日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > “和製ビヨンセ”渡辺直美 風俗過去全暴露の裏事情

“和製ビヨンセ”渡辺直美 風俗過去全暴露の裏事情

taguchi_komine.jpg『フラッシュ』(光文社)9月23日号

 「和製ビヨンセ」として人気のお笑い芸人・渡辺直美の過去が暴かれたが、その暴かれっぷりが話題になっている。「イメクラ嬢」だったという過去を暴いたのは、先週発売の写真週刊誌「フラッシュ」。芸能人がデビュー前にキャバクラなどに勤務していた過去は、つい先日明らかになった椿姫彩菜の例を持ち出すまでもなく、枚挙にいとまがない。ところが今回は、少しニュアンスが違う。

「イメクラ嬢もびっくりですが、誌面には渡辺が書いて店側に提出したプロフィールも掲載されているんです。そこには、ピンクサロン1カ月半、オッパイパブ2カ月という勤務歴まで記されているのです」(芸能記者)

 これに頭を抱えているのが、渡辺が所属する吉本興業。渡辺はフジテレビの看板番組『笑っていいとも!』のレギュラーアシスタント。フジ側は、主婦や子どもの視聴者が多い番組だけに、風俗嬢という経歴は無視できない。通常、レギュラーアシスタントは1年以上は継続するものだが、それよりも早い降板が検討されているとも。しかも、吉本興業は、記事が出る直前にフラッシュ編集部に交渉を打診。経歴の一部を出さないよう懇願するはずだったが……。

「約束の時間に渡辺の担当者は、フラッシュ編集部に現れなかったのです。ちゃんと対応していれば、すべての風俗嬢の過去がばらされることはなったのだと思いますが。これは、担当者のチョンボでしょう」(前出芸能記者)

 こうなったら、スキャンダルも芸にしてしまえるかどうか、渡辺の力量が試される。

キャバ嬢「給与明細」のヒミツ

芸人よりよっぽど稼げる?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 和製・ビヨンセ渡辺直美が同棲中!! お相手は……?
【関連記事】 黒柳徹子の「芸人潰し」は意図的だった!?
【関連記事】 『なるトモ!』降板の陣内智則が怯えるセクシータレント

最終更新:2018/12/10 19:27
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed