日刊サイゾー トップ > 最高の離婚

最高の離婚の記事一覧 (7件)

ドラマ『最高の離婚』──子どもが欲しくない男と、欲しい女。夫婦の溝を埋める最良のテキスト
──サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が原作を務めるマンガ『ぼくたちの離婚』(集英社)が、3月18日に刊行される。これを記念して「月刊誌サイゾー」で連...
『ゴーン・ガール』を観る、メールを下書きしておく…etc.
離婚はしてもいい!「コロナ離婚」の前に備えておきたい5つのこと
昨今メディアで謳われている「コロナ離婚の増加予想」について、離婚経験のある“男性”の経緯や顛末をまとめたルポルタージュ『ぼくたちの離婚』(角川新書)の著者・稲田豊史が考察。コロナ...
「ガッツ石松だけが場を盛り上げ……」好評ドラマ『最高の離婚』の打ち上げが“最低”だった?
瑛太主演の連続ドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)の最終回が先月21日に放送された。平均視聴率は12.7%とまずまずの結果だったが、ドラマ自体の評価は高かった。
【報道ピックアップ】「会話についていけなくなる前に」
人気フジドラマ『最高の離婚』の“最高の”楽しみ方 ツイッターもどき「イマつぶ」?
終わってしまった。久しくフジテレビのドラマで満足感を得ることはなかったわけですが、3月21日に最終回が放送された『最高の離婚』は最高でした。すでに、各所で内容についてのレビューは...
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第20回
「日本が好きだから」外国人たちの思いに日本の魅力を振り返る『YOUは何しに日本へ?』の多幸感
「青山に行って自転車を買って、自転車で日本のウエストコースト(日本海側)を旅するんだ」  『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京)は日本の空港にやって来る外国人(番組では彼らを...
フジドラマ『最高の離婚』の勝因とは?最終回“秀逸”キスシーンに学ぶ、離婚という喜劇
ここ数年のテレビドラマで、最高のキスシーンだった。今クール(1〜3月)に放送されていた連続ドラマの中で、いやここ1年で、最も秀逸な出来栄えだった『最高の離婚』(フジテレビ系)であ...
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第19回
「離婚には人生のすべてがある」『最高の離婚』の息ができないすれ違い
それは、光生が元恋人の灯里に「昔みたいに笑ってほしい」と語りかけた時だった。 「10年たってもなんにも分かってないんですね。私、濱崎(光生)さんとの間にいい思い出なんかひとつも...
ページ上部へ戻る

最高の離婚記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

たけし映画はもう見られないのか

 先日、「週刊新潮」が報じた、ビートたけし(...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真