日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 『THE OUTSIDER第11戦』血塗られた拳と拳──男たちの魂の叫びを聴け!!
今回もヤバイ奴らが勢ぞろい!

『THE OUTSIDER第11戦』血塗られた拳と拳──男たちの魂の叫びを聴け!!

os11_01.jpg60-65トーナメント・ベスト4の4人。中央の前田日明を挟んで
左から幕大輔、和田周作、渡辺竜也、渋谷莉孔

 4強、出揃う! 新星、現る!──前田日明主催の不良系格闘技イベント『THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)』第11戦が3日、東京・ディファ有明で開催された。優勝賞金100万円をかけて争われる注目の60-65kg級トーナメントでは、渋谷莉孔、渡辺竜也、和田周作、幕大輔の4名が1・2回戦を勝ち上がり、6月開催の決勝ラウンドへと駒を進めた。また恒例のシングルマッチでは、埼玉のカリスマ不良、格闘マニアの漫画家など個性的なニューフェイスが鮮烈なデビューを果たし、会場を大いに沸かせた。各試合の詳細は多媒体にお任せして、日刊サイゾーでは今回も、気になる選手の舞台裏での言動をレポート!

os11_02.jpg

“リアル刃牙”
渋谷莉孔(東京・24歳)

 ”リアル刃牙”がド根性を見せた。60-65kg級トーナメントの2回戦。レスリング歴13年の茂木浩明(群馬・30歳)に寝技でねちっこく攻め込まれ、劣勢に追い込まれた渋谷だが、終盤から打撃のラッシュで猛反撃。逆転のKO勝ちを収めた。

 試合直後に控え室でインタビュー。

──押されていたが、よくぞあそこから盛り返しましたね。

「作戦……って言ったらいいんですか?(笑)。1回戦も2回戦も全然力を出せなかったし、ヤバいなって思う場面もあったけど、普段練習してる仲間のほうが強いから、勝てるかもしれないと、戦いながらずっと思ってました」

os11_03.jpg2回戦、茂木に攻め込まれる渋谷

──2回戦は、ハイキック一発で形勢逆転。

「いっつも当たるんですよね、あれ。ロー蹴っといてから、ハイキック。そのあとのパンチも、倒せるパンチを怖い人たちから教わったんで。相手に打たせてから打つっていう。僕はカウンタータイプなんで」

──あと2回勝てば100万円。

「100万じゃあ、なんもできないっすよ。セコンドの人たちに恩返ししなくちゃいけないし。まあでも、引き分けた選手とか負けた選手の立場がないから、優勝目指して頑張らないと」

 ここで控え室のモニターが、渡辺竜也(静岡・21歳)のKO勝利を告げる。次の対戦相手は渡辺に決定だ。

「やっぱり渡辺竜也かー。最初から彼が来ると思ってましたよ。強いですよ、彼は」

 渡辺は強烈な右ストレートを武器に、優勝候補の秋山翼(山口・26歳)、松岡洋平(静岡・30歳)を連続撃破した急成長株。準決勝は激しい打撃戦になりそうだ。

os11_04.jpgノーモーションの左ハイから、一気に攻め落とした

os11_05.jpg

“横浜義道会初代総長 濱の狂犬”
黒石高大(神奈川・23歳)

 60-65kg級トーナメントの1回戦は突破するも、2回戦で和田周作(福岡・28歳)に敗北。「あ~、最悪! このトーナメントで全部取り返そうと思ったのに!」と叫びながらバックステージに引き上げてきた人気者の黒石。敗戦のショックから「格闘技をやめる」的なことを口走ったらしく、「応援してる人いっぱいいるんだから、簡単にそんなこと言うな!」と先輩に怒鳴られる一幕も。

 さらには、親友のアウトサイダー、武井勇輝からも説教を食らう。

「1ラウンド途中、絶対パウンドでTKO取れたのに、あそこでサイドにいっただろ? 男・黒石高大はパンチで決めんだろ? 格闘家にかぶれたんだよお前!」

 「かぶれたー!」と叫び、天を仰いだ黒石。敗れた上に叱られて踏んだり蹴ったりだったが、ひとつだけ、いいこともあった。客席とバックステージを仕切る暗幕の隙間から、女性ファンが何か(プレゼント?)を投げ込みながら、天使のような優しい声でこう囁いたのだ。

「おつかれさま。やめないでね。地元一緒なの。応援してるよ。頑張ってね。愛してるよ」

 こんなことを言われたら、やめたくたってやめられないはず。男・黒石の再起を待とう。

os11_06.jpg1回戦はカウンター一閃でKO勝ち。狂犬は
確実に進化している。

os11_07.jpg

“埼玉白岡町の若き長 全身凶器”
齊藤龍正(埼玉・21歳)

「アイツの喧嘩はいつもパンチ一発で決まる。天性の強さだと思う」と、地元・白岡の仲間は齊藤を評する。その「ワンパンチKO伝説」を観衆が見守るリングの上で証明してみせるとは、たいしたものだ。初参戦のシングルマッチを、わずか4秒で終わらせた齊藤を直撃!

──あっという間のワンパンチKO。手応えは十分?

「はい。まったく緊張もしませんでした」

──アウトサイダーに出場しようと思った動機は?

「カネです。人を殴ってカネをもらえるから。自分が負けたら白岡の名が汚れるのに、勝手に出てしまった。だけど兄貴たちが応援してくれたので、勝てて本当によかったです」

os11_09.jpgサイゾー賞を進呈!

──プロフィール写真は金髪オールバックのヤンキースタイルでしたが、見た目の印象がだいぶ変わりましたね。

「やっぱ中身だと。人間、見た目よりも中身が大事ですから」

──ということは、中身は今も恐ろしい?

「たいしたことないっす」

──地元・白岡ではどんな活動を?

「愚連隊のトップをやってます。兄貴たちの伝統を守っていくだけです」

──尊敬する人は?

「先輩たちです」

 口数が少なく、シャイな印象。色白で髪が長いため、YOSHIKIのような繊細な雰囲気も漂う。そんな齊藤のことを地元の先輩は「白岡じゃ、誰もが認めるアタマです。強いんだけど、自分からは喧嘩売らない男。すごい謙虚で、先輩を立てることも知っている。後輩のカガミですね」と絶賛する。

 今後のアウトサイダー参戦は「考えてない」という齊藤だが、まだまだ底を見せていないため、これで見納めというのは惜しすぎる。継続参戦に期待して、サイゾー賞を贈呈だ!

os11_08.jpg絵に描いたような秒殺KO劇に会場も痺れた。

os11_10.jpg

“バトル漫画家ファイター”
一文字蛍(神奈川・30歳)

 秒殺する者もいれば、秒殺される者もいる。シングルマッチに初エントリーした漫画家の一文字。赤いマフラーを颯爽と放り投げ、特撮ヒーローのような大見栄を切って参上したが、ゴングが鳴った5秒後に、ダウンを食らってKO負け。無念極まる敗戦インタビューを聞け!

──登場シーンが最高でした。

「そうですか? 悔しいなぁ。だったら勝ちたかったなぁ……。2秒で跳ね起きましたよボク! 2秒で跳ね起きたのにぃ……、2秒ですよ!!!!」

──まだまだやれた?

「何度も言いますけど、ボクは2秒で跳ね起きましたよ! 効いてませんもん! しかし、セコンドの彼はボクにこう言いました。『食らったお前が悪いんだ』と。普通セコンドって、選手をいたわるもんでしょ? 『ラッキーパンチだ、気にするな』とかって。なのに彼は、『食らったお前が悪いんだ』としか言ってくれない! でも、その通りっ! ボクが悪いですよ! 5秒で倒れたボクが悪いんですよ!!!」

──なぜアウトサイダーに出ようと思ったのでしょう?

os11_11.jpg思い切りのいいローで先手を取った一文字
だったが……

「DVDで見て格好よかったんで、あ、出たいと思って、付け焼き刃でトレーニングをし、参加しました! 空手のバックボーンはありますが、フルコンタクトの試合に出るの初めてでした! 押忍!」

──不良の多い大会に参加する恐怖心は?

「それはさすがに全然怖くないですね、フフフ。不良と殴り合うことぐらいで臆することはございません! ボク、昔から怖いもの知らずなんですよ。バイクでの武勇伝を話しましょうか? それともタイでの武勇伝を話しましょうかねぇ……」

──タイでの武勇伝を教えてください。

「チェンマイでひとりで迷子になったときは怖かったなぁ……(遠い目)」

──このまま帰るのも悔しいでしょうから、漫画のPRをどうぞ。

「おおそうかそうか、じゃあ、このたび勝利を頂きまし……ううううう! 勝利を頂いたバージョンしか考えてなかった!(と言って頭を抱えた後、突然目を見開き)こからもぉぉおお、めげずぅぅうう、あらゆるところで戦いを繰り広げていきたいと思います! もちろん漫画を描くというのは戦いですから! 一文字蛍は弱かったですが、強ぉ~い空手の漫画を描いてます! 作品名は『転生神機メロウガイン』です! 興味ある方はぜひ! 押忍!」

──何か言い残しは?

「一文字蛍は不屈の男だっ! 不屈の男ゆえ、何度でも立ち上がるっ! 実際、2秒で立ち上がりましたよ! 2秒で立ち上がったんですよ!!!」

 敗れたとはいえ、強烈なインパクトを残した一文字先生であった。

os11_12.jpgこの一撃が一文字の夢を砕いた。

 次回アウトサイダーは6月20日(日)、東京・ディファ有明で開催。60-65kg級トーナメントの決勝ラウンドのほか、70-75kg級トーナメントもいよいよ始まるので注目だ!
(取材・文=岡林敬太)

ジ・アウトサイダー 第九戦 《65-70Kg級トーナメント決勝戦》

第9戦のDVD。熱い。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
 『THE OUTSIDER第10戦』恍惚すぎるラウンドエンジェルを一挙大公開!
 因縁と血飛沫のカーニバル「不良の格闘技」戦士たちの魂の叫びを聴け!
 『THE OUTSIDER第9戦』激闘の幕間を彩る、恍惚のラウンドエンジェル

最終更新:2010/04/12 21:56

『THE OUTSIDER第11戦』血塗られた拳と拳──男たちの魂の叫びを聴け!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真