日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 「みんな出てんの!?」KAT-TUN赤西仁が映画『ごくせん』に出られない裏事情

「みんな出てんの!?」KAT-TUN赤西仁が映画『ごくせん』に出られない裏事情

yankumi_akanishi.jpg映画『ごくせん THE MOVIE』公式サイト

 KAT-TUN亀梨がスクリーンデビューを果たす映画『ごくせん THE MOVIE』。1~3シリーズまで制作されたドラマ版は、イケメンの登竜門とも称され、メイン出演者がその後ブレイクしたことでも有名だが、そんななか、亀梨以外の卒業生メンバーの出演が発表され、大きな話題を呼んでいる。

 出演が決定したのは、第1シリーズから小栗旬、石垣佑磨、成宮寛貴、第2シリーズから速水もこみち、小池徹平、小出恵介という豪華メンバー。『ごくせん』ファイナルを飾るにふさわしい顔ぶれだが、第1シリーズでリーダー役を演じた松本潤、第2シリーズで亀梨とコンビを組んだ赤西仁は今のところ出演の予定がないという。

 18日に行われたKAT-TUNのコンサートでは、赤西が「気になってたんだけど(『ごくせん THE MOVIE』には)オレ以外、みんな出てんの?」などと不安げに問いかける一幕もあったというが、そんなこともあってか「ごくせんは沢田慎(松本の役名)なしに語れないのに!」「亀梨が出るなら仁も出なきゃ片手落ちじゃない?」と、キャスティングに不満を感じているファンも多いようだ。

「赤西は2010年に映画『BANDAGE』の公開が控えています。そこで”映画初出演・初主演”とすでにうたってしまっていますから、他の映画にはそれまで顔を出すことができないんでしょう。松本は単純にスケジュールの折り合いがつかなかったから……と言われていますが、中盤に顔を揃える程度なら、数日の撮影で済むはず。結局のところ、松本、赤西が出てしまえば、亀梨への注目度も自然と下がってしまうワケですから、ここはあえて亀梨に花を持たせたのかもしれませんね」(週刊誌記者)

 このほかにも亀梨は、木村拓哉主演のドラマ『Mr.BRAIN』(TBS)第3話にゲスト出演が決定している。ジャニーズ色が濃くなるのを嫌い、これまで木村のドラマには他ジャニを排してきたという噂もあるなか、驚きのキャスティングだったわけだが、これら話題作への”ゲスト出演”は、ドラマ『神の雫』(日本テレビ)で低視聴率男の烙印を押され「俳優生命も終わり」とまで言われてしまった亀梨への、事務所ができる最大限の”救済策”なのかもしれない。

 注目の映画は7月11日公開予定。まずは亀梨のスクリーンでの演技に注目だ。

ごくせん 2005 DVD-BOX

軍団長もがんばってます。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 大麻有罪の元テニス選手とKAT-TUN赤西仁の危ない関係
【関連記事】 「ハーフ美人と…」KAT-TUN赤西仁のプライベート写真が流出!?
【関連記事】 KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国、復帰までの空虚な6カ月

最終更新:2013/02/05 12:15

「みんな出てんの!?」KAT-TUN赤西仁が映画『ごくせん』に出られない裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真