トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

サイゾーメディアの注目記事


人気連載

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

記憶は思い出となり、やがて物語へ昇華していく。園子温監督が本当に描きたかった『ひそひそ星』
写真

オススメ情報

アメリカ人にも難しい米大統領選の仕組みを徹底解説!

1年以上の長期にわたって行われるアメリカ大統領選はどういう仕組みになっているのだろうか?
写真

イチオシ企画

藤原紀香再婚も、世間はどっちらけ!

いまいち盛り上がらない藤原紀香と片岡愛之助の結婚報道。その原因とは――。
写真



"充電"KAT-TUNには悲観論しかなし!? 山下智久とのユニット再結成のほうがまだマシか

 1日、アイドルグループ・KAT-TUNが東京ドームで、充電期間前ラストライブを行いファンにしばしの別れを告げたのだが、「もう永久に活動再開はなさそう」「いっそのこと、解散してくれ...
続きを読む

サイゾーメディアの新着記事



モンペの罵詈雑言と、ずさんな「人権派」弁護士……丸子実業高校いじめ自殺の真実

 2005年12月6日午前6時半、自宅の自室で長野県・丸子実業高校の高山裕太くん(当時16歳)が自殺した。この事件の直後、バレー部に所属していた高山くんに対して「部内で暴力を伴った...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.373

記憶は思い出となり、やがて物語へ昇華していく。園子温監督が本当に描きたかった『ひそひそ星』

 園子温監督って、人気なんでしょ? トレンドワードをチェックする感覚で『リアル鬼ごっこ』や『映画 みんな!エスパーだよ!』を劇場まで観に行った人はア然ボー然としたことだろう。会員制...
続きを読む

韓国エロ業界に空前の“人妻ブーム”到来! 『若いお母さん』シリーズの実力とは

 4月28日、韓国でとあるポルノ映画が公開された。原題を直訳すると『若いお母さん』。今作でシリーズ5作目となる、韓国で人気のポルノ映画作品だ。一体どんな作品なのだろうか?『若...
続きを読む

お天気キャスター・阿部華也子、「めざましテレビの新・清涼剤!」と話題も、スキャンダル写真を警戒する声?

セントフォース公式サイトより  先月1日の放送をもって、『めざましテレビ』(フジテレビ系)から加藤綾子アナウンサーが卒業したことで、“カトパンロス”なる喪失感を味わう男性が急増し、...
続きを読む

活動を停止したKAT-TUNメンバーの意外に一途な恋愛事情を元側近が暴露! 亀梨は小泉今日子と結婚を考えていた

恋愛でも“ツートップ”だった亀梨と赤西は意外に一途で純朴……? 【本と雑誌のニュースサイトリテラより】  5月1日、東京ドームでのコンサートでグループ活動を停止したKAT-TUN。...
続きを読む

「人を殺したことがある」ベイビーギャング・北見が周囲に漏らしていたトンデモ武勇伝!?

■NMB48の“ド修羅場”ラジオC 最近、AKB48関連の話題が下火になっているような気がするんですが。売り上げもほどほど、スキャンダルもほどほど……(笑)。ニュースといえばメ...
続きを読む

宮迫の悪質なパワハラ?ベッキー批判したオリラジ中田への態度が波紋

ベッキー(32)が「週刊文春」(文藝春秋)に手紙を送ったことに対してオリエンタルラジオの中田敦彦(33)が「あざとく感じる」と猛批判したことが話題になったが、それに雨上がり決死隊の...
続きを読む

ベッキー騒動で井戸端会議する芸能人たち……最も的を射ていたのは誰だ!?

 ベッキーの“謝罪文”が波紋を呼んでいる。これは4月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載されたベッキー直筆の手紙で、最も迷惑をかけた「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の妻Aさんへの...
続きを読む

シルヴェスター・スタローン、新ドラマでマフィアのボス役?

シルヴェスター・スタローンが新作ドラマでマフィアのボス役を演じることになりそうだ。スタローンは「ゴッドファーザー」の原作者としても知られるマリオ・プーゾの著作『オメルタ―沈黙の掟』...
続きを読む

サイゾーメディアの新着記事



フジテレビ離れが止まらない…一桁視聴率だらけなのはなぜ?

フジテレビのドラマ不振が止まらない。今期の主なドラマは4本あるが、月9枠の『ラヴソング』初回以外、ひとつも視聴率10%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を超える回がなく一桁ば...
続きを読む

奇習! なまはげ男たちの股間に全裸女 ― 東北地方の密通

「三日月の丸くなるまで南部領」と謳われるほどに、急速に東北地方でその勢力を拡大した戦国大名・南部晴政。その領土の最北端部分に近い、青森県の下北半島に位置する山間の集落に今なお暮らす...
続きを読む

『ズートピア』が鋭く照らし出す、アメリカ社会の諸問題ーー作品に込められたメッセージを読む

【リアルサウンドより】  謎の行方不明事件の捜査、違法薬物製造の摘発、警察官とマフィアとの癒着、そして街を牛耳る腐敗した権力…。犯罪小説の話をしているわけではない。ディズニーの劇場...
続きを読む

板野友美に橋本環奈……主演映画で狙う“経歴ロンダリング”とは

 4月2日公開の元AKB48・板野友美の初主演映画『のぞきめ』が、大方の予想通り大コケした。 三津田信三氏のホラー小説が原作で、板野はカーテンなどの隙間から不気味な視線を投げ...
続きを読む

相武紗季が「一般男性(?)」と結婚! 長瀬智也を捨て女の幸せゲット

 女優の相武紗季が3日、一般男性と結婚したことを報告。昨年末にプロポーズを受けたそうで、お相手は会社経営の一般人男性とのことだ。  昨年夏より交際が報じられており、結婚秒読みという...
続きを読む
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

「私はアイドルなんです」虚言癖アイドルの悲しいウソ

 誕生日まで1カ月を切りました。今月には31歳になります。金なし! 男なし! 若さなし!! 崖っぷち三十路グラドル、吉沢さりぃです。 少し前の『サンデー・ジャポン』(TBS系)...
続きを読む

「肘打ちしても愛される」“プロDQN”大久保嘉人はヒールになれるJリーガー!

 川崎フロンターレのFW・大久保嘉人は悪童と呼ばれる。Jリーグ最多得点記録を更新中で話題になっているが、同時にJ1通算警告記録も持っており、退場記録でも歴代2位につけている。当然、...
続きを読む

「生まれ変わったら、ドイツに住みたい」“世界一の嫌韓国家”ドイツに憧れる韓国の若者たち

「まるで地獄のような国だ」。そんな意味を込めて自国を“ヘル(地獄)朝鮮”と自嘲している韓国の20代たち。韓国社会の悲惨な現状から夢や希望を持てなくなった彼らは、もし生まれ変われるの...
続きを読む

公園に「男女結合彫像」、小学校トイレに「過激性教育ポスター」 中国の性教育が暴走中! 

 中国の性教育が、なにやら変な方向に大暴走を始めているようだ。 かつて中国の首都だった古都・西安にある史跡公園では最近、新たな芸術作品が露天に展示されて話題となっている。愛情を...
続きを読む

サイゾーメディアの新着記事



『真田丸』はなぜ、黒木華を殺したか──脚本を左右する俳優の“出演”事情とは?

NHK『真田丸』番組サイトより  人気大河ドラマ『真田丸』(NHK)において、堺雅人演じる真田信繁の初恋の相手である梅を演じた黒木華が早くも死亡してしまった。これが、同じく信繁の幼...
続きを読む

安倍政権の改憲扇動は空振り? 世論調査で「憲法改正が必要」の意見が激減! NHKの調査でも42%から27%に

安倍晋三公式サイトより 【本と雑誌のニュースサイトリテラより】  昨日からの憲法記念日特別企画では、急加速している安倍政権の憲法改正の動きについて指摘してきた。実際、安倍首相の発言...
続きを読む

SMAP・中居正広、“熊本被災地支援”を「報道するな」!? ジャニーズがテレビ局に圧力のワケ

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆
続きを読む

山本彩でも閑古鳥?NMB48に高まる”グループ解散”の現実度

大阪市・難波を拠点とするアイドルグループ・NMB48が「崩壊寸前」の危機にある。4月13日にメンバーの渡辺美優紀(22)が卒業を発表。これにより、残った2トップの一角である山本彩(...
続きを読む

元Hey!Say!JUMP・森本龍太郎は、なぜ復帰できた? ジャニーズ“不祥事”出戻り列伝

 2011年に未成年喫煙が発覚し、5年間にわたって謹慎していた元Hey!Say!JUMPの森本龍太郎が芸能界に復帰した。謹慎中は自殺を考えるほどであったといい、真摯な反省の態度がう...
続きを読む

プリンス、半年前にエイズ発症を知らされていた!?

プリンスは死の半年前にエイズが発症していると知らされていたようだ。先週57歳という若さで死去したプリンスは90年代にHIVに感染していたというが、宗教上の理由から治療を受けることを...
続きを読む

ベッキー復活の兆しに上沼恵美子「奥様もう勘弁したって」!? 「目が大きいだけの女」と叩いた同じ口で?

休業中のベッキー(32)が、「週刊文春」(文藝春秋)編集部へ送ったとされる直筆の手紙が同誌に公開され、彼女を<許す><許さない>の議論が再び盛り上がっている。その手紙でベッキーは、...
続きを読む

【超・閲覧注意】胸一面に“肉片の花”が咲いた女 ― 凄まじい状況の中、彼女は何かを言おうとしていた…

 癌の治療に多額の医療費がかかるということはよく知られている。世界には腫瘍に侵されるも、貧因のために治療費を工面することができず、治療を受けずにただ死を待つしかない人々も多い。今月...
続きを読む

『とと姉ちゃん』慌ただしい展開となった四週目 高畑充希は常子の不安をどう演じた?

【リアルサウンドより】  祖母の青柳滝子(大地真央)が切り盛りする材木問屋・青柳商店で暮らすことになった小橋家だったが、母の君子(木村多江)が滝子とケンカしたことで小橋家は青柳商店...
続きを読む

サイゾーメディアの新着記事



フジテレビが『ラヴソング』爆死で調査会社に“敗因分析”を緊急依頼! 結果は「設定が悪い」

 福山雅治が3年ぶりに主演している月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ)の視聴率が低迷、関係者がその分析を依頼したという話まで聞かれる。 ビデオリサーチ調べの視聴率は、関東平均...
続きを読む

芦田愛菜『OUR HOUSE』が過去最低4.0%!“ゲイ疑惑”展開で野島伸司ぶし発揮も「脚本が古臭すぎ……」

 芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスがダブル主演を務めるホームドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系)。日曜21時台ながら、1日放送の第3話で過去最低の平均視聴率4.0...
続きを読む

NHKアナが「タブー実況」でファンから非難殺到!

 激戦の末、ハナ差でキタサンブラックの勝利に終わった天皇賞・春(G1)。とはいえ、2着となったカレンミロティックもこれ以上ないレースができていた。敗れはしたものの、今年の3200m...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

テニス・錦織圭が“新彼女”観月あこにハマりすぎ! 昨年US敗因は「ホテルに2人で籠城」だった!?

 最初はアサヒ芸能。10年5月に発覚した相撲界の賭博スキャンダルで、琴光喜を脅迫したとして逮捕された元力士・古市満朝氏の実名告白をトップでやっている。 その騒動の時も名前が上が...
続きを読む

スノーボード選手の大麻問題、組織ぐるみの隠ぺいか? 問われる全日本スキー連盟の判断

 スノーボードの大麻問題は、組織ぐるみの隠ぺいが疑われている。未成年男子2選手が、昨年のアメリカ遠征中に大麻を吸引、全日本スキー連盟から競技者登録の無期限停止などの処分を受けたが、...
続きを読む

松本人志が「完全に再ブレーク!」“タウンワークのおじさん”でタレントパワーランキング10代首位に

 芸能生活35年目を迎えたダウンタウンの松本人志(52歳)が、10代の若者の間で再ブレークしていることがわかった。 2日発売の雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)は、...
続きを読む

韓国・バス停の電子案内板に“AVサイバー攻撃”! 40分間ダダ漏れの「お粗末」対応に市民も失望中

 事件は4月24日、全羅南道(チョンラナムド)・麗水(ヨス)のバス停で起きた。日曜らしく家族連れの姿もまだ見えた午後10時40分頃、バスの運行状況を知らせる電子案内板の画面が突然切...
続きを読む

『やべっちF.C.』が岡崎慎司にほぼ触れない! レスターが日本で注目されない理由とは?

 今、世界で最も注目を浴びているサッカークラブは、岡崎慎司が所属するレスターシティかもしれない。プレミアリーグ残留さえも危ういと思われていた小さなクラブが、世界的ビッグクラブを次々...
続きを読む

それでもゲス川谷とはヤッてない!? ベッキー“処女説”の根拠「性欲を毛嫌いしていた……」

 爆笑問題・太田光が1日の生放送番組『サンデージャポン』(TBS系)で、ベッキーが世間に一番伝えたいのは「挿れてない」ことではないか、と持論を展開した。 先月27日発売の「週刊...
続きを読む

サイゾーメディアの新着記事



「中国の河川は“霊安室”になった」1週間で70体以上引き揚げる、中国・揚子江の“遺体漁師”とは?

 陳松という名前のこの男性、これまでも中国のメディアでは、数度にわたり取り上げられている。この仕事をしていた父親の後を継ぎ、すでに20年近くになるという。 世界保健機関(WHO...
続きを読む

松下奈緒、新ドラマで“進撃の巨人”状態に? ショートヘアー&“裸で乱舞”姿にも「切り損」「色気なし!」と酷評

フジテレビ系『早子先生、結婚するって本当ですか?』番組サイトより  21日、松下奈緒主演のドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)が放送開始されたのだが、平均視...
続きを読む

“文春砲”にもタブーあり? 又吉直樹『火花』の裏に「吉本スキャンダルNG」のウワサ

 ベッキーの禁断愛やショーンKの学歴詐称など、今年に入り“文春砲”が止まらない。スクープされたタレントは活動休止にさえ追い込まれるほどの威力だけに、芸能界や政界から恐れられている。...
続きを読む

今日が命日…忌野清志郎の「表現の自由を奪う圧力」との闘い、そして憲法9条への美しすぎるメッセージ

DVD『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM #1〜入門編〜』 (ユニバーサル ミュージック)  2009年の5月2日に忌野清志郎が亡くなってから今日で7年。しか...
続きを読む

低迷する福山雅治の月9『ラヴソング』にフジ女子アナ出演でさらなる批判

自らの手で視聴率低下を狙っているのだろうか。4月29日、福山雅治が主演する月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)に、同局の永島優美アナウンサー(24)が出演することが明らかになっ...
続きを読む

古舘伊知郎時代を上回る視聴率! 富川悠太の新『報ステ』絶好調の秘密とは

 テレビ朝日の看板報道番組『報道ステーション』(月~金曜午後9時54分~)の新MCとなった富川悠太アナウンサーの評判が、すこぶるいい。同番組は3月いっぱいで、12年に及ぶ古舘伊知郎...
続きを読む

“引退詐欺”misonoがミュージカル初主演で有頂天に! 今度は「バラエティ封印宣言」も……

 ミュージカル『「ALICE」~不思議の国のアリスより~』の主役を演じる、歌手でタレントのmisonoが浮かれている。初顔合わせの際の記者会見では、「バラエティも出ないようにして、...
続きを読む

ビヨンセの父親が暴行を否定

ビヨンセの父親マシュー・ノウルズがビヨンセに手を上げたという噂を否定した。ビヨンセのニューアルバム『レモネード』の中で幼い頃に父親から手を上げられたということをほのめかす歌詞が歌わ...
続きを読む

ため息を漏らして身体くねくね! 森下悠里のイヤホン必須・過激系オモシロインスタ

自身のSNSに過激な露出をした写真を投稿するグラビアアイドルが後を絶たない。というのも、女性アイドルグループの大ブレーク以降、以前はグラドルが起用されていた雑誌ページを占拠されてし...
続きを読む

サイゾーメディアの新着記事



長澤まさみ、現場でのブリッ子の破壊力が爆発中!? 関係者語るヤバイ色気とは?

 熊本地震後の有名人の言動とそれに対する世間の反応を巡って話題になっている「不謹慎狩り」。早くも今年の新語・流行語大賞ノミネート間違いなしとも言われているが、その不謹慎狩りのターゲ...
続きを読む

『レヴェナント』は『バードマン』の撮影中から動き出していた? イニャリトゥ監督がコメント

【リアルサウンドより】  第88回アカデミー賞で主演男優賞、監督賞、撮影賞の3冠に輝いた『レヴェナント:蘇えりし者』より、メガホンを取ったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督...
続きを読む

嵐・松本潤『99.9』と竹野内豊『グッドパートナー』は“犬猿の仲”岸部一徳 vs 國村隼の代理戦争!?

 嵐の松本潤が主演するTBS系ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』が絶好調だ。今クール最高の平均視聴率15.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)でスタートを切り、第2話では...
続きを読む

レスター岡崎慎司に「よその国」発言の張本勲氏が世間とズレすぎ

 御意見番なのは認めるが、もう少し言葉を選んでもいいはずだ。  プロ野球評論家の張本勲氏が、1日の『サンデーモーニング』(TBS系)に出演した。歯に衣着せぬ言動がある意味人気の同氏...
続きを読む
ページ上部へ戻る
12345

悩殺グラビアすべて見る

「1ミリでもずれたら……」Gカップグラドル森下悠里の“下乳”がスゴイ!
152センチHカップ桃井はるかと、お風呂で“アレ”や“コレ”!?「フラフラでした!」
股下76cm! “超美脚”グラドル渡瀬茜がローションでテッカテカ!?
「1枚ずつ脱いでいって……」Gカップグラドル桐生美希の脱ぎっぷりが生々しくていい!
Hカップグラドル葉月あやのバストを“ヒモ”で……!?「ギリギリで危なかったです!」
「でも、して欲しい……」Fカップグラドル古川真奈美の最新作が“本当に危ない”!?
Gカップグラドル清水みさとが、スク水姿に!?「一言で言うと、高2の青春です」
Gカップグラドル萩野梨奈が、三角ビキニでポロリ!? “アレ”をかけられて……
Gカップグラドル園都の巨乳が暴れまくり!「はっきり言って盛れてます!」
「水着を全部取っちゃいました!」大型新人グラドル秋月陽向が、大胆にも……!?
「全編『私を見ろ!』」グラドル古崎瞳が、いろんなイケナイことをやっちゃって……!?
グラドル青山ひかるのIカップがてんこ盛り!「ビキニの下に手を……」
巨乳ナースを調教!? 森下悠里が院長を務める“森下総合病院”で「気持ちよくなっちゃいました!」

CYZOトークすべて見る

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士
クマのぬいぐるみに夢中!? クマ声で「幸セダナ~」って……