日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 突撃取材野郎!  > 女装おじさん主催の封印漫画展
珍バカライター・北村ヂンの【突撃取材野郎!】vol.21

女装おじさん主催の封印漫画『キャンディ・キャンディ』展!

——―それじゃ『キャンディ・キャンディ』との出逢いは?

「大人になってからなんですよ。確か27~28歳の頃。昭和59年くらいだと思いますが、アニメの再放送を見たら『キャンディ・キャンディ』って、こんなにいい話だったんだ……と」

——―少女漫画には、もともと興味があったんですか?

「いや、全然ないですよ。今も『キャンディ・キャンディ』以外の少女漫画には興味ないですから。水木先生、いがらし先生の、ほかの作品も読んでませんもん」

――あ、そうなんですね。じゃあ、それまでは普通に少年漫画とかを……?

「戦闘機マニアなんで『紫電改のタカ』(ちばてつや先生の戦争漫画)とかが大好きでした。でも『キャンディ・キャンディ』ってストーリーも壮大だし、第一次世界大戦時を舞台にしてて、当時の戦闘機がリアルに描かれているんですよ。いがらし先生の画力のおかげだと思いますけど、これはソッピースキャメルだ、フォッカーDr.1だ……ってちゃんと分かるくらい正確に描かれているんですね。アレは男も狂わせますよ」

――それでハマッて、グッズのコレクションを始めたと。

「いや、特にグッズには興味がなかったんですけどね。時を同じくして、初めて女装趣味の人たちが集まる女装クラブに行きまして……」

――おっと、話が急展開しましたね。

「そこで女装ネームをつけることになり、どうしようかなー……と考えた時に思いついたのが『キャンディ』っていう名前だったんですよ。そのクラブには『加賀美あつ子』(ひみつのアッコちゃん)とか、漫画の名前をつけてる人も多かったんで。で、そういう名前をつけてると、周りが、好きでしょ? って『キャンディ・キャンディ』グッズをくれるようになるんですよ。もともとコレクター気質はあったんで、ちょっと数が揃ってくるとハマッちゃうんですね。それから、自分でも買い集めるようになりました。だから、ボクのコレクションはリアルタイムで買ったものではなくて、後から中古で買ったものばかりなんですよ」


1234
こんな記事も読まれています

女装おじさん主催の封印漫画『キャンディ・キャンディ』展!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

ちょっと前、「Business Journal」の記事(「あの名作マンガはなぜ買えない?...
写真