日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 宇多田ヒカルが”ブーム”を終わらせた!? ディーヴァの進化と退化の20年史

宇多田ヒカルが”ブーム”を終わらせた!? ディーヴァの進化と退化の20年史

――「サイゾーpremium」から、今ホットな話題に関する記事をお届け!!

 巷では22日に転落死した歌手の藤圭子さん(62)の話題でもちきりとなっていますが、娘であり同じく歌手の宇多田ヒカルさん(30)の動向にも注目が集まっています。

 2010年8月に「『人間活動』に専念しようと思います」と宣言し、活動を休止。しかし、休止中にも彼女の楽曲は再評価され続け、歌手としての存在感が薄れることはありません。今回はサイゾー2013年8月号に掲載され反響を呼んだ『ディーヴァの進化と退化の20年史』をお届け。宇多田ヒカルという希代のアーティストが母親から譲り受けた才能についても言及しています。

■今回のピックアップ記事
『宇多田ヒカルが”ブーム”を終わらせた!? ディーヴァの進化と退化の20年史』(2013年8月号特集「絶体絶命 音楽業界」より)

――日本の女性歌手に対して”ディーヴァ”という言葉が使われるようになったのが、90年代半ばあたり。現在までにそのワードは一般的に浸透したが、歌姫のJ-POP界における立ち位置や社会に対する役割は、どのように変化してきたのか? 鹿野淳氏、水無田気流氏、磯部涼氏の三者が分析!

1308_diva_01.jpg(絵/河合 寛)

■アメリカの流行をパクる!?
黒人音楽系
90年代後半、同時代のUSヒップホップ/R&Bを導入したトラックの上でソウルフルに歌い上げたUA、CHARA、MISIA、birdなど。宇多田ヒカルもデビュー時はアリーヤの日本版のようだったが、その後は特殊路線を進んで迷走?


1308_diva_02.jpg(絵/河合 寛)

■輝かしい過去に未練はナシ!
脱90年代系
2000年代以降に新たな支持層を獲得した、90年代デビュー組。小室ファミリーから抜け出した安室奈美恵や、JUDY AND MARYという偉大な過去を払拭したYUKIなどは、今も人気が衰えない。本誌がしばしばネタにしてきた椎名林檎も、ここに入るか?


1308_diva_03.jpg(絵/河合 寛)

■会いたすぎて震える歌詞!
ギャル演歌系
2000年前後にギャルの教祖となった浜崎あゆみと、西野カナや加藤ミリヤといったその劣化版。歌詞はベタな感情しか綴られていないのが特徴である。西野カナのパンチライン「会いたくて会いたくて震える」は一時期、ネット上で笑いのネタにされました。


1308_diva_04.jpg(絵/河合 寛)

■YUIフォロワーが大繁殖!
SSW系
SSWはシンガーソングライターと読む。メンヘラに勇気を与える絢香や、合唱コンクールみたいなアンジェラ・アキなど、さまざまなタイプが存在する。フォークギター片手に「CHE.R.RY」を大ヒットさせたYUIは、miwaをはじめとするフォロワーを量産。


 UAの『11』(96年)が90万枚、CHARAの『Junior Sweet』(97年)が100万枚、MISIAの『Mother Father Brother Sister』(98年)が300万枚売れたあの頃。同時代のUSヒップホップ/R&Bを取り込んだトラックの上で歌う彼女らは、”ディーヴァ(歌姫)”と呼ばれはじめた。

 90年代半ばから起きたそのディーヴァ・ブームは、宇多田ヒカルの登場で頂点に。彼女の『First Love』(99年)は国内で860万枚以上売れた。が、今世紀に入りブームは沈静化し、ディーヴァという言葉自体が拡大解釈され、文化圏の異なる種々の女性歌手がJ-POP界で併存。その一類型を2000年前後に確立したのが浜崎あゆみだ。彼女の歌詞はギャルに訴求したが、現在媒体露出の多い加藤ミリヤや西野カナなどは、同じくギャル層に支持されている。

 一方、90年代のポップ・アイコンになりながら00年代以降に新たなファンを得たのが、JUDY AND MARY解散後のYUKIや、小室ファミリーを脱した安室奈美恵。2人の人気は今も上昇しているようにさえ見える。

 近年ではJUJUやAIといった歌手を音楽番組で目にするが、あのディーヴァ・ブームから約20年、歌姫の音楽性や歌詞や市場はどう変容したのか? 「ROCKIN’ON JAPAN」(ロッキング・オン)元編集長で「MUSICA」(FACT)創刊者の鹿野淳氏、詩人/社会学者でありながらJ-POPの歌詞分析もしてきた水無田気流氏、日本のアンダーグラウンドなヒップホップやクラブ・ミュージックに詳しい磯部涼氏の三者に考察してもらおう。

■時代とズレていった宇多田ヒカルの特殊性

鹿野(以下、鹿) ディーヴァというと僕はセクシーでアーティスティックなイメージですが、CHARAは91年のデビュー時、その意味のディーヴァ感はなかった。エピックソニーは尖った女の子としてプロモーションしていましたが、当時の奇抜な格好は今のきゃりーぱみゅぱみゅに近い。95年のデビュー時からディーヴァ感があったのがUA。キャバレーのシンガー出身というストーリーだったり、デビュー・シングルが藤原ヒロシのプロデュースだったり、アーティスティックな面があった。当時、彼女に取材したときに、テクノDJのジェフ・ミルズのオールナイト・イベントに一緒に行きました。そういうアンダーグラウンドな音楽も、自分の生活圏でかじっていたんです。あの頃は渋谷系もあり、ラヴ・タンバリンズのeliなどが登場し、初めて邦楽が洋楽と同時代性を持った。そんな時期に女性歌手にアーティスティックなイメージが生じ、ディーヴァという大人っぽい言葉が使われだしたのは、自然な流れです。

水無田(以下、) 文学では80年代頃から女性が主体的にエロスを語ることが盛んに行われだしました。しかし90年代になると、現代詩や小説の世界でそれは廃れ、特に現代詩は詩語の純粋性を重視し、結果ポップなものから遊離したのですが、音楽の世界では自らの言葉と肉体で表現するディーヴァが登場したのが興味深いです。

鹿 ただ、あの頃のディーヴァはポップなものではなく、クラブでも聴けたりする音楽として僕は受け取っていました。そんなディーヴァ像をプロデューサーとして確立したのが大沢伸一。CHARAをディーヴァにしたのも、UAやbirdをヒットさせたのも、クラブ/ブラック・ミュージックを下敷きに音楽を作った彼の功績。

磯部(以下、) 90年代中頃、日本のアンダーグラウンドなヒップホップがメジャーからリリースされ、それがわりと売れた。その女の子版として、同時代のUSのR&Bを取り入れたプロダクションでディーヴァがデビューした側面も。例えばDJ WATARAIがリミックス、MUROがラップでフィーチャーされたMISIAのアナログが当時、レコード村と呼ばれた渋谷の宇田川町で何千枚も売れた。日本でいうディーヴァって要は、日本人女性の身体性と心情を黒人音楽を通していかに表現するかということだと思います。そういう試み自体は昔からあり、あの頃にようやくうまくいき始めたのかなと。そして90年代終わりに早くもディーヴァ・ブームのクライマックスが訪れた。それが宇多田ヒカルの登場。彼女はUSのR&B歌手アリーヤの日本版みたいなプロダクションでデビューしましたが、日本人の10代の女子の心情を見事に表現していた。

「Automatic」(98年)の歌詞は完成度が高いですね。まず、「automatic」や「computer screen」といった英語での縁語使いが巧い。また、「ひとりじゃ泣けない/rainy days」「指輪をさわれば/ほらね/sun will shine」と対句でさりげなく脚韻を踏んでいます。口ずさみやすい韻律と比喩表現が噛みあった歌詞です。当時は旧来の主体性や自我に拘泥せず、軽やかに恋愛を歌う女性像が求められた、まさにそこに現れたのが彼女。しかし「ほれてる」という、母親・藤圭子の演歌の世界で使われるような言葉もあり、英語圏のロマンチックラヴ・イデオロギーとは異なる性愛表現も。それを10代の帰国子女が使ったのに驚きましたが、以後は帰国子女でなければ許されないほどベタな歌詞に……。

 桑田佳祐にしろBOØWYにしろ、長い間、日本のポップスは日本語と英語のチャンポンを使っていましたが、初期の彼女の歌詞はそれとも違い、アメリカン・スクールの子たちの会話を盗み聞きするようなリアルさがあった。「Addicted To You」(99年)の「君にaddictedかも」というラインで表されるのはベタな感情ですが、語感が特殊だから新鮮に聴こえた。

鹿 彼女の音楽は1stアルバムでそのオリジナリティが完成していました。母親は演歌歌手で、父親はPiLみたいなポストパンクが好きな音楽プロデューサー。そんな両親に音楽的英才教育を受け、かなり独特な音楽観に。また、基本的にはネクラですが、だからこそオープンマインドなアメリカン・スクールに通った。そのため、内面には悲しさと解放感が同居。これらが結晶となったのが1stです。でも、それ以降はいろんな批評や情報を受け入れ、表現が時代とシンクロするようになりました。

 彼女自身がトラックのプロダクションにかかわってますが、USのR&Bのモードを踏襲しているようで全然違い、かなりオリジナル。それがだんだん時代と離れ、独自の内面的な表現に。黒人音楽は、流行にいかに対応するかが重要です。極端な話、イケてたらパクリでもOK。とっぴな洋服を着ればいいのではなく、モードをどう着こなすかが求められるファッションと一緒。そんな意味で宇多田は独特すぎましたが、ディーヴァのモード性を保持するのが安室奈美恵。小室哲哉のプロデュースでアイドル的な人気を集めましたが、自身にプロダクションの主導権が移ってからUSのR&Bのモードを彼女なりに表現するように。

鹿 宇多田ヒカルがUS進出につまづいた理由は、まさにそこ。一方、ディーヴァの説得力の自己プロデュースに成功したのがYUKI。JUDY AND MARY解散後、ソロになった彼女はセールスが下がった時期もありましたが、特にお子さんを亡くす不幸があった頃の『joy』(05年)からは、そういった経験も糧にして爆発的に女性としての説得力を備えた。今はほとんどプロモーションもしていませんが、人気を持続している。

 ソロ以降の彼女の歌詞はいわゆる女性共感系ですが、JAM時代のガーリーさも引き継ぎつつ、母性や強さの表現にも成功。他者に欲望されることを欲望する女性の心性を乗り越える歌詞でもある。「ハローグッバイ」(04年)には「私が見てきたすべてのこと/むだじゃないよって君に言ってほしい」とあります。女性の価値は経年と経験により確実に下落し、それはアイドル的な消費のされ方をするとなおさらですが、そんな女子の現実を力強く歌っているのです。

■浜崎あゆみの歌詞を内面化した女性たち

鹿 そうやって考えると、ディーヴァの価値観の根本にあるのが、女性の共感を呼ぶということなのかな。YUKIは女性ファンがほとんどだし、宇多田もそう。

 圧倒的に女性ファンが多いのが浜崎あゆみ。ほぼ10割です。ただ、歌詞は「僕ら」語りが多い。

「Boys & Girls」(99年)の頃から「僕ら」遣いが目立ちます。「輝きだした/僕達を誰が止めることなど出来るだろう」と、ここに歌われるのは恋人同士とも取れますが、浜崎とファンとの絆、仲間意識を強調する歌詞にも読める。また、「YOU」(98年)には「きっとみんなが思っているよりずっと/キズついてたね/疲れていたね/気付かずにいてごめんね」とありますが、仲間との共感の目線か、男の子から向けられたい視線か、あえて特定されていない。

続きを読む
(全文無料公開中です)

「サイゾーpremium」では他にも音楽業界の裏側に迫る記事が満載です!】
混乱するYUKI、お祈りを欠かさないUA……ディーヴァたちのキテレツ&トンデモ発言集
【音楽レーベルPR担当座談会】芸能事務所の力で番組にゴリ押し新盟主はアミューズ!?
ビーイング、エイベックスが”荒らした”? タイアップがアニソンにもたらした功と罪

1lineimg.jpg

「サイゾーpremium」とは?
雑誌「サイゾー」のほぼ全記事が、
月額525円読み放題!ただ今無料キャンペーン中!
(バックナンバー含む)

最終更新:2013/08/24 07:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真