日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 辛酸なめ子『セレブマニア』に”下流社会”の深淵を見ちゃった……!?
アイドル小明の緊急ブックレビュー!

辛酸なめ子『セレブマニア』に”下流社会”の深淵を見ちゃった……!?

celeb_obi.jpg『Celeb Mania』ぶんか社

 辛酸なめ子先生の新刊が出ましたよ!『本当にあった笑える話』(ぶんか社)で連載していた漫画をまとめたもので、その時期に話題だったセレブのことや社会現象をテーマに、皮肉と愛をみっちり詰め込んだ情報量の多い漫画です。なめ子先生は細木数子や矢口真理、ダイアナ妃やマイケル・ジャクソン、果てにはパンダまで、いろんなセレブや芸能人や動物について描くんですけれど、どれも思考回路がなめ子的になっていて……。ダイアナ妃が霊となって下界に降り立ち、寝ているKミラ(チャールズ皇太子の現妻のカミラ)に「Kミラ寝顔ヤバーい」とほくそ笑んだり、性的虐待疑惑をかけられたマイケルが「どうしてみんな僕を誤解するんだろう、ケツアゴがいやらしいから?」と悩んだり……。「本人絶対そんなこと言わない!」と突っ込んだ方が負けな空気に耐えながら頑張って読みきってください。

 中でも何度も出てくるのが格差社会についてです。下流社会に生きる女性が神田うのの自慢気なセレブ感に打ちのめされ、自殺しようとしたところを丹波哲郎に止められ、「霊界にはもっとひどい格差がある。今は下流でも頑張れば霊界では上流になれるかも」と悟される場面には目から鱗が落ちました。

 私も今まで何度も「もう来世で頑張ろう」と思って現世を消化してきたのに、来世の前に霊界で足止めを喰らうなんて想定外です。現世とか来世とか霊界とか守護霊とか、そういうスピリチュアル的なことにはあまり興味がなく、むしろ実姉が「山で地震を止めているイタコに会いに行ってくる」と言って、何故かファイヤーダンスを習得して帰ってくる意味不明なスピリチュアル狂になってからは軽く恐怖を感じていたんですが、丹波が言うなら話は別です。これからは死後の世界も視野に入れて、売れなくっても仕事なくてお金なくっても結婚が出来なくっても2ちゃんねるで叩かれても、気にせず耐え忍び、明るくポジティブに生きる……と思ったけど……はぁ。人生、長過ぎ。

 先日、久しぶりに2ちゃんねるの自分のスレッドを見たら「くさい」と叩かれていて、思わずファブリーズを飲み込んで死のうと思った私には、そこまで耐え忍べる自信がありません。私、そんなにくさくないはずですが、死んだら腐臭で本当にくさいことになってしまうし、それは避けたい……。

 明るく生きるためには、まずこのネガティブすぎてジメジメした、気にしいな性格を改善しなければいけません。以前、自分の本の発売イベントの際に、恐れながらなめ子先生にトークゲストのお相手になっていただき、同じ女子高出身で青春時代に男子に良い思い出がない(池松江美の名義で出版された『男性不信』(太田出版)にひどく共感して舞い上がった)仲間として、ジメジメした後ろ向きな乙女トークがしたいな、と思ったら、なめ子先生はもうネガティブは卒業されていて……。

「ポジティブになるにはどうすれば良いんでしょうか」

 と相談したところ、先生は

「ブリトニー・スピアーズとか、そういう音楽を聴くと良いですよ」

 とおっしゃいました。アメリカンドリームを体現している彼女たちの音楽を聴くことによって、自然とアッパーな気分になれるんだそう。確かに、海外セレブはハメ撮りが流出しても30秒くらいで持ち直すし、捕まったりしてもノーダメージだし、さんざん付きまとわれたパパラッチと付き合っちゃったり、落ち込み知らずで羨ましいです。と言っても現世でそうなるのは難しそうなので、現世はブリトニーを聴いてアッパーにやり過ごすとし、目指すは霊界からの上流入り、スピリチュアルセレブです!

 まずはブリトニーを歌いながらトイレの掃除(風水的に良いんだそうです)から始めなければ……と思ったけれど、気づけばトイレに積んである漫画を再び熟読してしまい、「やっぱり『銭ゲバ』はおもしろいな!」とやり遂げた気持ちになって何もせずに出てきてしまいました。まいっか、私はまだ本気出してないだけ! 私の人生は死んでから本番! 今はまだ擬似本番!
(文=小明)

akari0220.jpg
小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。現在サイゾー誌上、および日刊サイゾー上で「小明の『大人よ、教えて!』”逆”人生相談」連載中。また初著『アイドル墜落日記』(洋泉社)、DVD『小明の感じる仏像』(エースデュース)も好評発売中。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/

Celeb Mania

なめ子的セレブ世界

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 アイドル小明と行く、サブカル魔窟『中野ブロードウェイ』
【関連記事】 伊集院光さんの至言「結局、うんこを食うしかない状況になるんです」
【関連記事】 福本伸行さんの至言「俺は『面白いものを作ろう』じゃなくて、作れちゃう」

最終更新:2010/02/22 10:45

辛酸なめ子『セレブマニア』に”下流社会”の深淵を見ちゃった……!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

近藤真彦、芸能界から消えていく?

 4月いっぱいでジャニーズ事務所を電撃退所し...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真