日刊サイゾー トップ > エンタメ  > テレビ業界、今年を象徴する大みそかになる予感

Snow Man目黒蓮が「俺らを正解にする」と宣言…大みそかは旧ジャニーズの配信とNHK『紅白』の全面対決か

Snow Man目黒蓮

 大みそかに放送されるNHK『紅白歌合戦』の出場者が13日に発表され、旧ジャニーズ(現SMILE-UP.)所属タレントが44年ぶりに「出場ゼロ」となった。落胆するファンも多い中、Snow Manの目黒蓮が熱いメッセージを発したことが話題になっている。

 例年、旧ジャニーズ勢は5~6組が出場していたが、今年は故ジャニー喜多川氏による性加害問題の影響で一変。NHKは「被害者への補償や再発防止への取り組みが着実に実施されていることを確認されるまで、当面、新規の出演依頼は行わない」という同局の方針に従い、旧ジャニーズタレントの起用を見送った。同局は「全体方針に沿って、新規の出演依頼が問題ないと判断した際にはその時点に適切に判断していく」と追加オファーに含みを持たせたが、時期的に旧ジャニーズ勢が追加出場者として後日発表される可能性は低いとみられる。

 当初、一部報道では「旧ジャニーズから2組出場が内定」などと伝えられ、その最有力となっていたのが抜群の人気とCDセールスを誇るSnow Manだった。しかし、約20年前にNHK局内で性被害を受けたという男性の証言が出てきたこともあって、最終的には起用が立ち消えになったと推察される。それを見越してか、Snow Manは“紅白落選”の発表前である11日、大みそかにYouTubeで生配信「Snow Man Special Live~みんなと楽しむ大晦日!~」を開催すると発表。「たくさんのファンのみんなと一緒に、大みそかの夜を過ごしたい」というメンバーの想いから企画されたとし、誰でも無料で視聴可能(配信会場は無観客)だという。

 スペシャルライブの配信が発表された当日、目黒はInstagramのストーリーズで「9人とみんなで最高の大晦日にしようね!」「絶対後悔させないよ 俺らを正解にする」とファンに向けてメッセージを発信。これを受けて、ファンの間で「俺らを正解にする」という言葉が話題になった。

 現在のところ、Snow Manのスペシャルライブの配信時間は不明だが、「大みそかの夜」と宣言していることから、当日夜7時20分から放送される『紅白』と時間がかぶる可能性が高い。となると、目黒の言葉は「大みそかに『紅白』ではなく、Snow Manのスペシャルライブ配信を観ることを正解にする」という意味にもとれる。『紅白』への対抗心むき出しで、取りようによってはケンカ腰ともいえる発言にファンがざわついたのだ。

 これに対して、ネット上のファンからは「さすがめめ、熱い漢!Snow Manを正解にしよう!」「かっこいいな。目黒蓮以外は言えない台詞だな」「俺らを正解にするってすごい心にしみる。やっぱりめめは熱い男」などといった声が沸き起こった。その一方で「他が不正解みたいな言い方はどうかと思う」「余計なこと言わないほうがいいのでは」といった否定的な意見もあるが、多くのファンは目黒の熱い言葉に痺れたようだ。

 SMILE-UP.は、大みそかの風物詩となっていた年越しカウントダウンコンサート(通称カウコン)を今年も開催する方向で調整していると報じられており、恒例だったフジテレビ系での生中継が消滅したことから、ライブ配信されるのではとみられている。『紅白』への出場がゼロとなると、カウコンの出演者は例年以上に豪華になりそうだ。となると、大みそかにYouTube上でSnow Manのスペシャルライブからオールスター状態の「カウコン」配信という夢のリレーが展開される可能性がある。そうなれば、まさに「旧ジャニーズとNHK紅白の全面対決」ともいえる構図だ。

 ある意味、ジャニーズ問題でテレビ業界が大騒ぎとなった今年を象徴する大みそかになりそうだ。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2023/11/15 15:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真