日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 【WC2010】現地ルポ最終回 被害報告はわずか 無事に終わった南アワールドカップ!

【WC2010】現地ルポ最終回 被害報告はわずか 無事に終わった南アワールドカップ!

wc20100000.jpgクルーガー国立公園でのサファリ中に見た、まるで水彩画のような絶景。

 約4週間に渡っての南アフリカW杯の取材から帰国し、数日。つくづく日本は安全な国だなと実感している。夜の街を何の不安もなく闊歩できる。南アでは味わえなかった、快感だ。

 とはいえ、治安問題などを理由に、大会前はその開催に疑念の声が多かった南アフリカW杯だが、終わってみれば大きな事故もなく無事に閉幕したといえるだろう。

 史上3番目となる述べ300万人の観衆を集めるなど一応の成功を収めたアフリカ大陸初のW杯。聞いたところによると日本からも約3,000人のサポーターが現地を訪れたというが、在南ア大使館によれば「命にかかわるような大きな事故の連絡は受けていない」とのことだ。

 日本人絡みでは、強盗の被害が2件報告されているというが、いずれも金品を奪われるにとどまり人的被害はなかったという。なお、強盗はどちらも試合終了後スタジアムから宿泊施設に戻る途中に起きており、会場は日本戦のあった地方都市のブルームフォンテンとダーバン。内ひとりは取材に訪れていたカメラマンだったとのことだ。

 細かくいえば、置き引きやスリなどの報告が40件ほどあったというが、これは前回のドイツ大会でも20件から30件あったもので南ア特有のものではない。

 開幕直後には、韓国や中国、スペインやポルトガルのメディアが強盗被害にあったことが話題になったが、南ア政府が約4万4,000人の警察官を投入し警備に当たったことが、抑止力になったのだろう。

 そして、大きな被害もなく終えたことは、観戦者それぞれが細心の注意を払った結果でもある。筆者も期間中、恐る恐るの行動だったとはいえ、クルーガー国立公園やケープタウンのほか、ジンバブエ(ビクトリア・フォールズ)やボツワナ(チョベ国立公園)に足を伸ばして、世界遺産やサファリを堪能した。

 治安の問題さえクリアになれば、美味しいワインはもちろん、抜けるように天高く美しい紺碧の青空など、これほど風光明媚な国はない。W杯を機に南アに興味を持った方がいたなら、ぜひ渡航をオススメしたい。スリリングな分、最高の旅が待っているはずだ。

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャル Blu-ray 大会のすべて ≪総集編≫

スペインおめでとう。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
【WC2010】現地レポ 値下がり激しいW杯グッズ 気になるヴヴゼラの行方は?
【WC2010】モーテルには拳銃を持った警備員と女のあえぎ声……サッカーシティの夜
【WC2010】現地レポ 象が迫ってくる! 南アはダウンタウンもサファリもスリル満点!?

最終更新:2010/07/18 21:00

【WC2010】現地ルポ最終回 被害報告はわずか 無事に終わった南アワールドカップ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真