日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 【珍スポ】ラブキャッスル
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.24

伝統美とおバカの核融合! 古都の山奥にたたずむ、格調高き愛の城「ラブキャッスル」

ゆるキャラがお出迎え

 石窟庵(せっくつあん)と仏国寺(ぶっこくじ)。その名の響きに『行け!! 南国アイスホッケー部』(少年サンデーコミックス)読者なら思わず「はーん」となるであろう、2つのユネスコ世界遺産を有する歴史の町が慶州(キョンジュ)だ。

 ソウルからバスで4時間かかるその古都に、2010年に開館した性の博物館「ラブキャッスル」があると聞き、はるばるやって来た私。市の中心地でタクシーに乗り替え、山中にある愛の城へと向かった。

 なおホームページをチェックすると、壮大なイントロダクションが目に飛び込んでくる。一部抜粋すれば「……どこよりも文化水準が高い千年古都・慶州に、国内の有名彫刻家と造景・建築の専門家たちが集合、格調高き芸術性と新鮮な主題で構成されるテーマ博物館を造成した……」うんぬん。

 思わず目を疑いながらメッセージを読み進めると、「市民の雇用創出」「世界的歴史文化都市としての発展に寄与」にまで視野が及んでいるようで、単なるおバカなスポットではないのだと襟を正した。

 そして山道を走ること30分。車が停車したその場所には、ライトアップされたモアイがそそり立っていた。やはりというか、おバカである。

韓国の山奥にモアイ

 広大な自然をバックにたたずむ、重厚感ある瓦の伝統建築。電飾でど派手にライティングされているとはいえ、これがもし西洋のお城だったら単なるラブホであろう。

 伝統とエロの融合は、私にどんな景色を見せてくれるのか。期待しながらギラギラする入口をくぐった。

落ち着きのある庭園

 エロいともエロくないともいえる裸婦像が立つ庭園を通ると、すぐにラブキャッスルの本丸であろう伝統家屋への入り口が現れた。これが展示室「韓国館」のようだ。

 薄暗い館内には、男根の形をした木や、韓国伝統の春画、エッチなシーンを人形で再現したジオラマなど、韓国の性博物館にありがちな展示物が並び、これといって言及すべきものはない。

「覗いてみよう」と書かれた鏡があったので覗いてみたが、何も見えなかった。こうしたギミック系の展示は、管理が行き届いていないようだ。先が思いやられる。

鏡の部屋。ゆるキャラの腰巻の中なんか見たくない

 鏡が貼ってあるだけの部屋を過ぎると、「韓国館」とやらはもう終わり。外から見たら結構な大きさだったのに、ここまで見どころがないなんて……。

 案内看板には「まだ続きます」とあり、この調子では入場料約1,300円をドブに捨てたようなものだと思ったが、まさか『ドラゴンボール』における亀仙人の「もうちっとだけ続くんじゃ」に匹敵するとは、この時は思いもしなかった。

 館の先には、ちんこが乱立する庭園が登場。さらにはエッチなポーズをとる、パステルカラーの石像も立ち並ぶ。こうした展示の方向性は、前回訪れた済州島の「ラブランド」とまったく同じだ。


123
こんな記事も読まれています

伝統美とおバカの核融合! 古都の山奥にたたずむ、格調高き愛の城「ラブキャッスル」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚せい剤所持の疑いで5度目(薬物では4度目...
写真