日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 名作小説×3Dが魅せる新境地! ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』

名作小説×3Dが魅せる新境地! ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』

ggb.jpg(C) 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved

 今週紹介する最新映画3本はいずれも、現実を変えてしまうほどの“妄想力”や、常識を無意味にするほどの“現実逃避力”が物語の核になっている。「創造は想像から始まる」という普遍の真理を、現代的な味付けで描き直した作品群といえるかもしれない。

 『華麗なるギャツビー』(2D/3D上映、公開中)は、米作家F・スコット・フィッツジェラルドの名作小説『グレート・ギャツビー』を、『ムーラン・ルージュ』(2001)のバズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。好景気にわく1920年代の米ニューヨーク。素性も仕事も謎めいた大富豪ギャツビー(ディカプリオ)は、宮殿のような豪邸で夜ごと盛大なパーティーを開いていた。豪邸の隣に住む証券マンのニック(トビー・マグワイア)は、ギャツビーと知り合いその魅力にひかれていくが、できすぎた身の上話に不信感も抱く。やがてギャツビーはニックに仲介を頼み、ニックの親戚で社交界の花のデイジー(キャリー・マリガン)と再会。今は人妻となっているデイジーとギャツビーには、秘められた過去があった。

 完璧な笑顔で人々を魅了する上流階級の美青年から、禁じられた恋にのめり込み、次第に素顔をさらしていく主人公を、ディカプリオがゴージャスかつミステリアスに演じた。ラーマン監督は『ムーラン・ルージュ』や『オーストラリア』(09)で見せた華麗な屋内セットや壮大な光景による映像美を、本作では最新の3D映像で臨場感たっぷりに描き出し、文芸作品の3D映画という新境地を開拓。パーティーでのダンス場面にあえて現代のヒップホップ音楽を当てるなど、単なる歴史の再現や懐古趣味にとどまらない挑戦も。好況期から大恐慌へと向かう当時のアメリカを象徴する主人公の、切なくもはかない「夢の実現」は、再びバブルの気配が漂いはじめた現代の日本でどう受け止められるのかも気になるところだ。

 続いて6月15日に封切られる『俺はまだ本気出してないだけ』は、外見も中身も残念な中年男が奮闘する姿を描いた青野春秋の同名漫画を、堤真一主演、『大洗にも星はふるなり』(09)の福田雄一監督で映画化。42歳バツイチ子持ちのシズオ(堤)は、「本当の自分を探す」と言い残し会社を辞めたが、毎日朝からだらだらとゲームをして過ごしていた。高校生の娘・鈴子(橋本愛)に借金し、バイト先では新人からも叱られる始末。そんなシズオがある日突然、漫画家になると宣言する。

 さわやかな好青年、仕事のできる大人といった役どころを多くこなしてきた堤真一に、パンツ一丁でゴロゴロするダメ中年役のキャスティングは意外だが、さすがは実力派俳優。根拠のない自信と現実社会への不適格ぶりのギャップを見事に体現し、痛々しさが笑いを誘うキャラクターを再創造した。生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、石橋蓮司ら個性的な共演陣との掛け合いも楽しい。先のAKB48選抜総選挙で1位に輝いた指原莉乃が、編集者役で出演していることでも話題だ。

 同じく6月15日公開の『フィギュアなあなた』(R18+)は、『GONIN』(95)、『花と蛇』(04)の石井隆監督が、自身の短編漫画を自ら映画化したエロティック・ラブファンタジー。勤務先の出版社からリストラ宣告された孤独なオタク青年・健太郎(柄本佑)は、ヤケ酒の勢いでケンカになった相手から追われ、逃げ込んだ廃墟ビルでセーラー服姿の等身大フィギュアを発見する。健太郎が危険なチンピラたちに取り囲まれたその時、美少女フィギュアが突然動き出し、男たちを次々に倒して健太郎を救う。健太郎は彼女を自宅に連れ帰り、ココネと名づけて同居生活を始める。

 人気グラビアアイドルの佐々木心音がココネ役を演じ、ヘアヌードやコスプレで体当たりの演技を披露。シュールで不条理な展開に身を委ね、石井監督渾身のエロス表現を頭で理解するのではなく、体で感じるのが本作との正しい向き合い方だろう。なお本作は、石井監督が今年角川書店配給で相次いで発表するエロス連作の1本で、9月公開の『甘い鞭』(R18+)では壇蜜がSM嬢を演じることでも注目される。
 (文=映画.com編集スタッフ・高森郁哉)

『華麗なるギャツビー』作品情報
<http://eiga.com/movie/57190/

『俺はまだ本気出してないだけ』作品情報
<http://eiga.com/movie/77297/>

『フィギュアなあなた』作品情報
<http://eiga.com/movie/77917/>

最終更新:2013/06/15 18:00
こんな記事も読まれています

名作小説×3Dが魅せる新境地! ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

瓜田純士がアンチにマジ切れ!?

今週紹介する最新映画3本はいずれも、現実を変えてしまうほどの“妄想力”や、常識を無意味に...
写真