日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > インタビュー集『オウムを生きて』の編者、特別寄稿「麻原を信仰した者は”加害者なのか”」
当事者が語るオウム事件の真相【1】

インタビュー集『オウムを生きて』の編者、特別寄稿「麻原を信仰した者は”加害者なのか”」

1004_3rd_sarin.jpgアーレフ公式HPより

 日本中を震撼させた地下鉄サリン事件から15年。被害者が今も苦しみを抱えている一方、当時、オウム真理教に身を置いていた一般信者たちは、どのような月日を送ってきたのか? このたび刊行された『オウムを生きて』(青木由美子・編/小社刊)は、元信者たちと麻原彰晃の四女ら計7人にインタビューし、彼らにとっての「オウム」や「事件後の人生」などを詳細に聞き取った貴重な資料だ。そこから見えてくるのは、彼らが決して特別な存在ではないという真実だった──。

『1Q84』(新潮社)の執筆にまつわるインタビューで、村上春樹氏はこう語っている。

──事件への憤りは消えないが、地下鉄サリン事件で一番多い8人を殺し逃亡した、林泰男死刑囚のことをもっと多く知りたいと思った。彼はふとした成り行きでオウムに入って、洗脳を受け殺人を犯した。日本の量刑、遺族の怒りや悲しみを考えれば死刑は妥当なのだろうと思うが、基本的に僕は死刑制度に反対だし、判決が出た時は重苦しい気持ちだった。ごく普通の、犯罪者性人格でもない人間がいろんな流れのままに重い罪を犯し、気がついたときにはいつ命が奪われるかわからない死刑囚になっていた──そんな月の裏側に一人残されていたような恐怖を自分のことのように想像しながら、その状況の意味を何年も考え続けた。それがこの物語の出発点になった。(読売新聞/2009年6月16日付より引用)

最終更新:2010/04/12 10:00

インタビュー集『オウムを生きて』の編者、特別寄稿「麻原を信仰した者は”加害者なのか”」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という日本橋三越本店の2019年新春福袋企画を...
写真