日刊サイゾー トップ > 社会  > ついにポルノ解禁 専門家が語る北朝鮮の現代エロ事情(後編)

ついにポルノ解禁 専門家が語る北朝鮮の現代エロ事情(後編)

20080509_kitachousen2.jpgおっぱいポロリ寸前の決定的瞬間 !?
/『黄真伊』より

前編はこちら

ポルノ小説解禁はDVDへの対抗策!?

 ところで、北朝鮮の闇ルートでは、これまでポルノ小説は出回っていなかったのだろうか?

「金正日をはじめとした高官、あるいは一部のビジネスマンたちは、日本など海外から輸入したエロ本やAVを楽しんでいます。一方で、地下出版物のたぐいを除けば、庶民の手にポルノが渡るようなことはなかった。しかし最近では、韓国のポルノDVDが豆満江を通じて北朝鮮にどんどん入り始めていたんです」

 北朝鮮では、海外のポルノDVDやエロ本は「異色的録画物」「異色的出版物」と呼ばれる。資本主義国家の自由すぎる「異色的録画物」などが国内に広まっては、「国外ではこんなに自由なのか」と人民の不満が鬱積する。そこで北朝鮮は、自前のポルノ小説を公式に出版することにしたというのが鈴木氏の見解だ。

「『黄真伊』が北朝鮮で出版され、金正日が60歳の還暦を迎えたのが02年。父・金日成は94年に死去し、金正日体制になってから、恋愛小説や歌のたぐいは少しずつ出始めた。さらにポルノ小説を解禁すれば、人気取りにもなるし不満のガス抜きにもなる。つまり大衆操作のため、金正日時代ならではの性の解放をしようということでしょうね。ポルノ小説が出たのは、金日成から金正日に時代が移り変わった、ひとつの象徴でもあります」

 鈴木氏によれば、北朝鮮において、小説には非常に重要な意味合いがあるという。

「北朝鮮の作家は、小説を自由に書くことができないんですよ。彼らは超豪華なコンドミニアム(集合住宅)でVIP待遇を受け、恵まれた環境で小説を書いている。ただし、作家が書いた小説は全部細かく検閲され、最終的に金正日がゴーサインを出さなければ出版されません。ポルノ小説が公式に出されることについても、金正日が自ら決裁していることは間違いないでしょう」

 さらに、この作品は前述の通り、韓国にも影響を与えた。韓国の文壇は洪錫中に文学賞を授与し、ソウルのある出版社は、『黄真伊』に自前で作った華やかな表紙をつけて販売している。定価は1万9800ウォン(約2000円)。カラー挿絵などはわざわざ絵はがきにも加工され、お土産として3000ウォン(約300円)で売られている。さらに小説はドラマや映画にもリメイクされ、大変な人気を博した。

「韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は、北朝鮮に親和的でした。ですから02年に発表された『黄真伊』についても、スンナリ南で受け入れられたばかりか、映像化もされた。『黄真伊』は、北の対南工作の武器として使われているのです。ソウルのど真ん中にある出版社を通じ、『これだけ自由になった』という北からのメッセージが自然な形で南へ流れている。韓国は、北の対南工作に乗せられてしまったというわけです」

 ちなみに鈴木氏は、北朝鮮の超高級クラブに出かけたことがあるのだとか。平壌のはずれまで車で走り、ある政府関係者に連れられて行った先は「書斎閣」と呼ばれる建物だったそうだ。

「そこには、ピンクのチマ・チョゴリを着た若い女性が大勢いました。マッサージがあるとかそれ以上のサービスがあるとかいうことはないけれども、チマ・チョゴリ姿の美人と、歌ったり踊ったりできる。男性1人につき女性が2人ついてくれるんですけれども、これはたいしたもんでしたわ」

 そうした浮き世離れした高級料亭が平壌にあるのは、北朝鮮のポルノ小説に描かれているキーセン文化の名残ではないかと鈴木氏は見る。

「そういう場所は、政府幹部やVIPの遊び場でして、政治家なりビジネスマンなり、それなりのポストにある人が出入りしているのでしょうね。ただし、北朝鮮が社会主義国家であることを忘れてはならない。北朝鮮は昔から、女性も工作活動に使ってきました。平壌を訪れた外国人がお酒を飲んでボーっと油断していると、思わぬ落とし穴にハマってしまうかもしれませんよ(笑)」

 北朝鮮でのポルノ小説解禁は、決して自由への一歩ではないのだ。
(荒井香織/「サイゾー」5月号より)

[おまけ]これが北朝鮮初のポルノ小説のクライマックス部分だ!
「真伊は敬徳の手を自らの胸の中に押し入れた。道学者だとうぬぼれてはいても、こんなに豊かでやわらかい乳房をなでていると、ついに……。真伊は敬徳の腰を引きよせ、足をからませる。敬徳が真伊の体を開こうとすると、口からうめき声が……」

鈴木琢磨(すずき・たくま)
1959年生まれ。大阪外国語大学朝鮮語学科卒業。毎日新聞編集委員として、北朝鮮関連の鋭い分析記事を執筆。著書『テポドンを抱いた金正日』(文春新書)、『金正日と高英姫』(イースト・プレス)など。

【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制
【関連記事】 東村山市が大炎上!? “風俗”をめぐる過激バトル

最終更新:2014/03/03 15:56
こんな記事も読まれています

ついにポルノ解禁 専門家が語る北朝鮮の現代エロ事情(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真