日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > Wコロン・ねづっち 「整いました!」なぞかけ芸が時代にハマった深い理由
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第78回

Wコロン・ねづっち 「整いました!」なぞかけ芸が時代にハマった深い理由

nedu0521.jpgねづっちです!

 現代のテレビバラエティーの世界では、「うまいことを言う」という技術の価値が軽視されがちである。駄洒落は「おやじギャグ」として忌み嫌われているし、1つの言葉に2つの意味を持たせて笑いを取るという手法もそれほど一般的ではない。テレビに出る若手芸人が、トークやネタの一部に、このような言葉遊びをさりげなく忍ばせたりするケースはある。だが、それはあくまでも例外にすぎない。ほとんどの芸人は、テレビの中でそういう方向性の笑いを追求したりはしない。

 その大きな理由としては、言葉遊びによる笑いの多くが、理解するのに多少の時間を要する「考えオチ」の笑いであり、瞬間的な爆発力が求められるテレビの世界とは相性が悪い、ということがある。今どきの視聴者には、「考えて納得して笑う」というプロセスをいちいちたどってもらうことは期待できないのだ。

 落語のオチにあたる「サゲ」の多くには、ダブルミーニングを使った言葉遊びが含まれているし、落語家が余興や大喜利でなぞかけを披露するのは珍しいことではない。「うまいことを言う」という技術は、寄席の世界では生きながらえているが、テレビの世界ではほぼ死滅していたのだ。

 そんな中で、Wコロンのねづっちが「なぞかけ芸」で注目を集めているというのは、時代に逆行するようにも見える驚くべき事態である。彼は、浅草を中心に活動する漫才師であり、「バッチグー」などと古臭い死語を連発して、やたらとなぞかけを言いたがる「なぞかけ漫才」を持ち芸としている。漫才の中では、自慢げになぞかけを披露するねづっちのズレっぷりに相方の木曽さんちゅうがツッコむという形で、一種の飛び道具としてなぞかけが用いられている。

 そんな彼が、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)『アメトーーク』(テレビ朝日系)などの番組で、与えられたお題で瞬時になぞかけを返す技を披露したところ、それが話題を呼んだのである。彼は、幼い頃から鍛え上げた「うまいことを言う能力」によって、驚異的な速さでなぞかけを繰り出すことで、言葉遊びをテレビで通用するエンターテイメントにしてしまった。速さだけを追い求めることによって、時代遅れの言葉遊び芸が、新たな感心と感動を呼び起こしたのである。

 彼がブレイクした要因の1つには、「なぞかけ」を巧妙にパッケージングしたことが挙げられる。なぞかけとは本来、単発で披露されるものであり、ネタを披露したらあとはそれぞれの受け手にその意味を考えてもらうことしかできない。いわば、本来のなぞかけ芸は、かなりの割合で「お客さん任せ」の芸になってしまいがちなのである。

 だが、彼は、それを分かりやすく見せるためのフォーマット作りにこだわった。なぞかけネタが頭の中でまとまると、すかさず元気よく「整いました!」と声を張り上げる。そして、ネタを披露し終わると襟元を立てて、「ねづっちです!」と決めポーズを作る。この一連の流れができたことで、なぞかけパフォーマンスの型が明快になり、誰もが楽しめるようになった。

 さらに言えば、ここで最も重要なのは、「整いました!」「ねづっちです!」と言うときの彼の屈託のない笑顔である。うまいことを言う人間は、往々にして「してやったり」という表情、いわゆる「どや顔」をしてしまいがちだ。それが見えてしまうと、観客はうまいことを言うことの面白さをなかなか素直に受け入れてはくれなくなる。だが、ねづっちは素直になぞかけを愛し、うまいことを言うことそのものの快楽に溺れている。そんな彼の無邪気な笑顔が、時代を超越して見る者を圧倒するのである。

 なぞかけブームを牽引するねづっちは、持ち前の超絶技巧によって、うまいことを言うことの価値を現代によみがえらせてしまった。お笑い界の「音速の貴公子」は、昭和の香り漂う芸風で今日も淡々となぞかけを整えている。
(文=お笑い評論家・ラリー遠田)

なぞかけで「脳活」!―脳を活性化させるドリル付き

若年性アルツハイマー予防に。

amazon_associate_logo.jpg

●連載「この芸人を見よ!」INDEX
【第77回】所ジョージ  突出した安定感を生み出すボーダレスな「私の世界」
【第76回】土田晃之  元ヤン、家電、ガンダム……でも嫌われない「ひな壇の神」の冴えたやりかた
【第75回】タカアンドトシ  非関西系漫才のツッコミ新境地「欧米か!」が生まれた理由
【第74回】キングコング西野亮廣  嫌われるには理由がある!? 天才を悩ませる「出た杭の憂鬱」
【第73回】椿鬼奴  虚栄心から自由になった女芸人の「自然体が放散する魅力」とは
【第72回】萩本欽一  テレビを作り、テレビに呑み込まれた「巨人の功罪」
【第71回】アンガールズ  キモカワ芸人が精緻に切り出した「人生のNGシーン」に宿る笑い
【第70回】エハラマサヒロ   「究極の器用貧乏芸人」が無限の笑いをコラージュする
【第69回】なだぎ武 R-1二連覇を成した演技派芸人の「本当の運命の出会い」とは
【第68回】いとうあさこ 悲観なき自虐を操る「アラフォー女性のしたたかなリアル」
【第67回】チュートリアル M-1完全優勝を勝ち取った「ひとつもボケない」漫才進化論
【第66回】松村邦洋 己を棄てて己を活かす「笑われる天才」が生きる道
【第65回】キャイ~ン・ウド鈴木 20年目の変わらぬ想い──「満面の笑顔で愛を叫ぶ」
【第64回】しずる 緻密なマーケティングと確かな演技力で突っ走る「腐女子枠のプリンス」
【第63回】青木さやか 仕事も家庭も……不器用に体現する「現代女性の映し鏡」
【第62回】 今田耕司 好きな司会者第3位にランクされる「代弁者としての3つの極意」
【第61回】我が家 「変幻自在のローテーション」が3人のキャラ薄をメリットに転化する
【第60回】ハライチ “ツッコミ”を棄てた関東M-1新世代が生み出す「面の笑い」とは?
【第59回】出川哲朗 稀代のリアクション芸人が「計算を超えた奇跡」を起こし続ける理由
【第58回】中川家 すべてはここから始まった!? 兄弟が奏でる「舞台芸と楽屋芸のハイブリッド」
【第57回】板尾創路 笑いの神に愛された男が泰然と歩む「天然と計算の境界線」
【第56回】清水ミチコ 対象者の心を浮き彫りにする「ものまねを超えた賢人の不真面目芸」
【第55回】とんねるず 暴れ放題で天下を取った「学生ノリと楽屋オチの帝王学」
【第54回】友近 孤高の女芸人が体現する「女としての業と生き様」
【第53回】ウンナン内村光良 受け継がれゆく遺伝子「終わらないコント愛」
【第52回】モンスターエンジン 結成2年でシーンを席巻する「高次元のバランス」
【第51回】関根勤 再評価される「妄想力」ひとり遊びが共感を呼ぶ2つの理由
【第50回】南海キャンディーズ しずちゃんを化けさせた山里亮太の「コンビ愛という魔法」
【第49回】フットボールアワー 無限の可能性を秘めた「ブサイクという隠れみの」
【第48回】ますだおかだ 「陽気なスベリ芸」という無敵のキャラクターが司る進化
【第47回】ナインティナイン あえて引き受ける「テレビ芸人としてのヒーロー像」
【第46回】インパルス タフなツッコミで狂気を切り崩す「極上のスリルを笑う世界」
【第45回】アンタッチャブル 「過剰なる気迫」がテレビサイズを突き抜ける
【第44回】おぎやはぎ 「場の空気を引き込む力」が放散し続ける規格外の違和感
【第43回】志村けん 「進化する全年齢型の笑い」が観る者を童心に帰らせる
【第42回】はるな愛 「すべてをさらして明るく美しく」新時代のオネエキャラ
【第41回】明石家さんま テレビが生んだ「史上最大お笑い怪獣」の行く末
【第40回】ブラックマヨネーズ コンプレックスを笑いに転化する「受け止める側の覚悟」
【第39回】笑い飯 Wボケ強行突破に見る「笑わせる者」としての誇りと闘争心
【第38回】笑福亭鶴瓶 愛されアナーキストが極めた「玄人による素人話芸」とは
【第37回】島田紳助 “永遠の二番手”を時代のトップに押し上げた「笑いと泣きの黄金率」
【第36回】東野幸治 氷の心を持つ芸人・東野幸治が生み出す「笑いの共犯関係」とは
【第35回】ハリセンボン 徹底した自己分析で見せる「ブス芸人の向こう側」
【第34回】FUJIWARA くすぶり続けたオールマイティ芸人の「二段構えの臨界点」
【第33回】ロンブー淳 の「不気味なる奔放」テレ朝『ロンドンハーツ』が嫌われる理由
【第32回】柳原可奈子 が切り拓くお笑い男女平等社会「女は笑いに向いているか?」
【第31回】松本人志 結婚発表で突如訪れたカリスマの「幼年期の終わり」
【第30回】はんにゃ アイドル人気を裏打ちする「喜劇人としての身体能力」
【第29回】ビートたけし が放った『FAMOSO』は新世紀版「たけしの挑戦状」か
【第28回】NON STYLE M-1王者が手にした「もうひとつの称号」とは
【第27回】ダチョウ倶楽部・上島竜兵 が”竜兵会”で体現する「新たなリーダー像」
【第26回】品川祐 人気者なのに愛されない芸人の「がむしゃらなリアル」
【第25回】タモリ アコムCM出演で失望? 既存イメージと「タモリ的なるもの」
【第24回】ケンドーコバヤシ 「時代が追いついてきた」彼がすべらない3つの理由
【第23回】カンニング竹山 「理由なき怒りの刃」を収めた先に見る未来
【第22回】ナイツ 「星を継ぐ者」古臭さを武器に変えた浅草最強の新世代
【第21回】立川談志 孤高の家元が歩み続ける「死にぞこないの夢」の中
【第20回】バカリズム 業界内も絶賛する「フォーマット」としての革新性
【第19回】劇団ひとり 結婚会見に垣間見た芸人の「フェイクとリアル」
【第18回】オードリー 挫折の末に磨き上げた「春日」その比類なき存在
【第17回】千原兄弟 東京進出13年目 「真のブレイク」とは
【第16回】狩野英孝 「レッドカーペットの申し子」の進化するスベリキャラ
【第15回】サンドウィッチマン 「ドラマとしてのM-1」を体現した前王者
【第14回】小島よしお 「キング・オブ・一発屋」のキャラクター戦略
【第13回】U字工事 M-1決勝出場「北関東の星」が急成長を遂げた理由
【第12回】江頭2:50 空気を読んで無茶をやる「笑いの求道者」
【第11回】バナナマン 実力派を変革に導いた「ブサイク顔面芸」の衝撃
【第10回】山本高広 「偶像は死んだ」ものまね芸人の破壊力
【第09回】東京03 三者三様のキャラクターが描き出す「日常のリアル」
【第08回】ジャルジャル 「コント冬の時代」に生れ落ちた寵児
【第07回】爆笑問題・太田光 誤解を恐れない「なんちゃってインテリ」
【第06回】世界のナベアツ 「アホを突き詰める」究極のオリジナリティ
【第05回】伊集院光 ラジオキングが磨き上げた「空気を形にする力」
【第04回】鳥居みゆき 強靭な妄想キャラを支える「比類なき覚悟」
【第03回】くりぃむしちゅー有田哲平 が見せる「引き芸の境地」
【第02回】オリエンタルラジオ 「華やかな挫折の先に」
【第01回】有吉弘行 が手にした「毒舌の免罪符」

最終更新:2013/02/08 12:18
こんな記事も読まれています

Wコロン・ねづっち 「整いました!」なぞかけ芸が時代にハマった深い理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

 2008年に『キングオブコント』への参加を目指して結成され、結成10年目を迎えるお笑...
写真