日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 執拗に襲いかかる老婆から逃げ切れるか!? 痛快サスペンスホラー『スペル』

執拗に襲いかかる老婆から逃げ切れるか!? 痛快サスペンスホラー『スペル』

sub1_large.jpg(C)2009 Curse Productions LLC. All Rights Reserved

 映画界では、秋らしく恋愛モノや重厚な人間ドラマが市場に増えてきたが、そんなどことなく落ち着いた空気に強烈なパンチをかます、1本の痛快サスペンスホラーが11月6日から公開される。『スパイダーマン』シリーズで知られるサム・ライミ監督の最新作『スペル』だ。

 物語の主人公は銀行のローンデスクで働くOL、クリスティン(アリソン・ローマン)。同僚と昇進をめぐってライバル関係にあった彼女は、支店長に仕事のできるところをアピールするため、顧客の老婆ガーナッシュが嘆願する不動産ローンの延長を、心の中では彼女に同情しながらもきっぱりと断る。すると老婆は態度を豹変させ、クリスティンに襲いかかろうとする。警備員が老婆を取り押さえ、その場はなんとか無事に済むが、老婆の執念はそんなことでは収まらない。その夜、帰宅しようとしたクリスティンを人気のない駐車場で襲い、呪詛の言葉を吐きかける。その日から、クリスティンの周囲には次々と恐ろしい出来事が巻き起こり、彼女はなんとかその呪いを解こうとするのだが……。

 サム・ライミ監督といえば、『スパイダーマン』シリーズの世界的大ヒットで一躍ハリウッドのトップ監督の座についたが、もともとは『死霊のはらわた』『ダークマン』といったホラー色の強い作品でカルト的人気を誇った監督。そんなライミ監督が『スパイダーマン』という大作の3部作を終え(そろそろ『スパイダーマン4』の準備も始まっているようだが)、小粒ながらも自らの”原点”ともいえるジャンルに回帰したのが『スペル』なのだ。

 近年は『ソウ』や『ホステル』といった、リアルに痛い描写が満載のホラー映画も流行しているが、そうした残虐描写はないので苦手な人でも大丈夫。基本は主人公が暗闇で突然襲われるといったような古典的手法で驚かせるのが中心で、さしずめお化け屋敷感覚。99分間の上映時間の間、一難去ってまた一難という主人公の状況に、一緒にハラハラドキドキできる。ぜひとも映画館という暗闇の中で、大画面と大音響で体験し、ビックリドッキリしてほしい作品だ。

 クリスティンに呪いをかける老婆ガーナッシュの存在もある意味必見。銀行で、駐車場で、そして自宅でクリスティンに執拗に襲いかかる彼女は、よぼよぼの外見からは想像できない壮絶アクションぶりを見せつける。クリスティンとの取っ組み合いでは、思わず入れ歯や目玉も飛び出すほどの激しさで強烈極まりなく、ホラーと笑いは紙一重というのはまさにこのこと。老婆の突然の襲撃に一瞬ビックリしたあと、次は「ありえねー」という笑いすら起こる。

 遊園地に出かけて自分の足で歩いてお化け屋敷を体験するのも楽しいが、近所のシネコンで座って観ているだけで楽しめるアトラクションと考えれば、なかなか面白い。驚かされるのが平気で、ユーモアを理解できる人と一緒に見れば、さらに盛り上がること請け合いだ。
(文=eiga.com編集部・浅香義明)

『スペル』
<http://eiga.com/movie/54661>

死霊のはらわた

スプラッター・ブームの火つけ役

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「日本ならではの3Dを目指した」『呪怨』の清水崇が長編3Dに挑む『戦慄迷宮3D』
【関連記事】 必見は女性陣の艶演!『呪怨 黒い少女』
【関連記事】 アジアの恐怖が絡み合う!『シルク』

最終更新:2009/10/31 15:00
こんな記事も読まれています

執拗に襲いかかる老婆から逃げ切れるか!? 痛快サスペンスホラー『スペル』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真