日刊サイゾー トップ > 社会  > 国策報道疑惑も噴出!? 朝青龍報道で儲けた人々

国策報道疑惑も噴出!? 朝青龍報道で儲けた人々

 今年5月に「週刊現代」が報じた八百長疑惑を皮切りに、6月に起こった時津風部屋の序ノ口力士が稽古後に死亡した問題、さらに9月には、女性が両国国技館の土俵に上がる騒動など、何かと騒がしい最近の角界。9月半ばからは世間の注目は時津風部屋事件に移ったが、それまでの報道の中心は、朝青龍の去就問題だった。疲労骨折治療中に無断帰国した揚げ句、現地で中田英寿とサッカーに興じ、批判が集中するや、うつ病や解離性障害などと診断が二転三転。さらに治療名目で再び母国モンゴルへ帰国……と、大横綱の行動は逐一報じられた。

 そんな過熱報道を最も象徴していたのが、モンゴルへ帰国した8月29日のフィーバーぶり。成田空港に集まった報道陣は約250人、空港側は「ヨン様やベッカムの来日時同様、事前にマスコミ各社に朝青龍が搭乗する時間をリークし、メディアを統制、警察に警備を依頼するなどの対策をとった」(週刊誌記者)という。

 さて、朝青龍の帰国により、メディアがモンゴルにまで殺到したのは周知の通りだが、実は、朝青龍の足取り取材以外にも難航したことがあったという。モンゴル入りしたテレビ関係者の話。

「帰国当日、首都ウランバートルで『モンゴルに関する国際学術会議』が開かれていたり、翌週には『日朝作業部会』が予定されていたため、有能な通訳はみんなそちらにに駆り出されていたようです。そもそも、モンゴルには観光のニーズがあまりないので、通訳自体の人数が少ない。そこで、各社あらゆるツテを使って、通訳やドライバー、車の手配に奔走。しかし、やっとの思いで通訳やドライバーらを確保したものの、普段は一般企業で働いているだけの人たちで、日本に留学経験があったり、日本語を勉強していただけの人、あるいは車を持っているだけの人がバイト感覚でやっていたため、現地取材は難航したそうです。彼らのギャラは、安い人だと、通訳で1日あたり8000~9000円程度。ドライバーも兼任だと、1日あたり1万7000円ほど。とはいえ、モンゴルの平均月収が日本円で4~5万円前後だということを考えると、かなり“オイシイ”バイトだったのではないでしょうか」

 だが、結局マスコミ各社は、帰国直後の現地で朝青龍を捕まえることができず、「ワイドショーや雑誌など、媒体によっては朝青龍の親族が所有するキャンプ地・ドリームランドを紹介するなど、モンゴルの観光案内程度の報道内容だった」(前出・週刊誌記者)という。そんなモンゴル観光雑誌に、地元メディアがひと役買ったとの見方もある。(続く)


⇒一方、日本で恩恵に与った企業とは?続きは明日発売の「サイゾー」11月号で!

【関連記事】 時津風部屋事件 憤る報道陣と困惑の父親
【関連記事】 スキャンダルを握り潰せ!芸能プロのマスコミ対策術と必要経費
【関連記事】 亀田大毅敗戦! 興毅は大丈夫?「実力の正体」に迫る(前編)

最終更新:2008/06/17 22:48

国策報道疑惑も噴出!? 朝青龍報道で儲けた人々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真