日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 『まりんこゆみ』発禁!?実は…

えっ、それだけ!? 海兵隊マンガ『まりんこゆみ』が原因不明の販売停止も、実は……

gregrettghe.jpg『まりんこゆみ』(星海社)

 すわ「新たな表現規制か?」と情報を知った者は、みな戦々恐々とした。

 現在、マンガ家・野上武志氏の単行本『まりんこゆみ』(企画・原案 アナステーシア・モレノ/星海社発行)が、Amazonのサイトで販売停止になっているのだ。

 この作品は、ウェブ連載をまとめたもので、世界最強の海兵隊に日本の女子高生が入隊するというギャグテイストの作品。現在も連載は継続中で、単行本は今月10日に発売になったばかり。現在、Amazonの同作品のページでは

<調査中の商品

本商品に問題があるとのご指摘をお客様からいただいたため、現在一部の販売を一時的に休止しています。問題が解決され次第、販売を再開いたします>

と表示され、注文ができない状態になっている。ほかのネット書店では平常通り販売が継続されており、Amazonが独自の判断で販売を停止していることは明らかだ。

 いったい、原因はなんなのか? 本日午前に、出版元の星海社に取材したところ

「当社でも原因がわからず調査中の状態で、何もお話しできないんです」

と、同社も困惑している様子。Amazonのサイトに記された文面からは、なんらかのクレームが寄せられたのではないかと予測される。だが、作者の野上氏の元にも、これまでクレームや嫌がらせめいたメールなどは届いていないという。

 作品内で扱っているのは、明らかにアメリカの海兵隊と分かる集団(作中では「アメリゴ合衆国」と表記)。内容紹介で「機密スレスレなまでのリアルさに全世界の現役・OB海兵隊員が騒然」と煽っているだけに、CIAの工作か、はたまたコミンテルンの陰謀か、謎は深まるばかりだ。

 この販売停止が注目を集めたのには理由がある。Amazonでは昨年3月、ひとりの女性が「児童ポルノを一切売らないよう、アマゾン社長に直接メールを送りましょう」と呼びかけたことをきっかけとして、ロリコン漫画誌「COMIC LO」(茜新社)が販売停止にされた一件もあるからだ。それゆえ、今回も「表現の自由」にかかわるなんらかの問題ではないかと注目されたのである。

 ところが……実際はまったく違った。


12
こんな記事も読まれています

えっ、それだけ!? 海兵隊マンガ『まりんこゆみ』が原因不明の販売停止も、実は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

すわ「新たな表現規制か?」と情報を知った者は、みな戦々恐々とした。 現在、マンガ家・野上...
写真