日刊サイゾー トップ > 社会  > 新型インフルさえ政争の具にした舛添と麻生の”無責任茶番劇”

新型インフルさえ政争の具にした舛添と麻生の”無責任茶番劇”

masuzoesan.jpg国民に対して「冷静に」と繰り返しておき
ながら、一番騒いでいた人。おかげで、
次期首相候補として、株を上げることに。

「いいですか、冷静に聞いてください。では、発表します」

 充血した目をぱちくりさせながら、早朝や深夜に何度もテレビ画面に姿を現した舛添要一厚生労働相。日本中を震え上がらせた新型インフルエンザ対策の担当大臣とはいえ、その対応の過剰さは普通ではなかった。

 最初のピークは、5月1日午前1時すぎの会見。横浜市の男子高校生に簡易検査の陽性反応が出たときだ。

「厚労省職員によるブリーフィングを急きょ大臣会見に切り替え、麻生政権の尽力ぶりをアピールしたんです。しかも『横浜からの連絡が遅い!』と高飛車な発言まで飛び出す始末。ところが、第2段階の詳細検査の結果は陰性。国民の混乱をあおるだけの会見でした」(厚労省担当記者)

 しかも舛添大臣、会見のたびに「水際で食い止める」と強調。成田空港から一歩たりとも感染者を外へ出さない、と宣言したが、これが茶番だったのだ。

「5月8日に帰国したカナダ帰りの計4人が国内で確認された感染者第1号なんだけど、空港検疫所の検疫官たちが機内に入り込んで感染チェックまでしたのに、1人を管理ミスで空港内を歩かせてしまい、ウイルスをまき散らしてもおかしくない状況を生んでいたんだ」(大手紙社会部記者)

 それもそのはず。検疫を徹底するならば、旅客機1機につき最大10人近い検疫官が乗り込む必要があり、北米便だけでも毎日30便以上も到着するから必要人員はのべ300人。ところが、成田の検疫所には50人しかいないのだ。

「この機内検疫は大臣の鶴の一声でスタートしたんだけど、当初、検疫官たちは防護服を身に着けず、マスクもゴーグルも未装着という信じられない格好。新型インフルエンザは2メートル以内でせきをされただけでもうつる感染力があるから、こんな無防備な検疫官から2次感染する恐れがあったんだ。政府が語る水際対策なんて、お笑い草なんだよ」(社会部記者)

 こうした抜け穴だらけのインフルエンザ対策のせいで、5月16日以降、兵庫、大阪を中心に10人、100人、300人へとうなぎ上りの発症者数を記録、世界保健機関(WHO)も驚く世界第4位の感染国へと転落したのはご存じの通り。まさに麻生政権の失策の賜物だが、あの舛添会見でみられた政府の積極姿勢には、国民の安全確保とは別の、ある狙いがあったのだ。

「西松建設事件で地に落ちた小沢一郎代表が辞任し、世論の支持率が上がってきた民主党のイメージアップを阻止するために、兵庫で始まった爆発的発症を利用したんだ」(政治部デスク)

 順を追ってみていくと、5月15日深夜から16日未明にかけて「渡航歴のない高校生が発症の疑い」と神戸市が発表。人から人へ2次感染していることを示す国内初のケースで、体調不良も10人規模で出ており、当初から爆発的な発症をにおわせていた。16日早朝には詳細検査で陽性が出たため、神戸市や兵庫県は対策本部を設置、学校の休校などを矢継ぎ早に打ち出しているのに、舛添大臣は動かなかった。

 厚労省がようやく感染確認を発表したのは、正午直前。舛添大臣の会見は午後0時45分に設定された。これがとんでもないタイミングだったのだ。

「午後1時から、民主党の代表選をNHKが生中継するタイミングだったんだ。冒頭、鳩山と岡田が演説を行い、国民に民主党再生を訴える場面なんだが、政府は舛添会見をぶつけて生中継を本気でつぶそうとした。しかも政府は、代表選の投票が始まる午後2時にインフルエンザ対策本部の会合を開き、感染拡大防止に万全を期すなどというカラ文句をマスコミに発表。少しでも民主党の代表選報道を小さくしようとする姑息なやり方に、いいかげん頭にきたよ」(前出・政治部デスク)

 国民の健康まで政争の具にしてしまう麻生政権は、もはや末期症状というしかないだろう。
(文=編集部/「サイゾー」7月号より)

新型インフルエンザ上陸その時どうする?生き残りハンドブック

生き残りたい。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 女性皇族が抱えたモンダイと”確執”そして”諍い”の50年史
【関連記事】 崩壊寸前の森田県政とバッシングに拍車かける読売新聞の”裏の意図”
【関連記事】 不祥事続きで急所を握られた!? 朝日新聞「検察ベッタリ」報道の裏

最終更新:2009/06/22 11:00

新型インフルさえ政争の具にした舛添と麻生の”無責任茶番劇”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フワちゃんを真正面から受け止める黒柳徹子

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真