日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 学会員も親近感!? ”学会系”と噂の企業を直撃!(前編)

学会員も親近感!? ”学会系”と噂の企業を直撃!(前編)

soukahp.jpg創価学会の公式サイト「SOKAnet」

 ある報道によると、その総資産額は10兆円ともいわれる巨大宗教法人「創価学会」。公称827万世帯という信者からの寄付金のほか、聖教新聞の発行や墓苑事業などによって膨大な収益を上げている。また、創価大学や潮出版などの関連団体・外郭企業が多数存在し、もはや宗教団体というよりも巨大グループ企業というほうが近いだろう。

 そんな中、一般企業のなかにも”学会系”とまことしやかに噂される企業が存在する。ほとんど都市伝説のようなもので、真偽のほどはまったく不明なのだが、実際にどうなのか非常に気になるところである。というわけで、今回、学会系と噂される各企業に直接聞いてみることにしました!

 果たして、学会系企業などというものが本当に存在するのか? 気になる各企業の回答は、以下を参照ください。

bookoff.JPG

■『人間革命』を高値で買い取るらしい!?
ブックオフ

〈ウワサ&質問〉
中古本販売店ブックオフでは、「池田名誉会長の本を、丁重に扱わないと失礼だ!」ということなのか、彼の著書『人間革命』を高値で買い取ってくれるという、スゴイ噂が。また、店のイメージカラーが創価学会と同じ黄・青・赤ということも、そうした噂を後押ししているもよう。

〈お客様窓口の回答〉
オペレーターの女性が対応してくれたので、いきなり「御社は、創価学会系の企業なんですか?」と質問をしてみた。すると、「担当部署に確認してきます」と、ぶしつけな質問だったわりにやさしい応対。ところが戻ってくると、「関係ありません」とそっけない一言。どうやら、こうした問い合わせは少なく、受け答えのマニュアルもないようだった。

〈広報の回答〉
「弊社が創価学会と強い結びつきのある企業ということは、ネットなどで根拠のない噂として、私も聞いたことがあります。『どうしてそうした噂が飛び交うのか?』と不思議で、社内でも話し合ったことがありますが、いかんせん、噂のたぐいですので、こちらから『事実とは違います』と公に否定することもできないのが現状でして……。買い取りに関しましても、特に池田大作氏や創価学会の著書を買い取らなかったり、特別に高額で買い取るといった基準はありません」

daiso.JPG

■社名は、あのセンセイから来ているらしい!?
ダイソー

〈ウワサ&質問〉
100円ショップの代名詞であるダイソー。正式社名が「株式会社大創産業」であることから、「(池田)大作+創価(学会)」を略して「大創」になったに違いない! という笑い話のような噂が飛び交っている。これがもし本当だとしたら、正真正銘の学会系企業と言えそうだけど……。

〈お客様窓口の回答〉
ストレートに「御社は、創価学会系の企業なんでしょうか?」と電話をかけると、対応してくれた男性は即座に「噂でしかないです」と否定。どうやらこうした質問は頻繁にされているようで、戸惑うこともなく、非常にこなれた印象の返答だった。筆者以外にもこんなバカげた問い合わせをする一般人がいるのかと思うと、なんとも言えぬ気持ちに。

〈広報の回答〉
「弊社には、2万5000人を超える従業員・アルバイトが働いております。その中に、創価学会の信者の方はいるかもしれません。しかし、それはあくまでも個々の問題でして、弊社が特に創価学会を推しているということはありません。また、創価学会との特別なかかわりは、会社としてはありません。よく言われる社名の由来についても、『大きく創る』ことを目標にしたことから大創にしました。当然ながら、創価学会と弊社の社名に関連性はありません」

anrakutei.jpg

■店に貼られた公明党のポスターの意味は!?
安楽亭

〈ウワサ&質問〉
焼き肉チェーン店の安楽亭。都内の複数の店舗に、公明党候補のポスターが貼ってあることから、「公明党を熱心に支持してるなんて、まさか!?」といった具合に噂が浮上。それに尾ひれがついたのか、学会員たちの会合が日夜行われ、割引サービスがあるとかないとかいう説も。

〈お客様窓口の回答〉
電話口の担当者に学会との関連性を聞くと、かなり戸惑い気味なムードが漂いつつも、「各店舗の店長レベルでの判断だが、本部としては公明党に限らず、どこの政党のポスターも貼らないように指導している」と、もっともな回答。「もし、店長独自の判断で政党ポスターを貼っているような場合は、改善するように指導していく」とのこと。

〈広報の回答〉
まず対応してくれたのが、オペレーターさん。創価学会との関係について聞きたいと切り出すと、「私が知る限り(関係は)ありません」と即答。それでも、広報の部署につないでもらえることに。その担当者から話を聞こうとすると、「本当に違います」「むしろ……いや、関係はないです」と、かなり否定するのに必死な様子。どちらかというと、創価学会に否定的な感じだが、客商売を営んでいる手前、露骨には言葉にできない様子がうかがえた。気のせい?

(野中ツトム<清談社>・小川裕夫/文 後編へ続く

【関連記事】 関係者も苦笑 創価学会とスタジオジブリの意外な接点!
【関連記事】 レゲエシンガーH-MANがディスったアノ宗教団体
【関連記事】 “神に最も近い男”角川春樹 宇宙、宗教、映画を斬る!

最終更新:2009/03/02 17:21

学会員も親近感!? ”学会系”と噂の企業を直撃!(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真