日刊サイゾー トップ > 芸能  > “海外志向”の滝クリは今…

「日本語ニュースもまともに読めないのに」海外志向の滝川クリステル 実際にはCMとイベント仕事だけ……

takikuri0414.jpg『恋する理由 私の好きなパリ
ジェンヌの生き方』(講談社)

 3月で『Mr.サンデー』(フジテレビ系)を降板した滝川クリステルが、海外キャスターになりたいという意向を関係者に漏らしているという。

「親しくしているフランスのメディア関係者に自ら売り込みをかけていたところ、色よい返事をもらったとかで本人は上機嫌だった」

 こう語るのは、滝川と仕事上の付き合いがあるテレビ関係者だが「滝川さんの大喜びは、彼女の早とちりである可能性が高い」という。

「あくまで関係者が社交辞令で交わした言葉を、本気で受け取ってしまった様子。実際に決まっているものは何もないはず。ただ、本人に海外へ行きたい意向があるのは確か」(同)

 本人がいくらその気でも、海外キャスターのハードルは高い。パリ生まれのハーフである滝川だが、フランスに住んだのは幼少の頃に通算3年ほどで「フランス文学科を卒業しているが、ニュースを読めるほどの語学力はない」と関係者。

 そもそも母国語である日本語でのニュース読みも、これまであまり評判はよくなかった。フジテレビの採用試験では不合格、系列局に入社して7年間『ニュースJAPAN』に出演したが、降板後は出演オファーも少なく、唯一決まったレギュラー番組『Mr.サンデー』も宮根誠司とのコンビが最後までギクシャクしたまま。最近はCMとイベント出演でしか見かけなくなった。

 番組編成に携わる民放プロデューサーに聞いても「アドリブがあまりきかないし、気の利いたコメントができるほどの見識もなく、そのくせ自分の見せ方にはこだわるセレブ志向が強いので、非常に使いにくいタレント」と言っていた。

「Mr.サンデーでは最後の出演後もスタッフへの挨拶もほとんどなく、雰囲気は悪いままだったと聞きますし、そんな人が海外で仕事があるとは思えない」(前出関係者)

 ただ、出演したCMの評判は上々で、広告代理店のマーケティングディレクターからは商品のイメージアップに貢献した調査結果はあったという。


12
こんな記事も読まれています

「日本語ニュースもまともに読めないのに」海外志向の滝川クリステル 実際にはCMとイベント仕事だけ……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...…
写真