日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 突撃取材野郎!  > 女装おじさん主催の封印漫画展
珍バカライター・北村ヂンの【突撃取材野郎!】vol.21

女装おじさん主催の封印漫画『キャンディ・キャンディ』展!

――この『キャンディ・キャンディ』コレクション展はもう何回も開催されているそうですが、なぜ始めようと思ったんですか?

「それはやっぱり、『キャンディ・キャンディ』を読みたくても読めない現状を、なんとかしたいと思ってるからです。これだけ多くの読者にとって思い入れがある作品を、作者たちのトラブルで勝手に封印されちゃ困るんですよ! 今、コミックスもビデオも手に入らないし、倉敷にある『いがらしゆみこ美術館』にも『キャンディ・キャンディ』の展示はないんです。原作者と作画家が揉めたせいで、出版社やテレビ局も触れられない、こんなアンタッチャブルな作品になっちゃった。じゃあどうすればいいかと考えたら、ファンが非営利で勝手にやるしかないんですよ。これで『キャンディ・キャンディ』を盛り上げていって、水木先生といがらし先生に和解してくれとは言いいませんが、せめて復刊のオッケーは出してもらって、誰でも気軽に読める状態に、後世に伝えられる状態にしてもらいたいですね」

04candycandy.jpg著作権問題を真面目に訴えるキャンディおじさん。
05candycandy.jpg紙芝居にして、著作権問題を分かりやすく解説しているそうです。

 
■グッとくるコレクションたち

 藤子不二雄のコンビ解消後、著作権の複雑さから、長らく『オバケのQ太郎』が封印状態となっていた(現在は『藤子・F・不二雄全集』で復刻済み)時期を知る藤子ファンのボクとしても、読みたい漫画を簡単に読むことのできないつらさはすごく分かる。

 出版社もテレビ局もビビッてもう触れようともしない『キャンディ・キャンディ』だが、水木、いがらし両先生とも、コミックスの復刊に関しては交渉をする気がないわけではないらしい。どこか勇気のある出版社が手を挙げれば、可能性も……。タブーに切り込むサイゾーさん、どーですかね!?

 ま、それはそうとして、展示されていたキャンディおじさんのコレクションたちがなかなかすごかったので、最後にそちらも紹介させてもらいましょう。


1234
こんな記事も読まれています

女装おじさん主催の封印漫画『キャンディ・キャンディ』展!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

ちょっと前、「Business Journal」の記事(「あの名作マンガはなぜ買えない?...
写真