日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 日本も韓国も芸能界には闇の人脈が必要不可欠!? 東方神起から考える芸能界事情
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

日本も韓国も芸能界には闇の人脈が必要不可欠!? 東方神起から考える芸能界事情

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ” プレミアム”な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!

pre-1009touhou.jpg東方神起の公式HPより。

 今月16日、韓国のアイドルグループ・東方神起のメンバーであり、現在は日本において”JUNSU/JEJUNG/YUCHUN”名義で活動をしているジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人のアーティスト活動を当分の間休止すると、日本での所属事務所であるエイベックスが発表。その後17日には、上記の 3人が「日本での活動を休止する意志はない」として、エイベックスとの対立姿勢を打ち出して話題となりました。

 3人は今年4月に、東方神起の残り二人のメンバーと離れ日本での活動を開始。オリコン週間アルバムランキング(9月20日付)でも一位を獲得するなど、精力的な活動をしていました。しかし、もともと5人の東方神起のうち、3人が日本で活動し残りの2人が韓国で活動しているのは、3人が所属していた韓国の大手芸能事務所・SMエンターテインメント(以下、SM)との間に契約問題が生じたことに端を発します。

 その後3人はSMを離れ、韓国の芸能事務所・C-JeSエンターテインメントに移籍。しかし、この事務所の代表が韓国人俳優クォン・サンウを恐喝した過去が判明し、暴力団との深い関係性が浮き彫りになりました。そのため、エイベックス側は、3人に対し同事務所代表との関係整理を求めましたが、彼らはそれを固辞している、というのが今回の活動休止騒動のあらましのようです。

 このように現在の日本のK-POPブームの立て役者でもある東方神起ですが、契約問題や暴力団関係者とのつながりなど色々とイヤ~な話も聞こえてきます。しかし、こうした話は何も東方神起に限ったわけではなく、韓国や日本の芸能界にもある話だとか……。そこで今回の「レベルアップ案内」では、東方神起をめぐる問題から芸能界の実情がわかる記事をそろえてみました。東方神起とジャニーズのパワーバランス、契約訴訟も少なくない韓国芸能界の闇、日本を席巻する韓国女子アイドルまで──今なお続く東方神起人気とその周りの騒動を知れば、韓国ひいては日本の芸能界への理解が一層深まるかも!?

【日刊Pick Up記事】
東方神起も復活へ──!? ”ゴリ押し”で音楽流通を支配してゆく韓国K-POPの脅威
(2010年9月7日付)

東方神起が巻き起こした大きな嵐! 彼らは芸能界の被害者!? プレミアムな記事紹介はこちら↓

【プレミアムな関連記事】

[レベル1:東方神起とは一体どのようなグループか]
ジャニーズも興味津々! 東方神起の魅力、教えて進ぜます!!【1】
2009年9月号(プレミアサイゾー)

ジャニーさんに評価を聞きたいところです。

[レベル2:東方神起から見える男性アイドル界の権力闘争]
東方神起は例外!? 他事務所を締め出してきたジャニーズの横暴
2009年4月6日付(日刊サイゾー)

この時はまだ東方神起はナメられてたんじゃ……。

[レベル3:ジャニーズにも迫る人気っぷりを知る]
ついにジャニーズの尻尾をつかんだ東方神起に嵐もヒヤヒヤ!?
2009年7月9日付(日刊サイゾー)

今、東方神起が復活したらどっちが勝つんでしょうか。

[レベル4:日本から海外へのアイドル輸出の現状]
万博ファンの集いは不人気!? 中国のSMAP”リアル人気度”
2010年6月号(プレミアサイゾー)

SMAPも中国では『SMAPって誰?』なんて声も……。
東方神起は中国含むアジアツアーを成功させてましたが。

[レベル5:韓国芸能界からの輸入は止まらず]
金になるかは不明でも、とりあえずデビュー!? 日本の女子高生がハマる韓国女子アイドルの実態
2010年9月号(プレミアサイゾー)

みんな目鼻立ちがくっきりしてるけど、イジッてないですよね?

[レベル6:人気絶頂の中降ってわいた解散騒動]
「紅白出場も解散は不可避!?」泥沼化する”東方神起”騒動の行方
2010年1月1日付(日刊サイゾー)

MAX松浦社長、もっとがんばって!

[レベル7:振り回されるメンバーの悲劇]
「不仲じゃなかった!?」東方神起解散騒動で一番人気ジェジュンに同情の声
2010年2月6日付(日刊サイゾー)

号泣必至です。

[レベル8:スキャンダルを利用する強かさ]
「ジェジュンが不幸話で女を食いまくり?」”分裂”東方神起も夜の活動には精力的!?
2009年12月3日付(日刊サイゾー)

この手法をやる男の人って絶対ダメ男な気がしますが。

[レベル9:背景にある韓国芸能界の闇]
相次ぐ自殺、契約訴訟、金銭トラブル……第二次韓流ブームの裏にある、キケンな利権
2010年4月号(プレミアサイゾー)

ヨン様レベルになると、左うちわらしいです。

[レベル10:韓国と日本に共通する芸能界の構造]
それでも暴力団と付き合い続ける芸能界の懲りない面々【1】
2010年11月号(プレミアサイゾー)

出るわ出るわ、芸能界は暴力団の金脈ですね。

プレミアサイゾー
http://www.premiumcyzo.com/

東方神起 History in JAPAN SPECIAL

活動休止にかこつけた便乗商品も続々出てます。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2010/09/22 10:30

日本も韓国も芸能界には闇の人脈が必要不可欠!? 東方神起から考える芸能界事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真