日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > いまこそ団結!?「超左翼マガジン ロスジェネ」は若者の味方です

いまこそ団結!?「超左翼マガジン ロスジェネ」は若者の味方です

losgene.jpg「超左翼マガジン ロスジェネ」
発行/ロスジェネ 発売/かもがわ出版

 「超左翼マガジン ロスジェネ」なる刺激的なタイトルの雑誌が創刊した。ロストジェネレーションとは、現在20代後半から30代半ばの人々。この世代に向けて直球勝負で作られた雑誌だ。「ロスジェネ」編集長・浅尾大輔氏は創刊の意図をこのように語る。

「私自身、全国労働組合総連合の専従者として、不当解雇やセクハラ、パワハラの相談で、パートや派遣の労働者と数多く接してきました。『自己責任』という言葉を負わされ、社会全体から責められているのが、今の若者たち。そんな状況を打ち破るためにも、雑誌を通して『リアルな言葉』を伝えたいんです」

asao.jpg編集長の浅尾大輔氏

 巻頭特集は「右と左は手を結べるか?」と題され、「『丸山眞男』をひっぱたきたい」(「論座」07年1月号/朝日新聞社)を発表し、一躍論壇で注目を浴びた赤木智弘氏と浅尾氏の対談や雨宮処凛氏の手記などが掲載されている。ただ、「超左翼」なるキャッチフレーズ、ある側面では誤解も受けるのでは?

「『超左翼』という言葉を使うことは、たしかに賭けですね。まあ、怒りによってパワーアップした『スーパーサイヤ人』みたいな感じで考えてもらえれば(笑)」

 最後に、雑誌の読みどころ、注目点を教えてください!

「現場感覚を持った人たちのリアルな言葉が集まっているところです。先々の展開としては、雑誌を通して現実の運動や政治に繋げていきたい、という思いもあります」

 右翼も左翼も、金持ちも貧乏も、みんなまとめて、「ロスジェネ」の今後に要注目!
(黄 慈権)

ロスジェネ 創刊号

赤木智弘氏と浅尾氏の対談に注目!

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

「超左翼マガジン ロスジェネ」
ワーキングプア、ひきこもり、下流、ニート、負け組……“レッテル貼り”によって先送りされてしまう、数々の問題に対して、言葉はいかに対抗できるのか。「編集長という立場にはなっていますが、あくまでも4人の編集委員の中の1人。ほかの3人が押し出してくれたからこそ、カタチになりました」と浅尾氏は語る。5月末刊行(年2回発行) 発行/ロスジェネ 発売/かもがわ出版 価格/1365円(税込)

あさお・だいすけ
1970年生まれ、作家。03年、小説「家畜の朝」で新潮新人賞を受賞。作家活動と並行して、労働組合の専従者として、若い組合員の労働相談に応じ団体交渉などに取り組んできた経験をもとに、青年労働者に連帯を呼びかけている。ブログ「My Last Fight」

【もっと見る】 サイゾーおすすめ本

最終更新:2008/06/06 18:54

いまこそ団結!?「超左翼マガジン ロスジェネ」は若者の味方ですのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、瓜田純士が夫婦名義で新曲を作った。タイトルは「...
写真