日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「泳がなかったら死んでしまう!?」キケン過ぎて旅情ゼロの温泉旅DVD『前人未湯』

「泳がなかったら死んでしまう!?」キケン過ぎて旅情ゼロの温泉旅DVD『前人未湯』

onsen_jk.jpg『前人未湯 VOL.6 』アルバトロス

 温泉と言えば、きれいな湯船でゆったり極楽気分を味わうために入るもの。

 けれど、そんな一般市民の考えを覆し、ガスマスクを持参して命がけで源泉を探し求める”源泉ハンター”ことフリーカメラマンの大原利雄氏が、映像プロデューサー西秀一郎と訪れる、究極の秘湯めぐりDVD第2弾が発売された。

大原氏 「何かね、このシリーズ始まって(一緒に温泉に)一回も入ったことないですよ」
西氏 「何せ湯冷めしますしね」
大原氏 「そうですね、汚れますしね」
西氏 「汚れますしね、ええ」
大原氏・西氏 「汚れる!?」

 このシリーズに登場する温泉はあまりにもワイルドで、肩までお湯に浸かることもできず、泥にまみれるため、プロデューサーは「撮影に専念する」という建前のもと入浴を拒否。およそリゾートとは言いがたい、日本各地の温泉を訪れる。

 第1弾のVOL.1~VOL.3では、硫化水素ガスの刺激臭が立ち込め、立ち入り禁止の源泉地帯へ挑む「デンジャラス編」、なぜこんなところに湯船が!? と首をひねる、下流の小さな滝の下にひっそりと湯船が存在する「ミステリー編」、標高2,100mの道なき道をかきわけ、切り立つ崖を這い上がり、日本一遠く、日本一行きにくい温泉として知られる「天国に一番近い編」を収録している。

「温泉はね、戦いですから」

 そんな迷言を残して挑む第2弾。VOL.4~VOL.6は、流れの激しい川、山の崩落に行く手を阻まれ、修行僧でも行かない滝壺の温泉「激流編」、一歩間違えると大やけどの噴煙を上げる火口湖にある「火口編」、そして海中に源泉を持つ「海中温泉編」の3シリーズ。

 今回は、初めての海の源泉を探しに行く、というVOL.6″海中温泉編”の内容を紹介したい。

 目指す温泉は、都心から高速船で約3時間、式根島の御釜(おかま)海中温泉。この”海中温泉”とは、大原氏が初めてマスコミに紹介して、人気が高まった全国的にも珍しい海の中で湧く温泉だ。

 1日目は、地鉈(じなた)温泉、足付(あしつき)温泉と、ガイドブックにも掲載されている海中温泉にゆったりと浸かり、おじさん二人が釣りを楽しむ平和な映像も流れる。

jinata_onsen2.JPG地鉈温泉

 2日目、ここからが本番。目的地である御釜海中温泉を目指す。

 その場所とは、御釜湾の海。地上からは辿りつけないので、船をチャーターし、海側から崖下にアプローチをする。

 「一番お金がかかったロケ」とプロデューサーが愚痴をこぼす、わざわざ誰も行かないし行けない温泉へと船をチャーターして出発。御釜海中温泉の第1発見者という船長の早川英克さんに舵を取ってもらう。

 源泉に近づくと確かに湯気が立っているものの、この日は波が強く、激しいうねりが。早川さんに、「無理だよ、無理だよ」「どのくらいの危険か分かってないよ、あんたら」「海をなめたらダメだよ」と怒られつつも、大原氏は意を決し、ボコボコと泡が出ている海へダイブ。

kaichu_onsen.JPG御釜海中温泉

「ああ、いいお湯だ! いいお湯」
「ただねえ、泳がなかったら死んでしまいますよ!」

 こんな無茶な挑戦を家でコタツに入り、お菓子でも食べて笑いながら観たい。小さな悩みごとなど、吹き飛ばしてくれるハズ!?
(文=上浦未来)

大原 利雄(おおはら・としお)
1965年生まれ。兵庫県出身。光文社「FLASH」創刊メンバーにカメラマンとして参加。以後、”源泉ハンター”として、日本中の温泉を行脚中。著書に『誰も行けない温泉前人未湯 』(小学館)『誰も行けない温泉最後の聖泉 』(同)など。

『前人未湯 VOL.6 』
道なき道をかきわけて、切り立つ崖を這い上がる。ある時は、降りしきる雨や強風、自然の猛威と戦い、ある時は、クマの影に怯え、火山性有毒ガスの危険とも戦いながら、男たちはひたすら歩き続ける。 山を登り、谷を下って命がけで訪れた日本各地の温泉を紹介する温泉DVD。VOL.1~5も好評発売中。

発売元:アルバトロス/ディスクベリー・ドット・コム
税込価格:2,940円
(C) ALBATROS CO.LTD.,All Rights Reserved/DISCBERRY.COM All Rights
Reserved  

前人未湯 VOL.6 海中温泉編

オヤジの飽くなき挑戦

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 これが本当の”昭和の香り”「ノッポさんと行く昭和のスキマ探訪」
【関連記事】 鉄道模型ジオラマの醍醐味を網羅したDVD『鉄道模型ジオラマの世界』
【関連記事】 合掌造りの村に突如現れる”超B級”駄洒落スポット『かえる神社』

最終更新:2010/02/12 11:13
関連キーワード

「泳がなかったら死んでしまう!?」キケン過ぎて旅情ゼロの温泉旅DVD『前人未湯』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真