日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 滝沢秀明氏とひろゆき、意外なつながり発覚!

TOBE滝沢秀明氏とひろゆき、意外なつながり発覚!両者の動画戦略に共通点

TOBE滝沢秀明氏とひろゆき、意外なつながり発覚!両者の動画戦略に共通点の画像1
滝沢秀明氏

 滝沢秀明氏が代表を務めるTOBEの事業に、「2ちゃんねる」開設者の“ひろゆき”こと西村博之氏が取締役を務める会社が携わっていることが発覚。ネット上で驚きの声が相次いでいる。

 滝沢氏は11月27日、自身のXでTOBE公式動画を“切り抜き動画”としてYouTubeやTikTokで広めてほしいとお願い。対象は同社公式のほか、TOBEがプロデュースする三宅健、北山宏光、Number_i、IMP.の公式YouTubeチャンネルで、二次使用時には専用フォームから申請の必要があるという。

 切り抜き動画を容認する意図について「世界と戦う為にSNSを活用する事は今では当たり前の時代になりました。今後、TOBEの動画を皆様の手でさらに演出を加えていただき、共に広げていきたいと考えております」とつづっている滝沢氏だが、肖像権に厳しかった旧ジャニーズ事務所時代には考えられない動きだけに、大反響を呼んでいる様子。

 一般的に切り抜き動画で収益を得るビジネスには否定的な意見もあるが、動画が拡散されることで宣伝になり、切り抜き動画再生分の収益も本家に入ってくるため、芸能事務所として歴史の浅いTOBEにとってはメリットも大きいだろう。

滝沢秀明氏とひろゆき氏の“つながり”発覚!?

 さらに、ネット上ではTOBEとひろゆき氏の“つながり”が注目されている。

 というのも、今回、滝沢氏が誘導している「YouTube切り抜きチャンネル運営申請フォーム」を直接管理しているのが、ひろゆき氏が取締役を務める「有限会社未来検索ブラジル」であるためで、「ひろゆきさんの会社がTOBEに関わっててびっくり!」と反応する人が相次いでいるのだ。

 なお、ひろゆき氏は、かねてより切り抜き動画で享受したメリットの大きさについて語っており、宮迫博之のYouTubeチャンネルに出演した際には「(切り抜き動画からの流入で)3~4カ月で毎月12~13万人登録者が増えている」と発言。

 また、ひろゆき氏の公式YouTubeチャンネルといえば、編集を施した動画が少なく、主に2~4時間流し続けるライブ配信によって効率よく収益を得ているが、TOBE公式チャンネルも同様にタレントによるライブ配信が中心。TOBEのYouTube活用法は、まさしく“ひろゆき式”ともいえそうだ。

 25日には、所属アーティストによる生配信バラエティ番組「とべばん」をTOBE公式YouTubeチャンネルでスタートさせたTOBE。同番組の初回は大手化粧品会社・コーセーをスポンサーにつけており、滝沢氏の商才ぶりが話題となったが、切り抜き動画でも大きな収益を上げそうだ。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/11/29 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真