日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 【WC2010】モーテルには拳銃を持った警備員と女のあえぎ声……サッカーシティの夜

【WC2010】モーテルには拳銃を持った警備員と女のあえぎ声……サッカーシティの夜

wc20100008.jpgモーテルに出入りする拳銃を装備したセキュリ
ティ会社のスタッフ。宿泊客の客層を考える
と、いつ何が起きてもおかしくないように思える。

 W杯決勝を前に、取材の拠点を決勝の会場となるサッカーシティ近くのサウスゲイト地区のモーテルに変更したのだが、これが失敗だった。

 サッカーシティは南アフリカ最大のタウンシップ(旧黒人移住区)ソウェトの傍に位置し、サウスゲイトも同様に、主に低所得者層の黒人たちが暮らす地域。これまで拠点としていた白人たちや観光客が集まる郊外の高級エリア、サントンとは街の反対に位置し、当然周囲の空気も大きく違ってくる。

 スタジアムに近く、空港への移動にしても便利などと考えたが、甘かったようだ。

 モーテルはまるで学生時代の合宿生活を思い出すような作りで、トイレとシャワーは共同。汚いトイレに加え、不衛生なシャワールームでは自然とつま先立ちになり、アキレス腱は早くも悲鳴を上げている。

 夜間にはブリーフ1枚で怪しげな黒人たちが廊下をウロウロし、窓際でたむろしている輩も。禁煙とはいうものの、そんなことはお構いなし。そこら中がヤニ臭い。

 深夜、トイレへ行くにも騒がしい輩に絡まれないかドキドキもの。なんとか息を殺してトイレで用を足せば、聞こえてくるのは女のあえぎ声。土地柄、若者たちの連れ込み宿となっているのだろう。

 あるとき狭いフロントにコーヒーを買いに行くと、拳銃を備えたセキュリティ会社のスタッフが忙しなく出入りしている。事件でもあったのか、それとも日常的な見回りなのか。

 W杯も終わり、明日からは南アフリカも日常を取り戻すことだろう。そうなれば、この1カ月のような厳重な警備は解かれることになる。帰国まであと1日と迫ったが、無事に帰国の途に就けるか。最終日こそがヤマ場となりそうだ。

アジアの安宿―僕はこんな宿に泊まってきた

アジアの宿も負けてないよ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
【WC2010】「ヴオー、ヴオー、ヴオー」治安、渋滞に続く南ア第3の問題が発生中!?
【WC2010】「退屈」「勝利を放棄している」岡田ジャパンを世界中のメディアが酷評中
【WC2010】現地レポ 治安以上の問題!? 交通渋滞がひどすぎる!

最終更新:2010/07/12 21:00
関連キーワード

【WC2010】モーテルには拳銃を持った警備員と女のあえぎ声……サッカーシティの夜のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

特殊効果の神が生んだディストピア映画

 映画ジャンルのひとつに、「地獄めぐり」があ...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真