日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > よく分かる「警察のお仕事」入門書 『日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ』

よく分かる「警察のお仕事」入門書 『日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ』

kitashibabon.jpg『日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ』
(監修:北芝健/ナガオカ文庫)

 昔の刑事ドラマで、取り調べ中の刑事さんが電気スタンドを被疑者にかざして「さっさと吐け、こら!」みたいに凄んだり、あるいは被疑者に出前のカツ丼が振る舞われたりするシーンをよく目にしたものだけれど、現実にはそんなことはあり得ないらしい。

 取調室にあるのは、スチール製の事務机と事務椅子、そして調書をとるためのパソコンくらいで、電気スタンドのような凶器になりそうなものは原則として置かない。また、カツ丼の器は陶器製であり、叩き割れば刃物になる。割り箸だって凶器になり得る。だから、取調室で食事を取ることは一切禁止されている。本書『日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ』には、こういった警察トリビアが数多く収められている。「ウラ」という言葉から、たとえば暴力団との癒着や天下りの実態といった、ドロドロした内部告発めいた内容を期待してしまいがちだが、どちらかというと「よく分かる警察のお仕事」的なお行儀のよい内容だ。実際、監修者の北芝健氏には『警察のしくみ(図解雑学)』(ナツメ社)という著・監修書があり、本書のスタンスはその延長にあるようだ。

 たとえば、「警察庁」と「警視庁」は混同されがちだけれども、前者は「文化庁や国税庁などと同じ日本国の行政機関」で、その目的は「都道府県の警察本部を管理すること」であり、後者は「東京都の警察本部」すなわち「警察庁から見れば管理する対象である神奈川県警や大阪府警と同じ地方警察のひとつ」だとか。

 よく聞かれる警察用語、「キャリア」と「ノンキャリア」については、前者は国家公務員試験・種に合格し警察庁に採用された警察官で、後者は地方公務員試験を受験して都道府県に採用された警察官を指すそうだ。キャリアのハードルはべらぼうに高く、合格者は圧倒的に東大卒が多いけれど、採用されれば警部補からスタートし、警視総監や警察庁長官も狙えるエリートコースが用意されている。一方、警察官のほとんどを占めるノンキャリアは巡査からスタートし、めいっぱい昇進しても警視正まで。「学力でのし上がるのがキャリアだとすれば、ノンキャリアは現場の実績で自らの地位をつかみとるタイプ」というわけだ。

 あるいは、プライベートに関しては、警察官は恋愛における出会いの場が少なく(なにも警察官に限ったことではないが)、言うまでもなく暴力団やカルト教団の関係者との色恋沙汰はNGだし、情報漏洩のおそれがあるマスコミ関係者との交際もあまりいい顔はされないとか。さらに、職場恋愛には内偵が入ることもあるため不倫は絶対にバレるし、「警視庁の警察官同士ならば、東京から出て、たとえば小田原で会うなど、80キロ以上も離れた場所でデートをすることも珍しくない」そうだ。

 といった具合に、文庫サイズで、一般的な捜査手続きの流れや警察組織の構造、部署ごとの役割、さらには警察官・刑事の採用試験および選考基準などがコンパクトに整理されている。もっとも、個人的にいちばん面白かったのは、〈沈める=盗品を現金に替える〉〈なこ=ヘロイン(「粉」を逆さにした)〉などなど、巻末にオマケとして収められた「警察用語110」だったりするのだけれど。
(文=須藤輝)

・北芝健(きたしば・けん)
元警視庁私服捜査官。交通勤務から方面機動隊員、刑事警察及び公安警察の捜査に従事。現在は教壇に立ち、犯罪学と国際関係論を講義する。主な著書に『悪の経済学』(KKロングセラーズ)、『ミステリーファンのためのニッポンの犯罪捜査』(双葉社)、『魔の薬』(あうん出版)など、劇画原作に『まるごし刑事』(実業之日本社)、『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』(新潮社)などがある。学術社団「日本安全保障・危機管理学会」顧問・研究講座講師。早稲田大学卒。伝統空手六段、修道館館長。

日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ

就活学生にいいかもね。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
警察の取り締まりは”冤罪製造システム”!? 悪質な交通行政に物申す書
“パチンコ利権”を貪る上場貸金業者と警察の天下り
都市伝説ライターから元ヤクザまで! 曲者たちが繰り広げるアブない話

最終更新:2010/06/28 15:00

よく分かる「警察のお仕事」入門書 『日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真