日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」(前編)

現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」(前編)

20071006_zadankai1.jpg現役マンガ編集者による激アツ討論会! <サイゾー10月号より>

今や、一大巨大産業と化したマンガ業界。では、雑誌作り、コミック出版、そしてメディアミックス等のビジネス展開について、現場のマンガ編集者たちは、日々何を考え、そしてどのような・戦略・をもって業務をこなしているのだろう?

[座談会出席者]
A 大手出版社勤務(マンガ編集歴6年)
B 中堅出版社勤務(マンガ編集歴20年)
C 大手出版社勤務(マンガ編集歴5年)

A 今や、単体で黒字を出してるマンガ雑誌は「週刊少年ジャンプ」(集英社)、「週刊少年マガジン」(講談社)ほか数誌だけ。一昨年、ついにコミックが雑誌の売り上げを抜いちゃったけど、黒字の雑誌でも、本誌ではなく、連載作品のコミックの売り上げで稼ぐという基本戦略は、ほかの赤字誌と同じだよね。

B うん。でも、「月刊少年ジャンプ」なんて、37万部も出てたのに、集英社は潰しちゃった。体裁と定価を変えて、11月から後継誌「ジャンプスクエア」が出るらしいけど、あのジャンプがねえ……。ほんと、時代が変わったなあと思うよ。

C あれは、切るに切れないベテラン作家を整理・刷新したいというのもあったんじゃないですか? ところで、確認しておきたいんですけど、新人作家の原稿料は、ページ当たり1万円スタートですよね?

A 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)は8000円って聞いたけど、ほかはだいたい1万円。そこそこ人気の作家なら、年間で1000~数千円アップ。だから最低でも、月刊連載1本45ページで年収500万円強、週刊なら1本20ページで、年収1000万円弱はいきますね。

B 2万円を超える新人は皆無だとしても、大御所やミリオン作家なら5万円を超える人もいるし、年長者ほど高いのは間違いない。ただ、原稿料は基本的に、生活費とアシスタント代で消えるね。

A アシスタント7人体制なんていう作家もいるからね。特に月刊誌には「連載を繰り返すと貧乏になる」というジンクスがあって、コミックで1~2巻しか続かない作品ばかり描いていると、連載した分だけ借金が増えていくという(笑)。

C じゃあ、印税率のほうはどうですか? どの出版社も、たぶん一律10%だと思いますけど。

B どこも、印税率だけはいじらない。そこを変えると、ほかの作家の統制も取れなくなるからね。

A 確かに印税率は、表向きは死守すべき部分だけど、裏ではいろいろオマケをつけてるのも事実でしょ。とんでもない額の原稿料を支払う場合や、研究費、アシ代、資料代などの名目で、別途、金が渡されることもある。例えば、コミックが100万部を超えた場合、超えた分の印税率を上げるといったような。そういったインセンティブ契約もよくあるしね。

B 『ブラックジャックによろしく』(講談社)の佐藤秀峰が、原稿料と印税率で揉めて、講談社から小学館に移籍したけど、私の聞く限り、彼が講談社に要求した額は、業界ではかなり非常識なレベルだった。小学館はいったい、どの程度の要求を飲んだんだろうな。気になるよ。

C 鳥山明や井上雄彦クラスの、本当に売れてる超一流は、そのあたりでゴネたりしませんけどね。むしろ、そういうことで作品のクオリティを下げることを嫌う。微妙なレベルの作家に限って、金銭的要求が多いんですよね。
(構成/柳一人 写真/田村昌裕 後編へ続く

【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制
【関連記事】 10年連続でマイナス成長!!お先真っ暗!?なマンガ産業研究
【関連記事】 大ヒット漫画『ネギま!』作者はキュートな萌え妻にメロメロ!?

最終更新:2008/06/09 18:57
こんな記事も読まれています

現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真