> 日本アニメ文化論

日本アニメ文化論の記事一覧 (6件)

中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「日本アニメ文化論」

『聲の形』はいじめっ子を美化する作品? 公開めぐり、中国政府と観客に温度差が生じたワケ

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 9月8日、京都アニメーション製作のアニメ映画『聲の形』が中国で公開されました。 本作は大今良時氏の同名漫画が原作で、聴覚障害を持つヒロイン...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「日本アニメ文化論」

『東京喰種』は、中国政府とウイグル人の対立を暗示する反体制的作品?

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 先日、実写映画版『東京喰種トーキョーグール』を見てきました。この作品は中国でも人気がありますが、その理由は、残虐描写がふんだんにあるところ...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「日本アニメ文化論」

『進撃の巨人』に見る、諌山創氏の愛国心と中国の“におい”

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。今回は大人気漫画を通じて、日本が置かれている状況を解説します。 諌山創氏の『進撃の巨人』は、人をむさぼり食う巨人とそれに立ち向かう人類の戦い...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「日本アニメ文化論」

「拳法の達人」なんていない!? 中国人も憧れる『らんま1/2』の世界観

1987年から96年まで「週刊少年サンデー」(小学館)に連載されていた『らんま1/2』(高橋留美子)は、拳法の達人で、水をかぶると少女になるという呪いがかかった少年・早乙女乱馬を...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「日本アニメ文化論」

ラブコメの元祖『きまぐれオレンジ☆ロード』で憧れた、ロングヘアーとセーラー服と

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 昨年末、「高須クリニック」の高須克弥先生が主催する飲み会に参加しました。高須先生とはその日が初対面だったのですが、同席した漫画家の西原理恵...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「日本アニメ文化論」

中国人ならソッコー裏切る!? 『聖闘士星矢』が描く「絆」の本質とは?

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。僕が親日家になったきっかけは、幼少時に日本のアニメに興味を持ったことです。現在、日本のアニメは世界中で評判を呼んでいます。こうしたアニメから...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

日本アニメ文化論記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

前田日明×瓜田純士、断絶の真相

 かつてはいがみ合っていた時期もあるが、10年ぶりに再会し、すっかり打ち解けた前田日明...…
写真