日刊サイゾー トップ > 社会  > 無料版ワシントン・ポストに見習うべき日本のダメ新聞

無料版ワシントン・ポストに見習うべき日本のダメ新聞

ns_wpost.jpgビジネスマンは「エクスプレス」よりも、
「ワシントン・ポスト」を手に取っている

 アメリカでは、街角に新聞の自動販売機があるのは見慣れた風景。しかし、首都・ワシントンDCでは、世界的に有名な「ワシントン・ポスト」の自販機横に、同紙が2003年から発行している無料紙「エクスプレス」のラックが並んでいる光景を見かける。有料のワシントン・ポストの部数をむざむざ落としているようにも思われるが、在米経験の長い日本人ジャーナリストは、「ワシントン・ポストの部数に影響はない」と一笑に付す。

 というのも、両紙では読者層が異なるのだ。ワシントン・ポストは、政界関係者やビジネスマンが購読層だが、一方のエクスプレスは、一般労働者や主婦、学生など、新聞を積極的に読まない層が中心。内容も、前者は筆力のある専属記者が書いた長文記事が多いのに対し、後者はAP通信が配信した記事を短く掲載しているのみ。

「エクスプレスは、英語が苦手な私でも読みやすい(笑)。しかし、充実した情報を手に入れたい人は、50セントを出し、50ページを超えるワシントン・ポストを買うというわけです」(同)

 翻って日本では、無料紙の発行は皆無に近い。02年から無料紙「TOKYO HEADLINE」(ヘッドライン社)が発行されてはいるが、あまり知られておらず、追随の動きもない。だが、需要がないのではない。全国に張り巡らされた宅配システムを持つ大手紙の抵抗が強いことが、大きな要因なのだ。

「日本の宅配システムは、世界でも類を見ない仕組み。日本の新聞社はこの販売網によって巨大な企業体に成長したが、今では逆にその維持に汲々としている。販売網を損ないかねない無料の『TOKYO HEADLINE』に対しては、大手紙が共同通信と時事通信に圧力をかけて国内ニュースを配信しないようにするなど、妨害の動きもあった」(大手紙中堅幹部)

 また、日本の新聞は、記事の魅力の低さから、無料紙が発行されれば読者離れは不可避と見られる。米国では、全国の地方紙で筆力を鍛えた記者たちが、ワシントン・ポストなど世界的な影響力を持つ有力紙に移籍してくる。それらの記者が独自の視点で記事を執筆することで、他紙との明確な差別化を図っているのだ。一方日本の大手紙では、一括採用された社員記者が「客観報道」という名の下に書いた“金太郎飴”記事で紙面が埋め尽くされ魅力は低い。

「欧米紙では、有料紙の魅力を向上させるために量と内容の充実化を図っているが、日本では『高齢化した読者対策』と称して『デカ文字』なる活字の巨大化を図って情報量を減らすなど、ナンセンスなことばかりしている」(前出の日本人ジャーナリスト)

 日本の新聞業界の迷走は、いつまで続くのだろうか?
(千代田文也)

【関連記事】 「メガ文字」はクビ切り戦略? 紙面改革も、続く記者たちの受難
【関連記事】 読売新聞がジャーナリストを“言いがかり”で言論封殺
【関連記事】 もはや“虫の息”の時事通信にダメ押しする共同通信の狙い

最終更新:2008/06/06 18:54
関連キーワード

無料版ワシントン・ポストに見習うべき日本のダメ新聞のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(4)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 【「天涯...
写真