日刊サイゾー トップ > 社会  > 言論の自由を守る!? 総務省主導の「日本型FCC」構想は機能するか
"噂の女"神林広恵のナイショの一説

言論の自由を守る!? 総務省主導の「日本型FCC」構想は機能するか

kokkai1106.jpg鳩山首相による”友愛”の押し売りが始まった
国会議事堂。

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 発足から2カ月、なんだか蛇行を続けているかに見える民主党政権だが、その中でも気になる新組織案がある。

 それが原口一博総務相が打ち上げた「日本型FCC」構想だ。

 これはアメリカの米連邦通信委員会(FCC)をモデルに、日本でも「表現・報道の自由」を守るため、権力側を監視する機関「通信・放送委員会」を設立しようというものだ。

 原口総務相は、「民主党は表現の自由を守る側だ」として、これまでの自民党政権による放送局への圧力や総務省による行政指導、さらには戦前の大本営まで持ち出し、「政治的権力が表現や報道の自由を侵害しないためのチェック機能」であり、報道に対する規制ではないと強調する。

 しかし、この原口構想に対し、疑問を呈する声は大きい。

「そもそも放送界は自身で放送倫理・番組向上委員会(BPO)を持っています。これは権力に介入されないための自主防衛機関でもある。にもかかわらず、総務省の外郭組織を作るということです。いかに国=権力側が『言論の自由を守る』『権力の介入をチェックする』といっても、その権力側が作る組織なのですから、弊害や萎縮効果こそあれ、言論にとって有益なことなどない。そもそも、こうした問題は権力が介入することではない」(放送ジャーナリスト)

 委員会にしても公選で学者やジャーナリストなど国民の代表で、というが、これもしょせん国(権力)が作るシステムだ。

「放送界でも、『総務省の他に、巨大な外郭行政組織を作るのか』といった声が上がっています。アメリカの年次報告書に、日本もFCCをとの要望があり、在日米軍問題を抱える民主党が、対アメリカ向けにより簡単なそれに飛びついたという見方もある」(前出ジャーナリスト)

 もっともな意見ではある。しかし、その放送界にもまた自主規制能力を疑う情報も。

「昨年からの大不況でテレビ局はCMが入らず、テレビ朝日は平成22年3月期第2四半期決算の売上高が前年同期比で216億円もマイナスになった。こうした状況の下、各局でまたぞろ、オカルト番組を画策しているんです。テレ朝では『オーラの泉』を12月から再びレギュラー番組にするようですが、注目されているのが女芸人の友近の母親。その筋では有名な霊能者らしく、第二の細木数子、宜保愛子との呼び声も高いらしい」(テレビ局関係者)

 こんな調子では、権力に介入されても仕方ないかも。

カルトの泉~オカルトと猟奇事件~

こんな時代だから

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 いきなりの公約破りにネットで批判続出! 民主党が”脱・記者クラブ”を反古に
【関連記事】 TBS青木裕子アナ大失言! 中川元大臣死去のニュースに「注目しないで!」
【関連記事】 過熱する『オーラの泉』批判、ゴールデン進出は失敗!?

最終更新:2009/11/06 18:35

言論の自由を守る!? 総務省主導の「日本型FCC」構想は機能するかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真