日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 高円寺でキモカワフィギュア”タカハシ”と出会う写真集『ボクノトモダチ』
【読者プレゼント付】

高円寺でキモカワフィギュア”タカハシ”と出会う写真集『ボクノトモダチ』

bokunotomodachi.jpg『ボクノトモダチ―KOENJI ANIMAL
STREET』カゼット出版

 1999年、「チョコエッグ」に入った海洋堂のフィギュアが一大ブームとなり、それまでどこかオタクっぽいところのあったフィギュアの世界は、一気に広まり、定着していった。あれから10年の時が経った現在、その世界は着々と進化を続けている。

 この「ボクノトモダチ」は、頭が犬で、胴体が人間という奇妙なフィギュア、23歳就職浪人の”タカハシ”が、カメラ片手に”コウエンジ”の”トモダチ”を紹介する、という一風変わったコンセプトの写真集だ。

 見開きのページ上部に写真、その下に”タカハシ”の眼から見た友人たちの紹介文といった構成で、”トモダチ”は皆、”タカハシ”と同じく動物頭の手作りフィギュア――ウマであったりカワウソであったりハクビシンであったり。表情は少しキモチワルイが、単純でないデザインがかわいらしくもある。各ページには年齢、職業、将来の夢、座右の銘が記載され、一人ひとりリアルな背景を持っている。本を読みながら鼻クソをほじるリスの”カミオカ”や、高校デビューのマンドリル”カキモト”など、キャラクターの個性がくっきりと描かれていて「あ、こんなやつ、いるいる」と思わずうなずいてしまう。カメラを持ち、メッシュキャップにウエストバッグを肩掛け、ジーンズは腰履きといった”タカハシ”のファッションも、いかにもその辺りにいそう。皆、ちょっと夢見がちな感じも”コウエンジ”という街らしさが出ている。

 この写真集に載っているフィギュアは、Tシャツの”たわみ”や洋服の着こなし、個々の体型など、細かいところまで丁寧に造り込まれ、長いこと見ていても飽きない。また、高円寺北口の純情商店街、アーケードのある南口のパル商店街と、”タカハシ”は実際の東京・高円寺の街を練り歩き、ファインダーにおさめ、それが”コウエンジ”を創り出す。古着屋の店先や、植木鉢の置いてある軒先など、写真集を眺めながらあたかも著者のおりなす”コウエンジ”の世界にいるような魅力にあふれている。

bokutomo001.jpg

 ”タカハシ”とその”トモダチ”の住むこの世界はどことなくユルい空気が流れ、アルバイトの者も多いが、その中でもなんとか現実を模索しようと懸命に生きている様子が窺える。「――今の僕はとてもふがいないけど、今の僕であるのは、僕一人だけの話じゃ終わらないのだ」という”タカハシ”の言葉は、現代の若者の等身大の姿であり、また著者のストレートな言葉なのだろう。現在、ぼくらは様々な人間の関係性の中で生きていることをしばしば忘れがちだが、この本には友人の大切さを再確認できるようなメッセージに富んでいる。高円寺という街特有の風俗も楽しい、暖かい写真集だ。
(文=平野遼)

bokutomo002.jpg

bokutomo003.jpg

ボクノトモダチ―KOENJI ANIMAL STREET

虚か実か。

amazon_associate_logo.jpg

●タカハシ・カオリ
フィギュア作家。1983年、東京都生まれ。15歳まで高円寺で育つ。武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒業。フィギュアイラストレーター・デハラユキノリ氏のアシスタントをしながらフリーで活動。「コウエンジアニマルストリート」などの個展を各地で開催している。
タカハシカオリ展「ホネ サピエンス」開催中
http://www.rocket-jp.com/exhibition/data/2009/post_1/

■プレゼントのお知らせ
日刊サイゾーより『ボクノトモダチ』を3名様にプレゼントさせていただきます。下記応募フォームよりご応募ください。なお、応募の締め切りは8月4日(金)23時59分、当選は商品の発送をもってかえさせていただきます。

★ご応募はこちらから★

【関連記事】 『エロスの原風景』江戸~昭和50年代の出版史──蘇るエロの記憶たち
【関連記事】 開港150周年を機に振り返る横浜の闇と伝説『消えた横浜娼婦たち』
【関連記事】 ニッポンの文化遺産!? ”かかし萌え”に目覚める写真集『カカシバイブル』

最終更新:2009/07/27 16:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

高円寺でキモカワフィギュア”タカハシ”と出会う写真集『ボクノトモダチ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真