日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 月給200万ながら即クビも!? アップル社員が匿名で語る”外ヅラ”と”ホンネ”
スティーブ・ジョブズのいないアップルに嘆き節!【1】

月給200万ながら即クビも!? アップル社員が匿名で語る”外ヅラ”と”ホンネ”

──「米アップル本社の下請け」などと揶揄されがちなアップルジャパンの社員は、日々どんなことを考え、業務を遂行しているのか? そして、iPhone 5について、スマホブームについてどう考えているのか?元アップル社員をお呼びして、ぶっちゃけトークを展開!

1110_apple_cap.jpgAppleの公式HPより。

 今やIT業界は、パソコンではなくスマートフォンを中心に回っている。2011年の世界出荷台数予測は、PCが3億8800万台に対してスマートフォンは4億5000万台となっており、初めてスマートフォンがPCを上回る見込みだ。さらに12年にはPC市場が横ばいなのに対して、スマートフォンは40%を超える成長が見込まれている。

 その中でも常に話題の中心であり続けているのが、アップルのiPhoneだ。10月に発売されることが噂されている「iPhone 5」について、アップル系の情報サイトのみならず、新聞社や証券アナリストから名もなきブロガーまで、さまざまな噂話を繰り広げている。

 そこに突然降って湧いたスティーブ・ジョブズCEOの退任発表。これまでアップルを牽引し、iPhoneの開発を指揮してきたカリスマがついに一線を退く決断をしたことで、世界中に衝撃が走った。だが、がんを患い肝臓移植を受けるなど闘病を続けてきたジョブズを、多くの人々は惜しむと同時に、ねぎらいの言葉を贈った。

 アップルに関する噂がこれほどまでに多いことの原因は、単にアップルとその製品の注目度が高いのみならず、徹底的な秘密主義にもある。いまだに姿が見えないiPhone 5に、退任するスティーブ・ジョブズにしろ、その真の姿はアップルの分厚いベールの向こうに隠され、なかなか僕らの前に姿を見せない。隠されていればいるほど、それをのぞきたくなるのが人間のさが。そこで、そのベールの中をのぞいたことがある元社員の方々に集まっていただき、知られざるアップルの内部事情とiPhone 5の姿についてお話をうかがった。

 ご参加いただいたのは、元法人営業担当のAさん(男性20代)、元セールス担当のBさん(男性30代)、元サポート担当のCさん(女性20代)、元開発担当のDさん(男性40代)の4名。なお、くしくも座談会が開催されたのは、ジョブズ退任発表の前日だった。それではアップル元社員による、その内幕をこっそりのぞいてみよう。

■iPhoneの発売の報は社内の人間にも30分前に

──アップル社員の皆さんは、iPhone 5に限らず新製品の情報をいつ頃知るんですか?

A よく言われるように、アップルジャパンでは発表直前になるまで、ほとんどの社員は内容を知らないんですよ。上司のマネージャークラスなら知っているかもしれませんが、08年に発売されたMacBook Airとかの特に重要な製品だと、上司も知らなかったです。

B そうですよね、だからiPhone 4が発表されそうな時は、社内で毎日アップル系の噂サイトを熱心にチェックしていました。辞めてからもそれは変わらないですけど(笑)。でも、私のいた部署は 、オンラインストアがメンテナンスに入るタイミングがわかるんですよ。「We’ll be back soon.」になる時ですね。だから、噂系サイトの情報と合わせると、アレが発売されるのはこの日だな、というのはなんとなくわかりました。

C iPhone 3Gの時なんか、発表の30分前まで教えてもらえませんでした。あの時は、まず上司が急に呼び出されて、走って会議室に行くんです。戻ってきたら部署のメンバーが全員集められて説明されました。でも「30分後にとある携帯電話会社が発表する」とだけで、詳しいことは教えてもらえなかった。

D 僕はソフトウェアに関しては、人より先に知ることができたんですが、製品全体については、やっぱりわかりませんね。米国本社に行くこともあって、開発部門の人間とも知り合いなんですが、彼らもやっぱり絶対に教えてはくれません。情報の管理に関しては、本当にすごく厳しい。

A iPhoneは特に情報が遅いですよね。というのも、iPhoneの販売はすべてソフトバンクがやっていて、アップルジャパンはノータッチ。iPhoneがいくら売れてもアップルジャパンの実績にはならないから、iPod touchのほうに一生懸命です(笑)。

D 日本にもローカライズや日本語環境での検証をする部署があるんですが、そこには発売前の新製品があります。ただ、そこにはほかの部署の社員証(セキュリティカード)では入れないんですよ。今はマクドナルドの原田泳幸社長がアップルジャパンの社長だった頃、社長なのに入れなかったくらいです。あの部署だけは、米国本社の飛び地みたいなところですね。

■突然呼び出されてクビに 午後から職場に進入禁止

──そもそも、アップルジャパンってどんな会社なんですか?

C 公式なアップルジャパンの社員数は300人となっているんですが、絶対にそんなにいないはず。最近でも100人ちょっとじゃないかな。組織はかなり小さいんです。

B 社員数が、米国本社によって厳しく決められているんですよ。マネージャーはそれを守ることを求められるので、売り上げが伸びて忙しい時でも、人が減っていくことがある。

D 組織構成についても極秘扱いでした。かなり流動的で頻繁に変更があるんですが、新しい組織図が配られると同時に、古いものを回収する。

A 人の入れ替わりが激しいですよね。営業部門、中でも法人営業は特に激しいかも。とある大学に一緒に行った営業担当が、1カ月後にまた一緒に訪問しようとしたらすでに辞めていたことがありました。

B 営業はノルマがあるから特に厳しい。ただ、給料はそれなりにいいですね。「基本給+成果報酬」という形なんですが、私がいた頃は成果報酬の上限がありませんでした。だから月給が200万円を超えた人も。

C そんなに行くのはやっぱり例外。私は普通にやっていて月に40万から60万円くらいで、すごく調子がいいときで100万円とかでした。ただ、ボーナスがないですし、ほかの外資系IT企業と比べても、そんなにいいわけじゃない。

B 目標を達成できなかった時のプレッシャーは大きいですよ。僕も、ある日突然呼び出されて、その場でクビでした。目標が達成できていなかったので、覚悟はしていましたけど。その日の午後にはセキュリティカードが使えなくなっていました。

A 自分から辞める人より、やっぱり辞めさせられる人のほうが多いですね。日本企業みたいに平社員から順番に出世していくというパターンはあり得ない。だから、出世するにしても、一度辞めて外で成長してから戻ってきて上のポジションに就く、という人が多いですよ。

──アップルで働くにはどうしたらいいんですか?

■プレミアサイゾーとは?
雑誌サイゾーのほぼ全記事が、月額525円で読み放題!(バックナンバー含む)
プレミアサイゾー初月”無料”キャンペーン実施中!!
(2011年9月30日まで)

詳しくはこちら

【こんな記事もオススメ!】
「アップルやグーグルは、ホントに良い会社?」IT業界関係者匿名座談会
日本代表NECを軽〜く圧倒!? 売上3兆8600億円、純利益7400億円”アップル”が描く世界戦略
IT業界の”巨人”マイクロソフト過去最高益ながらアトがない!?
グーグルはなぜ嫌われるのか?
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」

最終更新:2011/09/16 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed