> アニメ時評

アニメ時評の記事一覧 (50件)

2014年のアニメ・声優界を総括

『エヴァ』に迫るソフト売り上げを記録 第2期で大ブレークした『ラブライブ!』の快進撃が止まらない!

早いもので、2014年もそろそろ終わりが近づいてきました。さまざまな自然災害、事件が日本全体を揺るがした激動の一年でしたが、みなさんが大好きなアニメ業界にとってはどんな一年だった...
続きを読む
週刊アニメ時評 第65回

パクリ? オマージュ? 人気街道驀進中の『ラブライブ!』に突如降りかかったパクリ騒動

現在放送中のアニメ『ラブライブ!』にパクリ疑惑が発覚し、ネット上で大炎上中だ。 『ラブライブ!』とは、以前にもこの連載でも取り上げたこともあるアイドルアニメで、美少女総合エンタテ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第64回

アニソン業界に異変!? 一世を風靡したシンガーが続々と活動休止するワケ

「2014年4月1日、本日よりフリーになりました」という一文で始まる、あるアニソンシンガーのTwitter発言が、アニソンファンを驚かせたのはおよそ1カ月前の4月1日。発言者の名...
続きを読む
週刊アニメ時評 第63回

春はロボットアニメ大豊作! キーワードは「エロス」「美少女」「童貞」!?

いよいよ4月。春クールのアニメも続々とスタートするということで、待ち遠しいアニメファンも多いのではないでしょうか? さまざまなジャンルのアニメが放送されている現在のテレビアニメで...
続きを読む
週刊アニメ時評 第62回

フルCG映画『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』公開決定! あらためてチェックしたい『星矢』作品

伝説的バトルコミック『聖闘士星矢』(原作・車田正美)が、今年6月にフルCG映画『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』として復活するということで、全国のマサミストた...
続きを読む
週刊アニメ時評 第63回

最新作『トッキュウジャー』も期待大!? 人気声優が顔出し出演する、スーパー戦隊シリーズに注目!

先日、特撮好きで知られる男性声優・鈴村健一と神谷浩史が、映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦feat.スーパー戦隊』に出演することが発表され(配役はシークレット)、...
続きを読む
週刊アニメ時評 第62回

リア充アニメ『ゴールデンタイム』が突きつける、アイデンティティ問題

現在放送中のアニメの多くがクライマックスに向けて助走を開始した感のある今日この頃ですが、ぶっちぎりで僕の豆腐メンタルを刺激しまくる作品が、『ゴールデンタイム』です。
続きを読む
週刊アニメ時評 第61回

大御所アニソン歌手も激怒! 若手の台頭で問われる、アニソン界の問題点とは

「某大御所アニソン歌手の“もうあの子たちを同じステージ立たせるな!”という声を聞いた時、現場は凍りましたね」
続きを読む
週刊アニメ時評 第60回

超豪華エンタメ作からヤマカン最新作まで! 2014年冬クール“極私的”おすすめアニメ

1月ももうおしまい! 2014年冬クールアニメも一通り出そろったということで、ごく私的おすすめアニメを羅列してみたいと思います! 「あれがない」「これがない」というクレームは受け...
続きを読む
週刊アニメ時評 第59回

同業者、マネジャー、一般人……過去のデータから分析「声優と結婚できる職業」とは?

「ご報告」 それは声優ファンにとって、最も気がかりなワードの一つです。ある日、普段から応援している声優のブログを何気なくのぞいてみた時、最新記事のタイトルがこう書かれていた場合、...
続きを読む
週刊アニメ時評 第58回

効果のほどはいかに? ヒットアニメとヒット祈願の関連性

皆さん、あけましておめでとうございます! 今年もアニメ業界の重箱の隅をつついていくのでよろしくね! というわけで、新年一発目の「アニメ時評」は、アニメ作品と神社の関係についてフォ...
続きを読む
週刊アニメ時評 特別編

『黒子のバスケ』脅迫事件、『進撃の巨人』大ヒット……2013年アニメ業界を総決算!

早いもので2013年もあと数日。残るイベントは毎年恒例の祭典・コミックマーケットのみ、というオタク諸兄も多いことでしょう。そこで今回は、この1年間のアニメ業界に起こった事件をラン...
続きを読む
週刊アニメ時評 第57回

『アイカツ!』のステルスしないマーケティングに感服! クリスマス商戦の堂々たるグッズプロモーション!

いよいよ迎えたクリスマス! 世間は浮かれモード一色に染まり、非リア充な僕たちはなんとも肩身が狭い今日この頃。いかがお過ごしでしょうか? 二次元なら僕らの心を癒やしてくれるはず……...
続きを読む
週刊アニメ時評 第56回

重厚な鎧に身を包んだ美少女騎士たちの青春ドラマが熱い! 秋クールアニメのダークホース『ワルキューレロマンツェ』

『弱虫ペダル』に『黒子のバスケ』と、イケメン男子たちによる熱い青春部活ものアニメが話題を集める2013年秋クールアニメですが、女子も負けじとセクシーな青春模様を描く作品が存在して...
続きを読む
週刊アニメ時評 第59回

「紅白出場は歴史的事件」3分でわかる、Linked Horizonの歴史

11月25日、毎年恒例の『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。64回目となる今年は、紅組、白組合わせて計51組が出場。T.M.Revolution、水樹奈々の出場も決定し、...
続きを読む
週刊アニメ時評 第58回

クール・ジャパンは異世界をも制覇する!? 意外にハードでリアルなオタク文化啓蒙アニメ『アウトブレイク・カンパニー』

先日、NHKの情報番組にて、ロシアにおける日本のアニメ、コスプレの隆盛ぶりを伝えるレポートを目にした。異国の若者たちがオタク文化を通じて日本に対して強い親近感と憧れを抱いているこ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第57回

エクストリームな癒やし効果に中毒者続出? 現代日本ならではのファンタジー『のんのんびより』

日常なんかクソくらえ! そんじょそこらのヌルい日常系アニメじゃ、俺のすさんだ心は癒やせねえんだよ! そんなハードな現代を生き抜く日常系アニメジャンキーの間で、現在放送中のアニメ『...
続きを読む
週刊アニメ時評 第56回

熱い? 寒い? 賛否両論の話題作『キルラキル』を斬る!

『天元突破グレンラガン』の監督・今石洋介×脚本・中島かずきコンビが送る、秋クールスタートのアニメ『キルラキル』(MBS・TBS系列)の評価が大きく二分されている。 本作は、『ふし...
続きを読む
週刊アニメ時評 第55回

アニメ業界の新潮流? 「キルミーベイベー」に「ラブライブ!」とOVA付きCDが出現!

「どしたのワサワサッ?」「うるさいドーン!!」 このフレーズだけでピンときたアナタ。間違いなく、洗脳されてますネ! そう『キルミーベイベー』に!
続きを読む
週刊アニメ時評 第55回

続編ものも意外としょっぱい!? パッケージ商品の売り上げ本数で見る、続編ものアニメの明暗

人気アニメの続編。それは勝利を約束された鉄板コンテンツです。さまざまなタイトルが乱立し、限られたパイの奪い合いといった様相を呈している昨今のアニメ業界。折からの不況も相まって、ア...
続きを読む
週刊アニメ時評 第53回

キャッキャウフフと見せかけ、意外と骨太!『ステラ女学院高等科C3部』が急展開

女子高校生たちが泥まみれになってサバイバルゲームに燃える青春模様が話題を呼び、一説には世間に「サバゲー女子」なる存在を生み出しつつあるというアニメ『ステラ女学院高等科C3部』。以...
続きを読む
週刊アニメ時評 第52回

「YouTube削除は、新手の炎上商法!?」悶絶PVが物議を醸す『世界でいちばん強くなりたい!』 

テレビアニメ『世界でいちばん強くなりたい!』 10月よりTOKYO MX、YTV、AT-X、ニコニコ動画で放送開始予定の新アニメ『世界でいちばん強くなりたい!』の「悶絶プロモーシ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第51回

最新作『BROTHERS CONFLICT』も好調! “○○萌え”に挑み続ける「電撃系読者企画」の歴史

父親の再婚で、突然ヒロイン・朝日奈絵麻に13人の兄弟ができてしまった! イケメンの兄弟に囲まれて、ドキドキの共同生活を送ることになった絵麻の日常を描くアニメが、現在放送中のアニメ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第50回

人気声優・橘田いずみの心の闇がにじみ出る! トラウマ発動しまくりのWEBラジオ『ワタモテRADIO』

地味で非モテな中学生時代を送っていたが、女子高校生になればバラ色のモテモテライフが始まるはず! ……そう信じていたものの、相変わらず男子どころか友達すらできずに一人二次元の世界に...
続きを読む
週刊アニメ時評 第49回

『ステラ』『恋愛ラボ』『きんいろモザイク』この夏注目の、“個性派”女子高生アニメ

1000年に一度の猛暑だとか、世界で一番アツい夏とか、とにかくハンパない暑さになると予測されている2013年の夏ですが、見よ! 7月スタートの夏アニメは赤く燃えて……いや、萌えて...
続きを読む
週刊アニメ時評 第48回

田中理恵だけじゃない! “悪質イベンター”がアニメイベントで大暴れ中

いまやすっかりアニメ、声優ファンの間に定着したライブイベントだが、ここ最近、ファンのマナー低下による問題が噴出している。 その最たるものが、東京・シネマサンシャイン池袋にて6月2...
続きを読む
週刊アニメ時評 第47回

ネタ? 本気のSF? ジェットコースターアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』を再検証

そろそろ4月スタートの春クールアニメの最終回ラッシュに突入する、テレビアニメシーンですね。放送前の下馬評どおりに面白かった作品もあれば、「どうしてこうなった」な作品もあり、百花繚...
続きを読む
週刊アニメ時評 第46回

公式自ら“作画崩壊”宣言『スパロウズホテル』1期は、本当にダメアニメだったのか

味がありすぎる作画とドライブ感あふれる内容で、一部のアニメファンの間で中毒患者を続々と生み出しているのが、現在放送中のアニメ『スパロウズ・ホテル』(ニコニコ動画、AT-X、KB...
続きを読む
週刊アニメ時評 第45回

篠山紀信バリの凄腕カメラ小僧が大活躍! 淡々とエロスを追求し続ける変態アニメ『フォトカノ』

6月に入り、4月にスタートした春クールアニメの大半が早くも折り返し地点に到達。近年まれに見る豊作だった今クールのアニメ群も、クライマックスに向けてますます勢いを増すこと必至です。...
続きを読む
週刊アニメ時評 第44回

一日の最後に見るならこれ! 癒やしの日常アニメ『ゆゆ式』

かっこいいロボットがガンガン戦う『翠星のガルガンティア』『革命機ヴァルヴレイヴ』『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』(個人的には『マジェスティックプリンス』が好きです!)。ロ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第43回

異例のアニメーター募集に、未完成バージョンの放映……アニメ版『進撃の巨人』は大丈夫か

もはや撤退不可能。されど進めば地獄。そんな進退極まる状況にあるのが、現在放送中のアニメ『進撃の巨人』だ。2009年10月より「別冊少年マガジン」(講談社)で連載をスタートした本作...
続きを読む
週刊アニメ時評 第42回

賛否両論巻き起こす、アニメ版『惡の華』ロトスコープの功罪

「ハ・ナ・ガ・ハナガ・サイタヨー」のエンディングテーマがいやでも耳に残るアニメ『惡の華』。皆さん、見てます?「別冊少年マガジン」(講談社)連載中のコミックを原作とした本作は、全編...
続きを読む
週刊アニメ時評 第41回

オッサン世代も大興奮! 今期の本命ロボットアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』

例年になく豊作といわれている2013年春クールアニメ。個人的には、その中でもロボットアニメの充実ぶりに感激しまくりなんですが、皆さんはどのロボットアニメがお気に入りでしょうか。 ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第40回

野川さくら、宮崎羽衣らが一斉退所 “消えた”声優プロダクション・ラムズの謎を追う!

サヨナラだけが人生だ。 というわけで、年度切り替わりのタイミングで有名・無名を問わず多くの声優がプロダクションから独立、移籍した。茅原実里がエイベックス・プランニング&デベロップ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第24回

原作愛あふれる演出にファンも太鼓判! テレビアニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』を徹底分析

『ジョジョ』といえば、1987年、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載がスタートした荒木飛呂彦の人気コミックである。ジョースター一族と邪悪な吸血鬼・DIOとの戦いをさまざまな時...
続きを読む
週刊アニメ時評 第23回

秋の夜長にメカバトル! 期待の秋クールスタートのロボットアニメ

かっこいいロボットやメカの活躍が見たいんだ! そんな少年の心を忘れないアニメファンのためのアニメが、2012年秋クールから続々とスタートする。
続きを読む

『マブヤー』に続け! 沖縄発ご当地アニメ『はいたい七葉』が全国制覇を狙う!?

さまざまな地方都市をアニメの舞台にすることで、聖地巡礼するアニメファンを観光客として呼び込む「ご当地アニメ」が認知されるようになって久しいが、それをさらに一歩推し進めた「ご当地ア...
続きを読む
週刊アニメ時評 第21回

まるで電波少年!? 『ココロコネクト』ドッキリ事件が業界を巻き込み大炎上中!

「ドッキリ」というと、古くから存在するバラエティ番組の演出の一つである。仕掛け人やスタッフが事情を知らないターゲットのタレントに対して、ウソの番組企画やいたずらを仕掛けて、そのリ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第20回

新ジャンル? 「不憫萌え」の女王・高垣彩陽の演技が光る話題作『ソードアート・オンライン』

多くの声優が活躍する百花繚乱のアニメ業界だが、その中でもひときわ光を放っている声優が高垣彩陽だ。誤解を恐れずにいうなら、彼女こそ、現在の若手声優の中で最も「不憫な役が似合う声優」...
続きを読む
週刊アニメ時評 第19回

「売りスレ」では計測不能!? アニメDVDの売り上げを陰で支えるレンタル市場

今回は、一部の業界では当たり前のことだが、意外と知られていないパッケージ商品の売り上げに関する話をしよう。 ここ最近、ネット上でアニメ関連の情報を収集していると、しばしば見かける...
続きを読む
週刊アニメ時評 第18回

「求められるのは声優ソングばかり……」表舞台を追われたアニソン歌手の現在

アニメファン、アニメソングファンにはお待ちかねの8月がやってきた。今年も例年通り、毎週のように全国各地でアニソン系のイベントやライブが行われる予定だ。中でもとくに注目を集めている...
続きを読む
週刊アニメ時評 第17回

美少女たちが追いつめられる姿にゾクゾク!? リアル系ロボットアニメ『トータル・イクリプス』

力作ぞろいの夏クールアニメの中でも、気合の入りまくった作画といきなり最終回みたいなテンションの高さでアニメファンの度肝を抜いたのが、『トータル・イクリプス』だ。パソコン用恋愛ゲー...
続きを読む
週刊アニメ時評 第16回

夏アニメの穴馬!? “いわく付き”SNSゲームアニメ『探検ドリランド』に熱視線

話題作、問題作、期待作が百花繚乱の夏アニメが次々とスタートする中、「ド、ド、ドリランド♪」のフレーズもいまや懐かしさを禁じ得ないGREEのソーシャルゲーム『探検ドリランド』(テレ...
続きを読む
週刊アニメ時評 第15回

キーワードはホモソーシャルな描写!? 今夏は「乙女ゲーム原作アニメ」が熱い!

春アニメが続々とクライマックスを迎えるこの時期だが、我々アニメファンには終わった作品の余韻に浸る間などない。7月に入れば、また新たなアニメが次々とスタートする。 ライトノベル原作...
続きを読む
週刊アニメ時評 第14回

「まるで90年代の夕方6時枠アニメ!?」『モーレツ宇宙海賊』の大器晩成ぶり

番組改編期目前の6月が到来したということで、これから月末に向けて多くのアニメが続々とフィナーレを迎えることになる。その中でも、現在とくにアツい展開を見せているのが『モーレツ宇宙海...
続きを読む
週刊アニメ時評 第13回

もはや“声優アイドルフェス”!? アニソン重鎮不在の「アニサマ2012」に不安の声

アニメソングファンの真夏の恒例イベント「Animelo Summer Live」(アニサマ)が、今年も「Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-」...
続きを読む
週刊アニメ時評 第12回

「期待外れ?」「これぞ京アニ?」 賛否両論『氷菓』の本当の見どころ

『涼宮ハルヒ』『らき☆すた』『けいおん!』と、ゼロ年代後半から11年代のアニメシーンにおいて、重要なポジションに位置する京都アニメーションが放つ新作アニメ『氷菓』の評価がいまひと...
続きを読む
週刊アニメ時評 第11回

「燃え上がれ、俺の小宇宙よ!」前作ファンもニヤリ『聖闘士星矢Ω』

『聖闘士星矢』といえば、地上の平和を守る女神・アテナのために戦う聖闘士(セイント)となるべく運命づけられた主人公・星矢たちの過酷な戦いを描いたバトルファンタジー作品であり、198...
続きを読む
週刊アニメ時評 第10回

「見たかったのはコレジャナイ!?」声優アイドルアニメ『夏色キセキ』に早くも黄色信号

番組改編期の4月に突入し、新たなアニメが続々スタートした今日この頃。眠れぬ夜を過ごしているアニメファンも多いことだろう。 今クールはおよそ40タイトルの新作アニメが放送を開始して...
続きを読む
週刊アニメ時評 第9回

大コケの『機動戦士ガンダムAGE』を徹底検証! 求められる新たな「ガンダム像」とは?

『機動戦士ガンダムAGE』公式サイトより 2011年10月、ゲーム界のヒットメーカー「レベルファイブ」とアニメ制作会社「サンライズ」がタッグを組み、鳴り物入りでスタートした『ガン...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

アニメ時評記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

早いもので、2014年もそろそろ終わりが近づいてきました。さまざまな自然災害、事件が日本...
写真