日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 大ブレイク中のスリムクラブに暗雲 キャラ重視のバラエティーでは生き残れない!?

大ブレイク中のスリムクラブに暗雲 キャラ重視のバラエティーでは生き残れない!?

slimclub0218.jpg「スリムクラブ内間のBLOG」より

 昨年末、M-1グランプリ念願の優勝を果たした笑い飯。

 大会自体が最後ということに加え、結成10年目までという規定上での”ラストイヤー”を見事飾ったわけだが、せっかく優勝したわりには、「あちこちの番組でひっぱりだこ」という状態にあまりならなかったような気がする。

 例年のM-1王者と言えば、大会直後からワイドショーやトークバラエティーに順に出て大会を振り返りつつ名前と顔を覚えてもらう、といった流れが多いのに、笑い飯の場合は本人たちも、「忙しかったのは大会翌日だけ」「全然変わらない」と、自ら言っているように、いわゆるM-1バブル状態に突入した感はない。

 その一方で、2位のスリムクラブが、まるで優勝コンビのようにあちこちの番組でひっぱりだこ。笑い飯も「われわれの5倍忙しいみたい」「実質あいつらがチャンピオンですね」と、すっかりネタにしているような状況だ。

「2008年のときにも、優勝したNON STYLEよりもオードリーのほうが売れたと言われますが、09年もパンクブーブーよりもハライチあたりのほうが目にする機会は多かった。M-1王者が大きくブレイクするという図式は近年崩れてはいますね」(テレビ関係者)

 それにしても、スリムクラブがここまで需要がある理由は、どんなところにあるのだろうか。ある人気バラエティー番組の構成作家に聞いた。

「過去のM-1で言えば、南海キャンディーズが登場したときにちょっと似ていますね。奇抜なスタイルで、それまで見たことない人が多いというのが強みですね。どんなキャラでどんな人なのか、『もっと知りたい』という需要が大きいでしょうから、まずは一通り人気番組を一周して、『知りたい』の部分を紐解かれていくかと思います」

 一方の笑い飯については、こう言っていた。

「やっぱり決勝の常連というところが、良くも悪くも影響しちゃってますね。世間的、視聴者的に、もう十分見たという気分があって、実力があるところもよく知られている。M-1は、本来は技術を見る大会ではあるのですが、タレント性の有無はまた違う話ですよね。そこで逆転現象が起こることがあるんです。南海キャンディーズやサンドウイッチマン、スリムクラブなど、それまで世間的に見た事がないような人たちがいきなり実力を発揮して活躍できる場でもありましたから、何年も見ている笑い飯の優勝には、大きな驚きがないのは仕方ないかもしれません」

 2月に行われたピン芸人の話芸を競う「R-1ぐらんぷり2011」でも、スリムクラブの真栄田が健闘したこともあり、ますますスリムクラブの人気が爆発的なものになる可能性もある。しかし、意外に苦戦するのではないかと、同作家は指摘する。

「笑い飯もそうなのですが、すごく分かりやすかったり子どもが真似できるようなギャグがあるわけでもないですし、清潔感もない。たとえばオードリーなら、極端な話とりあえず『トゥース』やっておけばいいとか、楽しんごなら『ドドスコ』や『東幹久』など明確な記号があるので安心して笑える。こういったものがあるかどうかで、一般的な視聴者の反応は変わってくるんですよ。スリムクラブは真栄田さんのゆっくりしたしゃべり方がウケてますが、ずっとそれで笑いが取れるものでもない。笑い飯も面白いのはあくまでネタであって、キャラではないですからね。今のテレビの作り方だと、なかなか難しい気はします」

 近年のR-1の優勝者、中山功太やあべこうじも、優勝したものの爆発的な人気の獲得までには至っていない。実力と人気は、なかなか比例しないシビアな世界のようです。
(文=太田サトル/「サイゾー裏チャンネル」より)

M-1グランプリ2010完全版 ~最後の聖戦!無冠の帝王vs最強の刺客~

細く長く。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
スリムクラブ 最後のM-1を駆け抜けた「超スローテンポという革命」
チンポジを捨て、本気で獲りに来た「笑い飯」の戴冠劇
秘訣は高齢層ウケのよさ!? オードリーが「消えなかった」理由とは

最終更新:2018/12/10 19:09
こんな記事も読まれています

大ブレイク中のスリムクラブに暗雲 キャラ重視のバラエティーでは生き残れない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真