日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium

サイゾーpremiumの記事一覧 (1057件)

サイゾーpremiumの記事一覧です

飲む麻薬か?ストロングゼロもかすむ成分!――アメリカを震撼させた酒「フォー・ロコ」のヤバさ

――前記事「吉澤ひとみもとろサーモンも飲み込まれた!――コスパ最狂のタブー過ぎる酒? ストロング系チューハイレビュー」では国内で販売されているストロング系チューハイを取り上げたが...

【独占インタビュー】お騒がせラッパーRYKEYが激白! 血まみれインスタライブの真相と新作『MZEE』で歌ったストリートの闇

 ラッパーのRYKEYが最新アルバム『MZEE』を自身の誕生日である12月12日にリリースした。が、本作が発売される10日前から、RYKEYはネット上でもっともホットなキー...

King&Prince活躍の陰で、退所者続出! ジャニーズ事務所の世知辛い内情

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が(87)プロデュースする「ジャニーズ King&Prince アイランド」が12月6日、日比谷「帝国劇場」で開幕した。来年1月23日ま...

英語力を気にする意外な一面にギャップ萌え――【ダレノガレ】は突然に

『ダレノガレ明美』 日本テレビ系『行列のできる法律相談所』にて「ハリウッド女優を目指し渡米する」と発表したダレノガレ明美。その後、自身の英語力のなさを理由に断念したと報じら...

貴乃花親方・景子夫妻が2019年のメディアを席巻!? 離婚劇の背景にあるしたたかな野望

『貴乃花「角界追放劇」の全真相』(宝島社)  弟子の貴ノ岩を巡る暴行事件をきっかけにおよそ2年間に渡りメディアを賑わせてきた花田光司こと貴乃花親方(46)。勝ち目のない孤独な戦...

ハズキルーペ会長の暴露が波紋? 芸能人のギャラと事務所の微妙な関係

『誰?-WHO AM I?』(ブックマン社)  先だって、「週刊文春」が話題のCM「ハズキルーペ」の会長にインタビューした記事を掲載。そのなかに衝撃的な話があった。現在、起用し...

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】薬物売買にさよならしたゴミ収集員・真弓の物語[前編]

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...

麻薬体験を描いた稀代の作家・石丸元章が病室から緊急寄稿「脳卒中になってみて」

――自らのドラッグ体験を書き綴ったベストセラー『スピード』(文春文庫)などで知られるゴンゾ・ジャーナリストの石丸元章。最近は発起人となった異色の掌編小説シリーズ『ヴァイナル文學選...

【奥山かずさ】ニチアサデビューで“大きなお友達”も大量発生中!?

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――芸能界に興味がなかった元公務員志望女優は、特撮戦隊のヒロイン役でスターダムを駆け上がる! (写真/宮下祐介) 「今...

トンデモ忍者像を生み出したのは007!?――全大陸に忍び込んだ! 世界各国の忍者映画

――アフリカに限らず、忍者を題材にした映画は世界中で数えきれないほど制作されている。だが、その中には日本人として思わず「違うだろ!」とツッコミたくなる、ぶっ飛んだ忍者像も少なくな...

高きお笑いIQを持つ山田菜々が力説――ネット配信でカリスマ芸人が笑いの革命を起こす!?

――地上波のお笑い番組では、ちょっとでも過激な内容が放送されると、翌日のネットニュースなどで「炎上騒ぎ」と見出しが躍る昨今。そこまでコンプライアンスを意識されては、腹を抱えるほど...

疑似恋愛をウリにする”アイドル”の宿命か? 関ジャニ∞のストーカーに見る、ファンとの悩ましい距離感

「そろそろ限界だ」「すごく憂鬱」「寿命が縮まっているのではないかとも感じる」 “関ジャニ∞”の大倉忠義(33)が極一部のファンの女性の悪質なおっかけやストーカーまがいの行為...

過去には暴力沙汰も!? 沢田研二の信念と、妻を愛し続ける一途な思い

『ロイヤル・ストレート・フラッシュ』(ユニバーサルJ)  沢田研二(70)はマスコミ嫌いで知られている。人気絶頂期も私生活は徹底的にガードしていた。仕事帰りにあとを付ける車があ...

秋元康をも蹴散らした! 防弾少年団を守る親衛隊「アーミー」の実態

――2018年、アジア音楽史に歴史的な記録を打ち立てたアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」。彼らの何がそんなにすごいのか? アジアのみならずアメリカも熱狂させる、防弾少年団と...

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】麻薬のドレスを脱ぎ捨てるダンサー・君島かれんの野良知性

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...

スーパースター・沢田研二の生き方とドタキャン騒動でも揺るがぬファンの愛

『ロイヤル・ストレート・フラッシュ』(ユニバーサルJ)  昭和を代表する歌謡界のスーパースター・沢田研二(70)が「さいたまスーパーアリーナ」でのコンサート公演当日、「9千人と...

“朝ドラ保守派”は「朝ドラ革命」を受け入れられなかった?――振り返れば【芽郁】がいる

『永野芽郁』 9月で終了した永野芽郁主演『半分、青い。』(NHK)。これまでの朝ドラとは一線を画す内容だったということもあり、一部からは批判の声も上がっていた。ただ、そうい...

読者プレゼントの基本ルール――景品表示法についていち弁護士の見解

――豪華な景品で読者を囲い込めるのであれば、雑誌の売り上げも増やせるかもしれないが、読者プレゼントにも制限がある──それが景品表示法だ。雑誌のプレゼント係はなんとなくは知っている...

「水着の食い込みは痛いんです」……吉岡里帆から雛形あきこ、井川遥、MEGUMIらが語るグラビア撮影の本音と建前

『吉岡里帆写真集 so long』(集英社) 「水着グラビアは本当はやりたくなかった」  今年始め、今ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」などで活躍中の吉岡里帆が、そう発言...

上戸彩、武井咲、剛力彩芽…稼ぎ頭たちが迷走する美女軍団事務所オスカーの起死回生作戦

 老舗の「ナベプロ」系列を筆頭に、「ホリプロ」「スターダスト」「アミューズ」と大手プロが所属タレント、スタッフを増やし順調に勢力を拡大するなか、「国民的美少女コンテスト」でお...

ドラマ界を仕切るホリプロvsスターダストの頂上決戦

 世代交代で揺れる「ジャニーズ事務所」の動向をライバル事務所は冷静に見つめているという。某芸能でプロ幹部が話す。 「ジャニーズは娘のジュリー氏が社長になり事務所全体を仕切る...

「いつまでも 見られると思うな 吉岡の肌」――【吉岡里帆】を脱がさないで

『吉岡里帆』 吉岡里帆の主演ドラマが絶望的な低視聴率。加えて週刊誌に掲載されたグラビアがヒドいと「吉岡たたき」が起きている。ちなみに「吉岡美穂」で画像検索をかけると吉岡里帆...

「ダンはナダルさんに通ずるものがある」――ハイロー最新作『DTC』公開記念!作家陣が語る、EXILE TRIBEのコメディセンスと底力

――ハイローシリーズ1章の終わりともいうべき『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の公開から約1年が経とうとする中、『FINAL MISSION...

ハイロー最新作はゾンビ映画になりかけた!? 監督&作家4人衆が語る『HiGH&LOW』の作り方

――ハイローシリーズ1章の終わりともいうべき『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の公開から約1年が経とうとする中、『FINAL MISSION...

滝沢秀明と藤島ジュリー景子の対立? その時重要になるマッチの役割とは…

 喧伝されていたジャニーズの後継者問題は急転直下、“タッキー”こと滝沢秀明(36)がジャニーズ事務所の創設者・ジャニー喜多川社長(86)の後継者になることが決まった。滝沢は「...

マッサージシーンはマジックハンドか女性の手か?――監督別のテクニックも!? イメージビデオの作り方

――前記事「壇蜜のイベントもお客さんは10人程度だった!――ギョーカイの三傑が集結!イメージビデオ業界の裏話!!」ではイメージビデオにまつわる“アレコレ”について話を進めたが、撮...

タッキーが後継者に!その時、ヒガシは?マッチは? ジャニーズ事務所の未来

 大手芸能プロの大半は息子や娘など二世が後継者となりすでにスタートを切っているが、未だに正式決定していないのが男性アイドル王国「ジャニーズ事務所」。 「誰が後を継ぐのかは業...

ナベプロの姉妹経営は成功か? 後継者問題に揺れる芸能プロの近未来

ジャニー喜多川氏  大手芸能プロはすでに後継者が後を引き継ぐ段階に入っている。老舗の「渡辺プロ」は創設者・渡辺晋氏亡き後、妻が引き継ぎ、2000年からは2人の娘が「ワタナベエン...

成宮寛貴の引退を事務所はなぜ止めなかったのか? 大手プロの危機管理術<芸能プロ近代史3>

『成宮寛貴10周年記念メモリアル本「Hiroki Narimiya Anniversary Book10」』(角川グループパブリッシング)  芸能プロに利益を生むのは商品である...

むしろ迷走してこそブレてない?――紅に染まった朋ちゃんを慰める奴はもういない

『華原朋美』 「FRIDAY」(講談社)7月20号にて飯田GHD会長・森和彦氏との不倫疑惑を報じられた歌手・華原朋美。その後、周囲にヤイヤイ言われて嫌気が指したのか、剛力彩...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

サイゾーpremium記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真