日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 政界激震!? 元空幕長・田母神俊雄が”すべて”を語る本

政界激震!? 元空幕長・田母神俊雄が”すべて”を語る本

tamogamibook.jpg『田母神塾―これが誇りある日本の教
科書だ』(双葉社)

 月刊「サイゾー」2月号にも登場し(記事参照)、その歯に衣着せぬ言動が話題になった前空幕長の田母神俊雄氏。そんな同氏の最新刊『田母神塾~これが誇りある日本の教科書だ~』(双葉社)が、政界、防衛省で波紋を呼んでいる。

 同書で田母神氏は、麻生首相をはじめ小沢一郎民主党代表、小泉純一郎元首相ら”現役政治家13人”が日本を悪くした当事者だと痛烈批判している。

「衆院選が近いと言われるこの時期に、こんな内幕本を出されてはと、自民党、民主党の関係者が本を買いに走っているようです。田母神氏は麻生首相については”漢字より日本史をまず勉強すべき”と酷評し、自らが防衛省を去るきっかけとなった麻生首相とのオフレコ話を初めて公開していると言いますよ」(永田町関係者)

 また、小沢代表に関しては”彼には総理大臣は務まらない”、小泉元首相に至っては”対米追従の政策をやり続け日本のアメリカ化を進めた。最も罪が重い”と、バッサリ斬り捨てているというのだ。

「このほか、中曽根、村山、宮沢ら歴代総理……、石破元防衛大臣など、大物政治家たちがいまの日本にいかに悪影響を与えたのかも書かれているそうですよ」(前同)

 さらにこれまで表に出ることがなかった自衛隊内での歴史教育の全貌、そして守屋前事務次官との大ゲンカなど防衛省の闇などを、田母神氏はこの本で初めて明かしている。

 永田町界隈では「田母神氏が右派政党である田母神新党を立ち上げるのではないか、と囁かれているんです」(自民党関係者)との噂も出始めているという。また本のタイトル通り、田母神氏には「田母神塾」という名の私塾を開く構想も浮上している。

「正しい歴史教育を若い人に植え付けようという思いがあるようだ。政界に進出しない場合は塾を開設し、政治家や官僚を育てる教育者になる気なのでしょう」(全国紙政治部記者)

 ”危険人物”田母神氏から、ますます目が離せなさそうだ。

田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ

明快な語り口。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 西松建設&キヤノン事件で狙われた大物政治家とは?
【関連記事】 内閣崩壊を招く、野田大臣「放火事件」のキーマンが死去
【関連記事】 「麻生邸逮捕事件」亀井静香、鈴木宗男からも「異議あり!」の声

最終更新:2009/03/04 19:00

政界激震!? 元空幕長・田母神俊雄が”すべて”を語る本のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真