日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 史上初! 中国人監督が、日本のタブー“靖国神社”を撮ったワケ

史上初! 中国人監督が、日本のタブー“靖国神社”を撮ったワケ

20071215_yasukuni.jpg©2007 Dragon Films Inc. Beijing Film Academy’s
Youth Studio Beijing Zhongkun Film Inc

 アジア外交に多大な影響を与え続けている“靖国問題”。日本人ジャーナリストもうかつには手が出せない「靖国神社」が、在日中国人である李纓(リー・イン)監督の手でドキュメンタリー映画となった。

 映画『靖国』では物々しい中での小泉純一郎首相(2005年当時)の参拝姿、合祀取り下げを求めに来た台湾からの陳情団と神社側のやりとり、終戦60周年記念式典での「君が代」斉唱を妨害しようとした青年が取り抑えられる様子など、靖国神社内で起きる様々な出来事が赤裸々に映し出される。

20071215_yasukuni2.jpg『靖国』を完成させた、李纓監督

 その一方で、今なお「靖国刀」を作り続けている刀匠・刈谷直治さん(90歳)の静かな日常も伝えている。普段“靖国問題”に疎遠な輩には、いろいろと発見のある作品だ。08年春にロードショー公開の予定。

 12月11日、都内での試写終了後、李監督が来場して会見が行なわれた。李監督が「靖国神社」に興味を持った経緯について尋ねた。

「私が日本に来たのは、89年。その頃は“靖国問題”のことはほとんど知らず、靖国神社は花見や相撲が行なわれる場所という程度の認識でした。きっかけは97年に九段会館(東京)で行なわれた南京事件60年の記念シンポジウムでした。当時の日本軍が撮影した記録映画『南京』が上映されたのですが、日本軍が入場する場面で会場から拍手が起きたのに私は驚きました。日本人と中国人である私との歴史に対する認識のギャップはどこから生じているのか。そう自分自身に問い掛けたところ、“靖国神社”に関心を持つようになりました。以来、10年間ずっと靖国神社を撮り続けてきたんです」

 李監督は、決して“反日”の立場から映画を撮ったのではないと強調する。

「私は“反日”という言葉が大嫌いです。日中戦争の頃のようなナショナリズムを不必要にあおる危険な言葉ではないでしょうか。この映画がきっかけで、日本とアジアの国々がよりよいコミュニケーションを取れるようになればと思います。この作品は私から日本へ向けたラブレターなんです」

 日中共同製作、芸術文化振興基金と釜山国際映画祭アジアドキュメンタリーネットワーク基金の助成金によって完成した本作。日本での公開のほか、 08年のベルリン映画祭、サンダンス映画祭、香港映画祭への出品も決定している。1本の映画が多方面に大きな話題を呼びそうだ。
(長野辰次)

【関連記事】 広末涼子、ヌード解禁で濡れ場映画進行中!?
【関連記事】 欧州で“世界のキタノ”くらい有名な“無名”日本人監督って?
【関連記事】 オカルト好き女優・仲里依紗 大人の階段を上る途中
【関連記事】 『自虐の詩』映画化! ちゃぶ台返しに込めた作者の想い
【関連記事】 『大日本人』をめぐる芸能マスコミの調子者ぶり

最終更新:2008/06/27 21:45
こんな記事も読まれています

史上初! 中国人監督が、日本のタブー“靖国神社”を撮ったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真