせるベタな男女の恋愛模様が人気。しかし、視聴率は伸び悩み、月9ドラマのワースト記録を塗り替える勢いで驀進している。そんな中でも、主演の森の演技だけは高評価を受けているという。

 「森は撮影当初、漫画のヒロインのようなキャラ設定にかなり戸惑ったようです。ただ、天性の才能なのかすぐに役をつかみ、魅力タップリに王道ヒロインの蒼井夏海を演じている。ベタなセリフも古臭くダサくならないように、表情を作り込み上手く表現できています。撮影現場でも明るく評判が上々で、共演者ともLINEを交換してドラマさながらに森が現場を盛り上げているとか。撮影現場を見に来ていた、フジテレビの月9を作り出した大多亮・専務も、森の演技を気に入ったようで評価が高い。他局も、今回の『真夏のシンデレラ』の振り切った演技に注目し、森の争奪戦が起きそうな予感もある」(フジテレビ関係者)

 フジテレビの幹部はドラマの低視聴率よりも、森の才能を引き出していることを評価しているという。

 「森は、映画『ラストレター』などで演技力が認められ、大ヒットアニメ『天気の子』でヒロインの天野陽菜を演じた。ドラマにも多く出演して大ブレイク寸前に、所属事務所との移籍問題が浮上し芸能界を干されていました。今回の『真夏のシンデレラ』は連続ドラマとして2作目の主演で、テレビドラマでは本格復帰作になる。視聴率が悪くても、森に復帰作を用意したことで恩を売れますし、今後のドラマ出演に繋げられれば良いとプロデューサー陣は話しているようです」(民放関係者)

 そんな森と同じく夏ドラマで評価をあげているのが、『彼女たちの犯罪』(日本テレビ系)に出演している前田敦子だ。ドラマは、元乃木坂46の深川麻衣が主演を務め、前田は準主役の立ち位置。横関大氏の同名小説が原作のドラマで、前田が演じる神野由香里はハイスペックな夫に使用人の様に扱われる不倫と不妊に悩む主婦だ。

 「不幸の押し売りのようなキャラを、前田は感情豊かに演じられている。主役の深川よりも存在感を見せ、演技力の高さが評価されています。前田はここ最近、民放ドラマだけでなく配信作品への出演も多く、『季節のない街』(Disney+)も注目されている。元アイドルの殻を破り、『ウツボラ』(WOWOWプライム)では大胆で妖艶な演技を見せた。前田を使いたいというドラマプロデューサーも多く、すでに争奪戦が起きている。実は、広末涼子が不倫騒動を起こして芸能界を干されている中で、主婦や母親役ができる人材として重宝されている」(同上)

 今回の夏ドラマで、テレビ関係者から大きな注目を集めている森と前田。この2人は特に、来年以降ドラマ出演本数が飛躍的に多くなるだろうと言われている。その裏には、ドラマの量産体制に入っているテレビの構造改革が関係しているという。

 「10月の秋ドラマから、フジテレビは最大で週8のドラマ枠を設ける方針で、他局も同様に増枠している。CM枠が売りづらく、再利用しにくいバラエティ番組はドンドン姿を消す予定。残るのは、『アメトーーク』(テレビ朝日系)や『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のように、DVD化や見逃し配信で人気が出るものに限られる。その代わりにドラマを作れば、自社の見逃し配信のコンテンツにでき、ヒットすれば劇場版も作れる。TVerなど外部のサービスでも人気が出る可能性もあるし、もっとも希望があるのがドラマだ。ただ、何でも作れば良いわけでなく、枠が増えてもクオリティは求められる。各局で、優秀な脚本家や俳優を取り合っている状況。特に女優は枯渇気味で、森や前田はまだ特定の作品の色も付いていないので人気が高まっている」(民放局編成担当)

 深夜枠のドラマも今後増えていく予定で、局として使い勝手が良い女優を積極的に起用したい方針だという。

 「橋本環奈や広瀬すずなど、超売れっ子は深夜枠NGですしスケジュールも厳しい。そうなると、いまテレビ局が欲しいのは主役も脇役も出来てこちらの要望もしっかり聞いてくれる実力派。森や前田はまさにバッチリで、他にも小池栄子などもドラマの企画会議で必ず名前が上がる。ドラマ枠が増えることで、意外な女優がバブル的な人気を獲得して大ブレイクするかも知れません」(民放関係者)

 現在はテレビや映画だけでなく、各配信サービスでもオリジナルドラマが多数作られている。テレビドラマはどれも似たような作品が多い中で、森や前田のような注目株が変革を起こすことができるのだろうか?

小林真一(フリーライター)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

こばやししんいち

最終更新:2023/08/16 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

盛り上がる夏ドラマ! 今クール一番人気は?

夏ドラマの評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

大手は沈黙、ジャーナリズムなき出版社

今週の注目記事・第1位「ジュリー前社長が“涙...…
写真
UPCOMING

aimiが語る、日本のR&Bシーンへの想い

 「R&Bシンガー」を名乗って2020年から活動しているaimi。1万4000人が参加した国内大規模のオーディションで準グランプリに輝き、...…
写真