日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 日本一の模型見本市「第50回静岡ホビーショー」レポート!

日本一の模型見本市「第50回静岡ホビーショー」レポート!

floor.jpg

 日本中のプラモデル・ラジコン・鉄道模型メーカーが一堂に会し、新製品を発表する「第50回 静岡ホビーショー」が、5月12日から15日にかけて静岡県・ツインメッセ静岡にて開催。模型大国日本ならではの練り上げられた技術とこだわりの職人技がキラリと光る最新アイテムが会場狭しと並び、新作アイテムを求める多くの来場者で会場はにぎわった。

 国内有名メーカー75社が出展した今回の静岡ホビーショーは例年以上にバラエティー豊富なラインアップがズラリ。また、美少女キャラと既存のスケールキットのコラボレーションアイテム、いわば「痛キット」や大人気アニメ『マクロス』シリーズのキットが複数メーカーから発表され、アニメの勢いもあちらこちらから感じることができた。


 なお例年通り開催期間前後には静岡市内各所で「静岡ホビーウィーク2011」が開催。タミヤ本社が見学できるオープンハウスや、日本最大級の鉄道イベント「グランシップトレインフェスタ2011」など、模型メーカーが多数集う静岡ならではの催しが多数行われた。

 今年は3月に発生した東日本大震災の影響もあり、静岡ホビーショー開催期間中に2009年まで毎年行われていた航空自衛隊による静浜基地航空祭は残念ながら中止。施設工事によって中止した昨年に続き、2年連続でブルーインパルスの勇姿を拝むことはかなわなかったが、その分、技術大国日本の名に恥じないハイクオリティーな模型の数々が来場者の目を楽しませた。

◆バンダイ

bandai01.jpg最新作『機動戦士ガンダムUC』のキットが大集合。
ロートルなガンダムオタクの筆者はこれだけでもテンション上昇!
bandai02.jpgジオラマは男のロマン! 
アニメ第2話をほうふつとさせるバトルシーンをリアルに再現している。
bandai03.jpg平成ガンダム三部作最大のヒット作、
『新機動世記ガンダムW』のアレンジ版キットが登場!
まだ発売されていないガンダムも参考出展されていた。
bandai04.jpgプラモデル主導企画『模型戦士ガンプラビルダーズ』も。
思わず大人げないマジ改造で、「俺ガン」(俺だけのガンダム)を
作ってみたくなってしまうね!
badai05.jpgリアルスケールのザク・ヘッドも来場者を出迎えてくれる。
bandai06.jpgガンダムばかりではなく、『仮面ライダー』のプラモデルも。
思わずダブルライダーキックで飾りたくなるリアルな造形。
ちゃんと旧ライダーもいます。

◆東京マルイ

marui01.jpg
marui02.jpg日本最大のエアガンメーカー東京マルイのブースは、ほとんど銃砲店。
本物と見間違うほど精巧に作られたエアガンがズラリと陳列されていた。
marui03.jpgmaruio6.jpg新商品となる次世代電動ガン、エアガンを
手に取る来場者が途絶えることはなかった。
やはりその注目度は高い。
marui06.jpg人気ゲーム『バイオハザード5』に登場した架空の銃・サムライエッジを商品化。
コンパクトなボディーの割にズッシリとした重さが特徴だ。

 

◆ハセガワ

hasegawa01.jpghasegawa02.jpgスケールモデルに定評のあるハセガワの最新キット「1/48 EA-18G グラウラー」。
アメリカ海軍最強の電子戦機。そして参考出展の「1/32 雷電21型」。
hasegawa03.jpghasegawa04.jpgXbox 360用ゲームソフト『エースコンバット6』『アイドルマスター』が
コラボした萌えジェット!
パッケージの美少女も大人気の「たまごひこーき」シリーズもズラリ。

 

◆タミヤ

tamiya01.jpgtamiya02.jpgこの日、最大の面積でブース展開していたタミヤ。
ミニ四駆レースやRCカーの実演などのデモンストレーションに
多くの来場者が足を止めた。

◆やまと

yamato01.jpgyamayo02.jpgやまとのマクロスシリーズは今年も好調。
実際にガシガシ動かして遊ぶことができた。
yamato03.jpg『ゾイド』のシールドライガー。
今にも飛び掛かりそうな躍動感がたまらない。
yamato04.jpgクレイジーケンバンドの横山剣もフィギュアに!
リアルな造形とファンキーな雰囲気が「イーネッ!」

◆青島文化教材社

aoshima01.jpg「痛車」キットが大ヒットした青島文化教材社の最新アイテム。
『夢喰いメリー』『すーぱーそに子』など、なかなか通なチョイスです。
aoshima02.jpgaoshima03.jpgゴキブリ擬人化ハートフル同人誌『!!ごきチャ』『!!!ちゃば』が、禁断のキット化!
表面がちゃんとツルツルの光沢仕様になっているという、こだわりぶりに泣ける。
aoshima04.jpgaoshima05.jpgリアルな作りのスケールモデルも健在。「H-Ⅱロケット」や、「はやぶさ」など
日本の技術力の象徴に注目が集まった。
また、『スタートレック』のエンタープライズ号にも
SFファンが群がった。
aoshima06.jpgグッズ商品も手掛ける青島文化教材社。
話題作『けいおん!!』『魔法少女まどか☆マギカ』などの最新グッズも展示。

◆その他の注目商品

futaba.jpg世界に名だたるラジコンのプロポ(操縦器)や
モーターなどのパーツ開発メーカー・双葉電子工業
のロボットには感嘆の声が上がった。
woodie.jpg日本で唯一の木製帆船模型メーカーのウッディジョー。
レーザーを駆使した加工技術と職人の熟練の
技が光る模型は圧巻。
ddf01.jpgddf02.jpgジオラマ制作のDDFは、渋谷、横浜などの街並みをリアルに
再現したジオラマを展示。細かい!
kyosyo01.jpgkyosyo02.jpg京商ブースでは同社初のスロットカー「Dslot43」のレースや、
最新RCカーの展示が行われており、
多くのカーマシンファンでにぎわっていた。
kyosyo03.jpg京商とアダルトゲームメーカー・アリスソフトがコラボレーションする
耐久レーシングチーム・KYOSHOアリスモータースのグッズも
続々登場。

PH.jpg
(取材・文・写真=有田シュン)

80年代こども大全―なつかしのおもちゃ博覧会

素晴らしきかな。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/13 16:08

日本一の模型見本市「第50回静岡ホビーショー」レポート!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真