日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > どぶろっくの「セクハラソング」に登場する”デスク谷本さん”は実在するか

どぶろっくの「セクハラソング」に登場する”デスク谷本さん”は実在するか

dbrock_blog.jpgどぶろっくオフィシャルブログ「どぶろっぐ」より

 もてない男のエロ妄想を、きれいなハーモニーで歌い上げるお笑いコンビ、どぶろっく。深夜番組で人気に火がつき、この春からは『エンタの神様』のエンディング担当の準レギュラー? として抜擢された。

 しかし、『エンタ』など幅広い層が見る番組では深夜のような直球のド下ネタはやるわけにいかず、「おばあちゃん」や「犬」など、柔らかめのネタを歌っている。そのジレンマについては、以前報じた通り(参照記事)。その反動ゆえなのか、最近深夜に見かけるどぶろっくのエロソングが、どんどん直接的で過激な妄想にシフトしている気がする。

 その妄想のターゲットにされているのは買い物先の店員だったり、バイト先の女の子だったりしていたのだが、『あらびき団』7月22日放送回で披露したターゲットはというと、

「今日は僕らの事務所、浅井企画のデスクの女の子に捧げる歌を聴いてください」

 と、所属事務所・浅井企画の「谷本さん」という社名含めた実名をあげたエロソングを歌い始めたのである。タイトルは、『オフィスで恋して』。

「♪谷本さん、谷本さん、事務所のデスク谷本さん」

 と歌い出し、

「デニムのミニスカ谷本さん」「胸元ざっくり」

 と続けられ、

「♪ブラジャーがぶかぶかで乳首がちらりほろり」

「♪真面目そうで でもやれそうで」

 と、セクハラソングがどんどんヒートアップ。そして、

「♪西日差し込む給湯室でしてみませんか? 君の流し台びしょびしょにしてみませんか?」

 直接「やらせてくれ」と言っちゃった。そしてとどめに、

「♪心配なんてしなくても相方が見張っているから」
 
 ネタ終わりに番組MC東野幸治が大笑いしながら、

「これ、テレビですよね?」

 と言っていたが、ほとんど犯行予告のようである。ネタでなくリアルに言ったら、ストーカー規制法とかに引っかかってしまいそう。

 それにしても、これまでネタにされてきた「なんとなくいそう」な妄想ターゲットではなく、今回は「浅井企画の谷本さん」という、限りなく実在の女性である。果たしてこの「谷本さん」、実在するのであろうか。また、実在するとしたならば、どんな気持ちなのだろうか。野暮な話ではあるが、浅井企画を直撃してみた。すると……

「実在するかしないかといえば、実在します。います」

 !! いた! 谷本さん!

「ただ、名前を含めて、若干変わってますけどモデルになった女の子は、確かにいます」

 ネタにするにあたり、多少設定をいじったりオーバーにデフォルメしたりしているわけだが、

「ホットパンツをはいていたり、イマ風の格好がよく似合う、若くてかわいいコですよ。その彼女を見て、妄想をふくらませたんですね」

 とのこと。とはいえ、ネタのモデルにされてあんなことやこんなことを妄想の中でされてしまうのは、どうなんだろうか。

「それが、本人が、どぶろっくのファンなんです」

 むしろ「光栄」といっていいのか。

「いちおう、本人に、『曲作ってもいいですか?』とお伺いはたてたようなのですが」

 律儀なエロソング芸人なのである。こうなると、「谷本さん(仮名)」ご本人にお目にかかってみたい、コメントしてもらいたいと思うのだが、そこについては、「『”ノーコメント”でお願いします』とのことです」 と、奥ゆかしくお断りされてしまった。残念。

 なんだかUMA(未確認動物)みたいな扱いになってしまったが、確かに実在した「谷本さん(仮名)」。彼女はいったいどんなルックスで、どんなプロポーションなのか。歌にしたくなる魅力が溢れていることは間違いない。今度はこっちの妄想が、ふくらんでくる。
(文=太田サトル)

あらびき団 第1回本公演

谷本さん(仮名)を見つけたらサイゾー編集部まで!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 『あらびき団』を席巻する”パクリ芸”海外漫談 元祖アイヒマンの本音は!?
【関連記事】 「それは、ネタじゃない」”あらびき芸人”の苦悩と野望
【関連記事】 『レッドカーペット』から誕生したシンデレラ芸人の夢とは

最終更新:2018/12/10 19:23

どぶろっくの「セクハラソング」に登場する”デスク谷本さん”は実在するかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真