日刊サイゾー トップ > 社会  > 地震がくるまであと5秒! 最先端の地震対策を消防庁が伝授

地震がくるまであと5秒! 最先端の地震対策を消防庁が伝授

jishinsoikuhou.jpg消防庁による緊急地震速報解説HP

 昨年10月1日からスタートした、気象庁による「緊急地震速報」が批判を浴びている。震源地で揺れを観測してから本格的な揺れが到達するまでの間に、対象範囲の住民に向けて、その地震の最大震度や大きな揺れの到達時刻を予測して知らせるこのシステム、画期的に見えるが、実際に使用されたケースでは失敗に終わってしまった。

 今年4月28日の沖縄県宮古島近海で発生したマグニチュード5.2の地震では、大きな揺れが市街地に到達した5秒後の発表になり、間に合わず。5月8日に茨城県沖で発生したマグニチュード6.7の地震では、推定最大震度も3から5弱へと上下し、結局一般向けに速報が出されたのは揺れの感知から約1分後。2度とも大きな揺れが始まってから速報が出るという間抜けなことになり、気象庁自らが「技術的な限界」という見解を発表。「税金の無駄遣い」などと批判が相次いだ。


 しかしそもそも、速報が間に合おうが間に合うまいが、震源地で揺れを観測してから大きな揺れが広がるまでのわずかな時間で、一体何ができるのか? 気象庁でも「緊急地震速報の限界」として「情報を発表してから大きな揺れが到達するまでの時間は長い場合でも十数秒~数十秒」としている。

 非常事態に十数秒の間でできることといえば、「机の下にもぐる」「調理中の火を消す」などがあがるだろうが、では、次のような非常事態には、はたしてどう対処するのが正しいのか。用を足している時や、セックスしている時など、もぐるべき机もなく、すぐに逃げられないような状態で「グラッ」ときたら……。我々はその数秒でどのように生き残りをはかるべきなのか!? 万一の事態に備えるべく、東京消防庁生活安全課に聞いてみた。

「まずはドアを開けるとかして、逃げ道の確保をしていただいて、体を丸めて頭をおさえるなどしていただいて……」

―便座の上でですか?

「はい。とにかく揺れている間はむやみにそこから動かないでください」

―パンツは履かなくていいんですか?

「あ、それはできれば履いていただきたいです」

―じゃあ、セックスしてる最中に地震が来たら、それはどうすればいいんですか?

「そうですね……布団をかぶっていただくとか……まあ、とにかく身の安全を図っていただくということで。ご自分の命あっての、その先の歩みですから……」

 「その先の歩み」って……。随分と壮大な話になってしまった。結論としては、「やたらと動かずに、頭を守って身の安全をはかれ」ということらしい。そんなことは小学校で習ったからよく分かっているし、オトナの地震対策を知りたかったんだけど……。だいいち、それだったら緊急地震速報があろうがなかろうが、一般人にはあまり関係ないんじゃないだろうか。せっかくの速報を生かすためにも、「備えあれば憂いなし」ということで、シチュエーション別地震対策マニュアルを作ってみてはいかがですか、気象庁さん!?

【関連記事】 男子用小便器は、本当に必要なのか?
【関連記事】 男子諸君に朗報? “冤罪”防止グッズ「携帯用吊り革」誕生!
【関連記事】 カルーセル麻紀姉も褒める髪型「お●んこ分け」って?

最終更新:2008/06/06 18:54
関連キーワード

地震がくるまであと5秒! 最先端の地震対策を消防庁が伝授のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真